■ ある朝の出来事

それは週末のある朝。
その日はライドに出かける予定でした。

朝起きて靴下を履こうと左足を斜めに持ち上げたところ、
ぱきぺきぽきぺきっ、とまるでヒヨコが握りつぶされたかのような音が膝で鳴りました。


hiyoko





四十路を迎え、膝が「ぽきっ」と鳴るのはしょっちゅうですが、ここまで豪快な音は初めてです。
思わず、「膝の骨が折れたのかっ!?」と思ったくらいですから。


その後、立ち上がって体重をかけるとずきっ、と痛みます。
座っていても鈍い痛みはしますが、気になるほどではなく。

その後朝食を食べている間にも痛みは引き、小走りなど勢いをつけて体重をかけない限り、特に痛みも走らなくなりました。


ということで、予定通りライド決行。


とはいえこの日は無理せずに60kmほどで切り上げ。


ロードバイクで走っている間は特に気になりませんでしたが、帰宅後に膝の具合を確かめると、やはり少し勢いつけて体重かけると痛みが。ジョギングなどの運動はとてもできそうにありません。

この痛みは地味にその後3日ほど続きましたが、自転車に乗っている間は特に気になることもなく。


ほんと、自転車って、心肺への負荷はきっちりかかりますが、膝や関節への負荷はそこまで大きくないんだな、と改めて実感した出来事となりました。

こりゃ、あと20年は続けられそうですね。







 


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村