昔チャリダー今ローディー

昔はMTBに乗ってツーリングに出かけたりと生粋のチャリダーでしたが、10年以上のブランクを経てロードバイクを購入。2年目にピナレロGAN Sにステップアップし、遂に三年生になりました。ロードバイクのお話、ときどき「こ(子)ばなし」を綴っています。

■ 身長140cm対応のクロスバイクについて、コンポーネントを調べてみた前回、エントリー向けクロスバイクについてのコンポーネントを「みっちり」調べる機会がありました。各社エントリー向けクロスバイク(5〜6万円)のおすすめをコンポーネントから比較して調べてみた : 昔 ...

■ 駆動系調べるとか言っておきながら、BBとハブ忘れてますよ前回、エントリー向けクロスバイクのコンポーネント比較を行ったのですが、駆動系を比較すると言いつつ、肝心のボトムブラケットとハブを漏らしていました・・・。各社エントリー向けクロスバイク(5〜6万円)のお ...

■ 5万円のクロスバイクだったら、どれも同じ?ママチャリではなく、週末サイクリング用にクロスバイクが欲しいな、という人はわりかし多いのではないかと思います。駅前の駐輪場を見ると、クロスバイクの比率って、そこそこありますよね。実は今回、知り合いから5万円から6 ...

■ 息子くん、新しい自転車が欲しくなる我家の息子くん。これまでは街の自転車屋さんで普通に買えるようなキッズバイクに乗っていました。毎週末ライドに出かけるお父さんを見ていたからなのかは分かりませんが、新しい自転車が欲しくなった模様。イメージは漠然としており、 ...

■ 向かい風でも30km/h巡航が本当にできるのか最近は、路面状態の良い幹線道路などでは時速30kmで巡航することもそれ程苦ではなくなりました。1台目のエントリーロードバイクの時には、時速28km程度だったのが、ピナレロに乗り換えて少し上がってきたかな、といったところで ...

■ スピンバイク付属のサイコンは信頼性が今ひとつ天気の悪い週末、ライドに出かけられないような日にはリーディングエッジのスピンバイクに乗っています。なんちゃって、でサイコンが最初から付属していますが精度は今ひとつ。リーディングエッジ スピンバイク レビュー : ...

■ フロントのシフトアップも渋くなってきた最近は、フロントディレイラーのチェーンタッチが気になり、調整しようとしたらアジャストバレルがなくなっていた、という事件があってすっかりフロントにばかり気を取られていたのですが、フロントディレイラーのワイヤーが伸びて ...

■ どこまでの斜度に耐えられるかの自分探し1台目のロードバイクは、コンパクトクランク(50/34T)、乙女スプロケット(11-32T)でしたので、34T-32Tの組み合わせでかなりの激坂まで登ることができました。百草園の斜度25%とか。「ちょっ・・・自転車って(笑)」と笑われる ...

■ フロントディレイラーの張り調整に二週間以上かかるシマノのフロントディレイラーは2017年以降のコンポーネント(9100系デュラエース、8000系アルテグラ)から設計が見直されたそうです。電動コンポDi2のノウハウが取り入れられ、ケーブルの張り具合がトップ側、ロー側の ...

■ レビューで酷評されまくりの心拍転送モードは使い物になるのか総じてレビューというものは、そこに「書いてやる」という動機が働く必要があり、得てしてネガティブな衝動に突き動かされる時が多いのではないでしょうか。何が言いたいかというと、Amazon の Vivoactive3 の ...

■ もともとFitbit Alta HRで満足した日々を送っていた数年前からウェアラブルデバイス(ライフロガー)をずっと使ってきました。最初はJawboneの製品を使っていました。一時はこの分野のトップランナーでもあったのですが、会社清算手続きに入り、マーケットから完全に撤退 ...

■ アックス(AXE)オーバーグラス SG-604P GSM レビューロードバイクを買った時に「これは揃えた方が良いよ」といわれるグッズの最右翼はサングラスですよね。とはいえ悩ましいのは、私はメガネっ子。裸眼だと0.0xの世界ですのでメガネなしでは生活できません。そこで取り得 ...

↑このページのトップヘ