■ 和田峠へのチャレンジを決意・・・するも、ちょっと不安

ピナレロ GAN Sに乗り換えてから、何とか幾つかの峠を無事クリアすることができました。
特にギアが「重く」なったことが気になっていたのですが、過去に踏破することができた峠は登れることが確認できました。





ジャイアントの Contend SL1 は、コンパクトクランク(50/34T)で、リアスプロケットは11-32Tという、峠初級者にはとっても優しい設定でしたが、ピナレロは何と言ってもレース向けと言うだけあって、セミコンパクトクランク(52/36T)でリアスプロケットは11-28T。

特に半原越は5km弱の峠で平均斜度は9%程度。

以前ジャイアントで臨んだ時には、ちょくちょくインナーローを使っていたのですが、GAN Sはリア側が一枚少なくなり、かつフロントの歯数もアップ。
今回は立ち漕ぎを多用しながら何とかクリアした次第です。

そうなると不思議なもので。
今の私はどれくらいの峠なら登れるんだろうかと考えている自分がいるわけで。

この感覚って、何なんでしょうね?

そこで、いつも私がお世話になっている峠のサイトを覗いてみます。


関東地方のヒルクライムランキング | ヒルクライムリスト - 自転車と坂みち峠 -


ほんと、有難いサイトです。いつもお世話になっております。

で、半原越をクリアしたので、もうちょいだけ上のレベルの峠で、我が家から自走して帰って来れそうな峠を探します。


  • 候補①・・・和田峠(3.3km・平均斜度 11.7%)
  • 候補②・・・風張峠(23.9km・平均斜度 8.3%)

ちなみに私が登った峠の数値はこんな感じだそうです。

  • 大垂水峠・・・7.9km・平均斜度 5.3%
  • 牧馬峠・・・1.9km・平均斜度 8.6%
  • 半原越・・・4.6km・平均斜度 9.2%

数字だけ比較すると、どちらも登れる気がしない・・・。

とはいえ自分の世界を広げるためにも、そろそろ有名所の峠については、足ついても良いからトライしてみようかな、と思った次第です。




■ リアスプロケットを交換すれば良いんじゃない!?

一度は決意したものの、どうしようかなぁ、やっぱり止めとこうかなぁ、と悶々としていたのですが、ライド前日になって、「以前のバイクで使っていた105のリアスプロケット(11-32T)に換装してみれば良いんじゃない!?」、と思い立ってしまいました。

で、ごそごそと引っ張り出してきます。


wada_00


ホイール外して、スプロケット外して、というのはキシリウムエリートUSTのフリーメンテナンスのお陰で手慣れたものです。


MAVIC KSYRIUM ELITE UST ハブのオイルメンテナンス(ラチェット音がめっちゃ変わります) : 昔チャリダー今ローディー


で、無事11-32Tに感想して、再度ホイールをはめてみます。
ギアがスムーズに変わるかなぁー、とがしゃがしゃやっていると・・・。

インナーローにした時に結構大きな「引っかかり」があり。


そして・・・。


クランクが動かなくなりました。


えっと・・・。

前にも、後ろにも回りません。


久しぶりに焦りました。

シフトアップしてゆっくりじわじわとクランクを回すと、ようやくインナーローから2番目、25Tの位置にチェーンがシフトしてくれました。

これって、どゆこと・・・?

で、慌てて google 先生に聞きまくります。


  • リアディレーラーについては、ショートタイプ(ローギヤは28Tまで対応)とロングタイプ(リアスプロケットに30Tや32Tを使う時はこちら)の2種類がある
  • 28Tから32Tにリアスプロケットを変更する場合、チェーンの長さを変える必要がある(かもしれない)
  • スプロケットとガイドプーリーとの間隔を適正な範囲(チェーン分+α)に調整する必要がある

なるほど・・・。
もともとピナレロ GAN S についていたスプロケットは 11-28T。
ってことは、リアディレーラーはショートタイプ、ロングタイプ、どちらの可能性もある??
マニュアルやピナレロのサイトを見ても、どこにも記述はありません。

タブレットの画面にそれぞれの製品写真を表示して現物と並べて確認してみますが、何とも微妙過ぎて、今目の前にあるのがどちらのタイプかよく分かりません。

時計を見ると、既に夜の9時を過ぎており、ショップも閉店済。
今から確認する手立てがありません。

  • 今ついているリアディレーラーがロングタイプであり
  • チェーンの長さも32Tにしても問題ない長さがもともとあって
  • Bテンションアジャストボルトの調整でスプロケットとガイドプーリーの間隔が調整できる

この3つの条件が満たされるのであれば、明日のライドに11-32Tでチャレンジできることになりますが、これがうまく行かないと、峠道でインナーローに落とした時に事故が起きるかもしれません。


自信ないっす・泣


ということで、泣く泣く11-28Tのカセットスプロケットに再度換装し直しをすることにしました。
さすがに、夜にごそごそスプロケットを換装し直すだけでは虚しいので、まだ500km程度しか走っていませんが、フリーボディーのオイルメンテナンスをしておきました。

で、気がつけば23時。

あぁ、明日の和田峠、無事踏破できるのだろうか・・・。
不安ばかりが募ります。




 


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村