■ santicの冬用サイクルパンツが思いの外優秀で、パールイズミ ウィンドブレークタイツの購入時期を逃す

これまで冬を2回迎えましたが、サイクルタイツについては一番後回しにしてきました。
1年目はユニクロ製品や非サイクル系のウィンドブレーカーで凌ぎ、2年目はウィンドブレークジャケットやインナーを新調したのですが、タイツについては今まで冬用は購入せずに済ませてきました。





それは何故かというと、お安く購入したsantic のサイクルパンツが思っていた以上に優秀だったからです。





santicからは幾つか冬用のサイクルパンツが出ていまして、製品毎に微妙に生地が違っていたり、パッドの有無が違ったりしますが、私はこちらの黒赤、パッドなしの製品を買いました。

もし安かろう悪かろうだったとしても、パッドなしなら最悪普段着やジョギング用のウェアとして使えるかなー、との打算からです。

パッドがありませんので、中にはパッド付きの夏用ショーツを履いたりする必要はありますが、そこまで「ぴったり」していないタイツですのでそこは問題ありませんでした。
最低気温0℃で走っても、冷たい風が強い日でも、防風性能も高く、とても暖かいので重宝していました。

ちなみにパッド付きのサイクルパンツもあります。



ただ安いなりに、という点は幾つかあります。

  • 細身ではあるが、タイトフィットではない。風でバタつくほどではないが、少し太もも回りは生地が余り気味
  • 前面は防風素材だが、その裏地はギリギリ起毛素材かな、というレベルで、寒い日に着るとほんのわずかひんやりする
  • 防風素材がまんま「ビニール感」があり安っぽい。洗うと見事に水を弾いてくれるので防風の前面については速乾性はない

    ti_07


  • 縫製が少し雑。実はこのタイツは普通のズボンのように前面2箇所にファスナー付きのポケットがついているのですが、ポケット内の裏地は最初から縫製が荒く糸がほつれて穴が空いていました

    ti_08

    当然、前面のポケットに物を入れると走りづらいですから使う気もなかったので特に返品等はしていませんが。
と、地味に不満な点はありつつも、いずれも「致命的」ではないんです。
特に、走っている時の防風性、汗抜け、暖かさについては不満がない為、これはこれで良いかなー、と2年が経過した次第です。

と言いつつも、細かな不満はあったのでパールイズミのウィンドブレークタイツは amazon でお気に入りに登録して、セールで安くなるタイミングを見計らっていたところ、大分お安く帰るタイミングがありましたので、遂に購入、となった次第です。



 


■ パールイズミ ウィンドブレークタイツ レビュー

折角ですので、santic のサイクルパンツと比較していきたいと思います。

ti_01

こちらがsantic サイクルパンツ。
上側が防風性のあるビニール生地になります。
下側が汗と熱を程よく逃してくれる生地になっています。


ti_02


こちらパールイズミ のウィンドブレークタイツ(6000-3D)。
上側が防風生のある素材になっていますが、ウィンドブレークジャケットと同じような生地ですね。
santic の生地はビニール系なのでストレッチ性に劣ります。その為全体的に大きめなサイズで適度な動きにも対応できるようにしているのかと思いますが、パールイズミ の生地はストレッチ性も十分にありますのでぴったりフィットした状態でも動きを妨げることなくとても快適です。
あと、ここだけ見てもパールイズミ の方が立体的になるような縫製になっていて、そりゃ高いだけあるわ、と納得させられます。

ti_04

ちなみに、こちらが santic についているファスナーポケット。
穴が空いていない方のポケットに鍵を入れることはあったかな、くらいです。

ti_06


こちら表地の拡大。santicです。


ti_05


こちらパールイズミ 。
お馴染みの防風素材ですね。
とても優秀です。


ti_09


こちら裏地。
私が購入したのは2年前ですので今はどうか分かりませんが、左側が防風素材の裏側になります。
起毛素材とは言えないですね。ビニール素材ではありませんが、こちらは肌に当たると少しひやっ、とします。
左側は腿裏側になりまして汗を逃してくれる生地になります。こちらは起毛素材になってます。

ti_10

こちらがパールイズミ。
左側が防風素材の裏地になりますが、さすがパールイズミ 。きっちり起毛素材になってます。
右側が腿裏面の汗抜けをしてくれる生地になりますが、どちらも同じように起毛素材で暖かいです。

既に数回、100km超のロングライドに来て行っていますが、とても満足です。
santic で感じていた地味な不満点は全て解消されています。

  • 洗っても水を弾いて滴ることがない
  • 腿にぴったりフィットするので全くバタつかない
  • 縫製はしっかりしていて信頼感ありあり
  • 着た瞬間から暖かい。汗抜けも良く、前面の素材はきっちり風を防いでくれる

今のところ、最低気温3℃、最高気温11℃まで経験していますが、いずれのシチュエーションでも暑すぎず、寒すぎずとても快適でした。

ほんと、パールイズミ製品は購入後に裏切られたことがなく、安心感が違います。
ただ、これで一通り夏から冬まで一通りのサイクルウェアを揃えることができたような気がしますので、今後はパールイズミ製品「以外」にもチャレンジしてみても良いかな、なんて思いました。





 


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村