■ ロードバイクでライドに出かけると足先が痺れる

ピナレロ GAN S に乗り換えてからというもの、ライド後30分くらいから足の指先から指の付け根あたりが痺れるようになりました。

ジャイアントに乗っていた時にもつま先のしびれはありましたが、不思議と右足がしびれ、左足はあまりしびれませんでした。
また、1時間以上乗っているとしびれ始めていたのが、ピナレロに変えてからというものしびれ始めるタイミングが早くなりました。





無知な私は、「サドルが変わったからかな」くらいに考えて、しばらく乗っていて慣れてくればしびれも収まるかな、と深く考えないようにしていました。

ですが、何度ライドに出かけても足のしびれが収まることもなく。
そりゃそうですよね。

で、google 先生に聞いてみると、幾つか可能性が見えてきたのですが、その中で最も怪しそうなのが「クリート位置が足の先端に寄り過ぎていて、つま先にばかり力が入っているのではないか」という指摘でした。

で、私のクリート位置はというと。


pos_01


めいっぱい前になってます。
これ以上前に行けないギリギリまで上げています。


これ怪しくない!?



私が最初にクリート位置を決めた時には、「母指球の位置」という説を元に位置決めを行いました。

曰く。
足の力が最も強く入る位置は母指球の位置である。
実際に自分の足で立ってみれば分かるでしょ、ということです。

で、母指球の位置にしようとすると、シューズのめいっぱい上の位置にしないといけなかった、というわけです。

でも、それで足がしびれるなら、そりゃ意味ないよな、と。

そこで急に疑念が湧き上がってきたわけです。

そもそもクリートの位置って、どこが正解なんだ?

おそらく、人によって違いは出るでしょうから、唯一無二の正解というものがあるとは思いませんが、改めてクリートの位置についての諸説を調べてみました。
私が見つけた範囲では以下のような意見があるようです。


  • 母指球の位置
  • 拇指球と小指球を直線で結んだライン上の中心
  • 土踏まずの上あたり


なるほど。

で、それぞれどんなものかと言うと、こんな感じらしいです。
おじさんの足裏で失礼致します・・・。


pos_31


ここがちょうど母指球のラインになります。


pos_32


こちらが拇指球と小指球を直線で結んだライン。


pos_33


土踏まずの上というと範囲は広いですが、こんな感じですかね。

こちらユニクロの靴下になりますが、なんとも塩梅の良いことに、それぞれぴったりの縞模様じゃないか、と感心してしまいました・・・。


劇的に変えてしまうとまた何か不具合が出そうな気がしますので、ひとまず今回は
拇指球と小指球を直線で結んだライン、という説を採用してみます。


すると、クリートの位置はこんな感じになりました。


pos_11


真ん中辺りですかね。
おそらく、一番下の位置まで下げると、土踏まずのちょい上、という説に近づくんでしょうね。

まずこの状態でご近所を一周してみます。

が、何かペダルが遠くなったような違和感が。
そりゃそうですよね、クリートの位置が後ろになれば、逆にペダルは遠くなるわけで。

このままではクリートの位置云々以前にポジションが崩れてしまいます。

ということで、ポジションをきっちり見直してみようと考えるわけですが、この日はいったんここまででタイムオーバー。
ポジション出しについては、次回へつづく、ということで悪しからず。







 


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村