■ 自分が使ってるディレイラーが SS / GS どちらかも分からない

何とも情けない話ですが、タイトルの通りなんですよね。
しかも新年一発目がこんな記事、というのも何ですが・・・。

基本、ぼっちライダーですので、「走り納め」とか「新年初ライド」みたいなノリがないんですよねー。
淡々と走って年を締めくくり、明けて淡々と走って初ライド、ですから。

さておき。

事の発端は、和田峠にチャレンジする際に、リアスプロケットを 11-32Tに換装してみようとしたことから始まります。


遂に和田峠にチャレンジ(でも前日準備で大失敗) : 昔チャリダー今ローディー


当時は(と言ってもつい最近までですが)、スプロケットって、自由自在に付け替えられるんでしょ、と勝手に思い込んでいましたので、 GAN S に最初から付いていた 11-28T のリアスプロケットを、11-32Tに換装すればそれだけではいおしまい、だと安易に考えていました。




そこで失敗して初めて、リアディレイラーにはショートゲージ(SS)とロングゲージ(GS)の2種類あることを知りました。

SS

まずこちらがショートゲージ(SS)。

GS

で、こちらがロングゲージ(GS)。

いやいや、並べてみれば「ロングゲージが確かに長いですね」とは思いますが、この写真だけ見せられて、自分のリアディレイラーがどちらのタイプかは、パッと見では分かりませんって。

ちなみに、GAN Sについているのがこちら。

rear_d

世の先輩ローディーは、この写真だけ見てぱぱぱっ、と分かるものなんですかね・・・?

よくよく見てみると、何となくショートゲージかなー、とは思いますが確信は持てず。
おそらくピナレロ GAN S の位置付け(レース向け)からすると、ショートゲージなんだろな、とは思いますが。

シマノさん、もっと分かりやすく「GS」「SS」とかの刻印も入れてもらえませんかね。

ちなみに、納車された時のマニュアル類見てもどこにも記載はありませんし、公式ホームページを見ても分かりません。
「GAN S ロングゲージ」とかgoogle先生に聞いて見ても、まったくヒットしません。

購入したショップに聞けば一番なんですが、師走に入ってからというもの、ショップが空いている時間に顔を出せるような状況にもなく・・・。
一人悶々とする日々が続きました。



■ 横に並べて比較してみた

そこで、少し面倒ではありますが、横に並べて比較してみることにしました。
これなら間違いないだろう、と。

やり方は以前ポジション出しをした時と同じです。
画像を横に並べれば良いだけですから。

ロードバイクのポジション出しを自分でやる時の便利ツール : 昔チャリダー今ローディー


で、結論はこちら。

リアディレイラー比較
ピナレロ GAN Sについているリアディレイラーは、
ショートゲージ(SS)で決定です。

あー、すっきりした。


■ 取り付け可能なスプロケットは何か

リアディレイラーがショートゲーシと判明しましたので、晴れて自分が換装可能なスプロケットが見えてきました。

ショートゲージの仕様はざっくりこんな感じです。

  • ロースプロケットの範囲は25T〜30T
  • トップスプロケットの範囲は11T〜14T
  • 最大フロント差は16T
  • トータルキャパシティーは35T
ちなみに自分の後学の為にロングゲージの仕様もまとめておくとこんな感じです。

  • ロースプロケットの範囲は28T〜34T
  • トップスプロケットの範囲は11T〜12T
  • 最大フロント差は16T
  • トータルキャパシティーは39T


ちなみにトータルキャパシティーは、
 「フロントのトップとローの歯数の差」 +  「リアのトップとローの歯数の差」
ですね。

私のフロントはセミコンパクトですので、52 / 36T になります。

まとめるとこんな感じに。

sprk_2

アルテグラグレードで行くと、換装できないのは 11-32T だけ、なんですね。

今の私の脚力で、11-25T や 12-25T に換装するのは自殺行為ですので、現実的な選択肢としては以下の3種類でしょうか。

  • 今使っている11-28T
  • きつい斜度を意識して11-30T
  • きめ細かなギア変更ができる14-28T

ここ二ヶ月ほどずっと悶々としていた疑問点が払拭されて、すっきりしました。


 


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村