■ ある晩の流血騒ぎ

猛暑が続く中。
前週に裏尾根幹で上り坂に少しずつ体を慣らし。
週中にはジムに3日続けて通い、バイクにスイムに汗を流し。

準備万端で週末を迎えたはずでした。



我が家では毎夜、子供達が寝静まった頃、お楽しみタイムがやって参ります。



その主役はこちら。




kega_03




なんでょうね。
夜9時〜10時頃になると、ちょっと「ひく」位ハイテンションになって家中を駆け回り始めます。



で、一通り走り回った後で、お友達を咥えて私の手にぐりぐり押し付けてきます。




kega_04



これが唯一のお友達であるうさ吉くんです。



ま、「投げてよ」ということですね。



ある程度は引っ張りっこをしたうえで、放り投げて、取って戻ってきたらまた引っ張りっこして、を繰り返します。

なのですが、この日はタイミングが合わず。


うさ吉くんを放り投げようと左手を振り上げたタイミングで、丁度愛犬マロン君の犬歯が私の小指の腹に引っかかってしまいました。

普段なら軽くぶつかっただけで怪我にもならないのですが、この日は私が振り上げたタイミングと重なってしまいまして。


ざくっ。



あ、これアカンやつや、と思うほど深く突き刺さりました。



急いで台所で流水で洗うわけですが。
まー、血が止まらないこと・・・泣


普通の絆創膏では、あっという間に真っ赤に染まってしまうだけで、なんの役にも立たず。
夜10時過ぎていたわけですが、奥様が車を飛ばして薬局に買いに行ってくれました。
ほんと、優しい奥様に感謝です・・・。(ごりごりごり)


kega_02


むかーし、娘が膝を激しく擦りむいて血が止まらなくなったときも、キズパワーパッドのお世話になりましたが、血が止まらないような傷でも、うまいこと傷口を覆って血を止めてくれるんですよね。

お品書きにもありますが、痛みも和らぎますし。



kega_01


心臓よりも高い位置に手を掲げていましたが、溢れ出そうになっている血をギリギリで食い止めてくれました。




で、迎えた翌朝。
待ちに待った週末です。



少しでも指を曲げると痛みが走る。
階段の上り下りで心拍が上がると、患部が少しずきずきする。



運動したら、傷口が開くやつですね。
わかります。



準備万端迎えたはずの週末でしたが、あえなくライドに出発できず・・・泣

傷口塞がってくれないと、ライドどころかジムでトレーニングすらできない状況になってしまいました。



マロンのばか。
 


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村