■ リアスプロケ11-28Tでチャレンジすることに

前日にリアスプロケットを11-32Tに換装しようとして敢えなく失敗。
今回は11-28Tで挑戦することになりました。


遂に和田峠にチャレンジ(でも前日準備で大失敗) : 昔チャリダー今ローディー


同じような人がいないかと、先人達の挑戦記事を読んでみます。

  • 11-25Tでチャレンジ。インナーローだと厳しかったけど、何とかクリア
  • 11-28Tでチャレンジ。意地でもインナーローを使うまいと25Tで登りきった

なんてことでしょう。

全く参考になりません・・・泣


ということで不安な気持ちに苛まれ、なかなか寝付くことができずに一晩を明かし、チャレンジ当日の朝となりました。





今回のルートはこちら。
ルートだけは、結構前に作成しておいたんですよね。





私は峠道は「頂きまで登って同じ道を下ってくる」のは好きではありません。
どうせなら違う景色を見たいということで、そのまま反対方面に下りて行くのが好きなのですが、今回ばかりは同じルートを下って戻ってこようと思います。

それは何故かといえば。

かの有名な峠道を写真に納めたいからです。
できれば上り道は足つきなしで行けるところまで上って、坂道の写真は帰りに行おうという作戦です。



■ 和田峠に挑戦

当日は気持ち良いほどの快晴。


wada_01


峠まではなるべく脚を使わないで済むように、多摩川サイクリングロード、浅川サイクリングロードを経由していきます。

この日は大物の峠道に戦いを挑むことになりますので、平坦を走っている際には心拍は常に最大心拍の75%程度に抑えるようにして、スタミナも脚も温存して走るように心がけました。

陣馬街道で浅川を離れ、最初の補給を行います。


wada_02


パン屋さんでは、何故かいつもカレーパンを頼んでしまうんですよね。
とても美味しく頂きました。


wada_03


そのまま陣馬街道をえっちらおっちら走っていると、地元のおばさまでしょうか。
通りしなに「まー、大変ねー」と声をかけて(?)頂きました。

きっと、大変になるのはもっと先のことだと思うんですけどね・・・。


で、和田峠と言えばこちらの看板。


wada_04


ほんと、趣があります。

で、この先のバス停付近が峠の入り口となります。


wada_05


和田峠まで 3.7km 。


ここから徐々に峠道となっていきます。
ただ、この先 2km 程度は、斜度10%を超えることもあれば、5〜6%程度の坂もあり、「半原越と同じような感じかな」という印象で、きつくはありますが、恐れおののく程ではありませんでした。

えいやえいやと上って行くと、次の道標にたどり着きます。


wada_06


和田峠まで 1.7km 。

ここからが本番、といったところでしょうか。


wada_07


徐々に左側から上ってきて、右上に上って行くわけですが、この辺りになると斜度10%を切ることがなくなってきます。

今まで峠道というと、10%超の道でひーひー言いながら、斜度が5〜6%になったところで息を整えて水分補給をする、といった走り方でしたが、和田峠ではそんな場所ありません。

13〜15%をうろつくポイントも多く、
斜度10%の坂が「少し楽かも」と錯覚する世界に。
10%の坂で息を整えるという、よく分からない状態に。

ちなみにこの時点で当然ではありますが常にインナーロー。
この坂を25Tとかで上れる人って、どんな人なんでしょ・・・。

そんなこんなで先ほどの道標から1.1km進むと、次のポイントに。


wada_08


和田峠まで 0.6km。

ここからが本番です。

ちなみにこの道標のあるポイント。
振り返るとこんな感じです。


wada_09


あー。。。
和田峠チャレンジのブログ記事でよく見かけるやつですねー。

残り600mがこれほどまでに長く感じたのは初めてです。

この先しばらく行くと、唯一のビューポンイトがあります。


wada_10


ちなみに上っている時には景色を見る余裕なんてありませんでした。
あー、なんか青空がちらっと見えたかなー、くらいです。


wada_11


ほんと、なんでしょ、この坂。


wada_12


ザ・峠道、ですね。


で、この九十九折を抜け、心折られることなく漕ぎ続けると頂きにたどり着くことができます。


wada_13


無事、
足つきなしでクリアできましたっ!!

本格的な峠道になってからは、ケイデンスは40〜50rpmをうろつく状態。
かろうじて足をつかなかった、というギリギリの状態ですね・・・。
休憩している間や、下りで写真を撮影している時に他のローディーの方ともすれ違いましたが、皆さんくるくる足回してましたね。

この違いが脚力の違いなんでしょうね。

※これまでの写真は、下りに撮影したものを逆の順序で貼り付けていって解説したものとなります。


wada_14


バス停まで 3.7km の道標。
長い 3.7kmでした・・・。


ちなみに、この背後に陣馬山があるそうで。
この頂きに駐車場がありますので、この日も登山客の方が車でここまで来て、登っていかれました。

wada_15


この先が山頂だそうです。

ん・・・?


wada_16


自転車禁止・・・



この階段を担いで行った酔狂な人がいるんですかね



何とか和田峠を足つきなしでクリア。
これでようやく「初心者ローディー」は卒業できた気がします。


帰りは陣馬街道を戻って、「にじいろ」さんでラーメンを頂いて帰ります。


wada_17


最初は店名が読めませんでしたね。

ジャズが流れる雰囲気の良い店内で、一人場違いな格好でラーメンを頂きます。


wada_18


鶏ガラに煮干しでとった出汁スープだそうで、個人的にとっても気に入りました。


この後は 10km ほど南下して尾根緑道、尾根幹を経由して無事帰宅となりました。


wada_31


大物の峠を一つ超えたわけですが、裏を返せば一つしか超えていませんので、獲得標高はそこまで大きくはなりませんでしたね。

終わってみれば、平均ケイデンスは
68rpm
70を切ったのって初めてな気がします。。。
峠を上ることはできたものの、今のスプロケットのままで脚を鍛えていくのか、無理せずにコンパクトクランクにするか、11-32Tのリアスプロケットに換装すべきか、悩ましいところですね。

何はともあれ、無事11-28Tで走り切ることができたので、ほっとしています。




 


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村