■ ウィダーインバーに飽きてきて、クリフバーに興味津々

食欲の秋。
今年の冬は暖冬なようで、晩秋のような気温が続きますね。

11月以降はとにかくライドにでかけるとお腹が減るようになりました。
正確には、お腹が減るのでちょこちょこ早めに補給を摂るようになりました。
夏場は水分は欲しいけど固形物はちょっと、という状態が続いたので、ゼリータイプの補給食を重宝していましたが、最近は固形物が食べたくて仕方ありません。





ちなみに夏場に大活躍したのがこちら。



ザバス ピットインゼリーバー


過去形で語ってますが、今でもライド後半には大体いつも一本食べてます。
ゼリーといっても、噛むとほろほろ崩れるタイプではなく、けっこうもっちりしています。
それでいて、つるっ、と一口で食べらますので、食べやすさと満足感がとっても良い塩梅なんですよね。

固形タイプで今年の春先まで活躍してくれたのはこちら。



ウィダーインバー ベイグドチョコ


1本あたり140円程度とコスパが良いですし、何より安心・安定の森永さん。
味も良いんですよね。


ただ。

単純に食べ飽きました・汗

いつもこれでしたから。

そこで新たな固形タイプの補給食を探していたのですが、まだ手を出していない有名どころが一つありました。

クリフバーです。

創業者はゲイリー・エリクソンという人で、日本語版の書籍も出ています。





amazonの書籍解説がわかり易いのですが、もともとサイクリストだそうで。




サイクリングとクライミングとジャズをこよなく愛する一人の青年が、エネルギー・バー(栄養補給食品)でNO.1起業家になるまでを描き、全米で大評判になった“RAISING THE BAR"。著者ゲーリー・エリクソンは175マイルのサイクリングを友人とやっていたとき、極限の疲労のなかで新しいバーの発想がひらめいた。彼はただちに母親のキッチンを借りて試行錯誤を開始。このささやかな行動が第一歩となり、アスリートや健康に関心のある人々向けの高エネルギー・バー製造で、年商4000万ドルを売上げる事業へと成長させていく。



何でも、当時手に入る補給食(エナジーバー)がどれも甘くてべとべとするものばかりで、自身がサイクリングに出かけた際に食べたくなるようなものがなかったそうで。
自分で作って、事業として成功してしまうというのがすごいですね。


なのですが、クリフバーは2013年に日本でも販売が開始したのですが、あっと今の2016年頃には日本から撤退してしまったそうです。

それまではコストコなんかでも買えたそうで、完全に出遅れた感じです。



■ iherbでプロテインバーやクリフバーを購入

ではどこで買うかとなるわけですが、海外通販で直接買ってしまうのが今は一番安く買えるようです。
有名どころで調達、ということで今回は iherb で購入しました。


海外通販ではあるのですが、サイトは完全に日本語化されています。
支払いも普通にクレジットカードで購入できますし、40USD以上(今だと4500円くらい)購入すれば送料も無料に。

ちなみにクリフバーは12本入りで2266円。
1本あたり189円ですね。

つい先日のブラックフライデーでは全品11%オフになってしましたが、ちょくちょく10%前後のセールを行っています。
そうすると、1本あたり170円程度。
ウィダーインバーとコスパはあまり変わらなくなってきます。

購入するとその時々のキャンペーンなんかでも変わってきますが、10%程度はポイントがつくので、次回購入時は更に10%オフ、みたいな感じで結構お得にお買いものができることが判明。

こりゃ行くっきゃないでしょ。


ということで、お買い上げ。

折角なので、他にもプロテインバーを幾つか購入してみました。


iherb_01


売れ筋っぽいところを3つほど。


iherb_03

アトキンス(Atkins) エンダルジ キャラメルナッツチュー


大きさ比較にうまい棒を添えています。

キャラメル味で、まんまスニッカーズです。
ただ、「アメリカン」な大味な感じはせず、普通に美味しいです。


iherb_04

アトキンス(Atkins) エンダルジ チョコレートキャラメルムースバー 


食べ比べてみないと、先ほどのキャラメルナッツとの違いに気づかないくらい・・・汗
ナッツが入っているかどうか、という点では明らかに食感は違うのですが、味はかなーり近いです。

で、個人的にはどちらもどんぴしゃで好みでした。
もともとスニッカーズも大好きですからね。

1本でそこそこお腹にも溜まりますが、飽きるほどボリュームが多いわけではないのでちょうど良いです。
ライド時の補給食かな、なんて思っていましたが、仕事の合間のおやつで食べていたらあっという間になくなってしまいました。
ということで、現在追加分をリピート発注していたりします。


iherb_02

アトキンス(Atkins) オーガニック・ピーナッツバターカップ ミルクチョコレート

も一つ買ったのがこちら。
味はピーナッツバター。
円盤状で一枚のサイズが小さいので小腹が空いた時にちょうど良さそう、ということで買いましたが、甘じょっぱい味で、個人的にはいま一つな感じでした。

いま一つと言いつつ、あっという間に食べ切ってしまいましたので美味しくないわけではないのですが、私の嗜好として、甘いのとしょっぱいものは混ざって欲しくなかった、という単純な理由からになります。

で、本命のクリフバー。

iherb_05

クリフバー ホワイトチョコレートマカダミア



いろいろなレビューを読むと、クリフバーの中でも定番で人気そうでしたので、まずはこちらから。

実は購入前に色々なサイトを覗いてみたのですが、クリフバーに関しては「美味しい」と「美味しくない」で意見は真っ二つに割れている印象です。
ただ共通しているのは、「ボリューム満点」という点。

で、どうだったかというと。

  • ホワイトチョコレートマカダミアに関しては、甘さはそこまで強くなく、ちょうど良い。例えばスニッカーズは「とても甘い」し、ウィダーインバーも「甘い」けど、クリフバーは「甘さ控えめ」な感じ。
  • 食感は噛み応え十分。サクサクというよりはしっとりしている。
  • ベタつきはなく、さらさら。
  • ボリューム満点。ライド途中で補給する場合、お腹が減った時は1本食べられるが、小腹が減った位の時には、1本は食べ切らず、半分だけ食べて残り半分はまた1時間後に食べる、といった食べ方になる。

以下、個人的な評価。

  • 単純に「味」だけで比べると、一緒に買ったアトキンスバーだったりスニッカーズ、定番所の一本満足バーやウィダーインバーの方が美味しい
  • ただ、クリフバーは「甘過ぎない味」であり、おやつではなく補給食として考えた場合にちょうど良い味
  • 例えばお昼時、ランチを食べるのにちょうど良いお店がなくて手持ちの補給食でしのがないといけなくなった場合、アトキンスバーやウィダーインバーだとどうしても「甘い」ので、食事として考えると不満が残る。その点クリフバーだと、腹持ちもよく、噛み応えもあり、軽食としての満足感がある。

アトキンスバーは仕事の合間のおやつとしても食べていますが、クリフバーはおやつとしてはヘビー。
ただ、今日は仕事が遅くまでかかりそうだけど、晩御飯は家で食べようかなという時に、アトキンスバーだと甘過ぎる、それでいて物足りない、となりますがクリフバーは「おやつと食事の中間」に位置する存在としてちょうど良いです。


そうなんです。
何度も書いていますが、クリフバーは補給「食」としてちょうど良いんです。


夏場にこれは重過ぎるだろうな、と思いますが今の季節にはとても良いようで、気に入って食べています。


最後に欲にまみれた宣伝です。
iherbで購入する際に、以下の私のクレジットを入力して頂くと、5%オフで購入することができます。

AOG0832




で、私にも紹介御礼ということで 5%プレゼントしてもらえるそうですので、「めぐんでやろう」と思って頂けた方は、こちらを活用して頂ければ幸いです・汗





 


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村