■ 新車(ピナレロ GAN S)購入に伴い、鍵について考える

皆さんロードバイクの鍵については何をお使いでしょうか。
今まで、あまり真面目に考えてきませんでした。

自宅では屋外保管ではありますが、アルミフレームサイクルハウスにて保管していましたので、外からは中に何が入っているかは分からない状況。
しかも、自宅の駐車場のように、公道からアクセスし易い場所ではなく、ぐるりと庭を通っていかないとアクセスできない場所で、加えて公道からはサイクルハウスの存在を目視できないような場所に設置してありますので、サイクルハウスの中に放り込んでからは鍵すらかけていませんでした。

肝心のバイクもアルミのエントリーロードでしたので、プロの窃盗団に目をつけられるようなものでもありませんでしたし。。。




ライド時にどうしていたかというと、普段をクロップスのこちらの鍵を使っていました。



定番中の定番ではないでしょうか。
コンビニで補給休憩の際などはこちらで済ませていました。


key_01


おそらく、「盗む気のあるプロ」にかかれば瞬殺されるレベルの鍵なんでしょうね。

で、ホイールをキシリウムエリートUSTにアップグレードした時に、「さすがにもうちょい強度の高いものにした方が良いのでは?」と省みることに。


bicycle_chikyu_lock



で、折良くこちらの鍵が発売され、自転車ブログ界隈を賑わせていました。



公式動画もありますが、頑丈でっせ、というアピールがすごいです。



で、私もほくほくと購入。
ランチで離れる時にはこちらの OTTO LOCK を活用していました。


key_03


で、ピナレロ購入したとはいえ、出先では引き続き OTTO LOCK で良いんじゃね? ただ、サイクルハウスで保管する時にはさすがに鍵くらいかけようかと、お手軽なU字ロックを探してブログやAmazonのレビューを眺めていたのですが。

おそろしいサイトを見つけてしまいまして・・・。

直リンクの可否が分からなかったのでサイト名でご容赦頂ければと思いますが、「つぐ」さんの Bicycle Security Lab というブログで、まさにどんぴしゃり、鍵の格付ランキング、という記事がありまして。

まさに、自転車用の鍵をばっさり、ばっつん、破壊しまくっているんですね・・・汗
この方、なんでこんなに沢山の種類のボルトクリッパー持ってるんでしょ。
しかも、鍵によってはボトルクリッパーが破壊されてますし。


さておき。私がほくほく購入した OTTO LOCK ですが、こちらのサイトでは「盗難防止の鍵としてお薦めしない」とランク付けされていまして、その評価は最初に購入したクロップスのQ3と同レベルだそうで・・・泣



プロの手にかかると、そんなもんですか・・・。
おそろしや。



で、こちらのサイトをがっっっっつり拝読させて頂いて出した結論。



まずは自宅用としては、こちらを購入。



クリプトナイト EVOLUTION MINI-7です。
サイクルハウスの中ですから、まずはこのレベルまであれば大丈夫かと。


key_02


サイクルハウスの支柱に地球ロックしたうえで、自転車に鍵をかけられます。
よくできていますね。
「しっかり感」「がっしり感」が半端ないです。

で、問題はライド時の鍵です。

重量と堅牢さのバランスでどこを落としどころにするか・・・。
上記サイトを読めば読むほど不安が煽られ、怖い思いがつのるばかりです。


で、はたと冷静に。


バイクを離れる機会って、あんたどんだけあるのさ?と。

最も盗難リスクの高い、街中でバイクを停めるようなことはまずありません。
出先でコンビニ休憩で停めることはよくありますが、それほど時間はかかりません。

ライド中によく立ち寄るパンパティだったりオギノぱんは、サイクルラックがあり地球ロックができます。
人の目も多くあるので、大型のボトルクリッパーを持ち出せば誰かが注意しそうなもんです。

そう考えると、上記サイトで「トイレなら行けるかも」とされているクラスの鍵であれば良いんじゃね?と自分と折り合いをつけることにしました。

で、外出時に使う鍵として購入したのがこちら。



ABUS Bordo LITE 6055 MINIです。
ABUSはとても分かりやすく、鍵の堅牢性に自らランク付けをしてくれています。
私が購入した Bordo LITE 6055 MINIは、全15ランクのうちちょうど真ん中のランク7。
それでいて重量は440g。


key_04


なんか、ピナレロにランクアップすることで重量を軽減することができましたが、その分鍵で重くなっている気が・・・汗

実際にライドに持ち出して数回使っていますが、なかなか使いやすいですね。
サイクルラックだったりフェンス、ポール位であれば地球ロック可能でして、特に問題なく使えています。


ちなみに、OTTO LOCKとABUSはほぼ同じ大きさ(輪っか)になりますので、使い勝手としては似たようなものです。


key_05


収納時も似たような大きさです。


key_06


重さについてもサドルバッグに入れていますので、特に気になることもなく。


ま、50km程度のショートライドとかなら鍵を持って行かないでも済みますので、そこまで重さを悲観することもないのですが。

少し長く離れなければいけないような場合には、こちらのABUSの鍵に OTTO LOCK を組み合わせたりもできますからね。
これが鍵の迷宮への入り口だった、なんてことにならないことを祈ります。。。




なんか、出費が続いてますね・・・。
ピナレロの借金(お小遣いの前借り)もありますので、この出費は痛いですが、ここはあまりケチらない方が良いですから、仕方ありません。


と、自分に言い聞かせてます・・・。









 


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村