■ Vivoactive3 の心拍転送モードが不安定に

Garmin Vivoactive3 Musicの心拍計測については、癖さえ理解して割り切ってしまえば十分に使えるじゃないか、というのがこれまでの個人的な評価となっています。

私が感じている癖というのは以下の通り。

  • 心拍計測開始後10分〜15分程度は、心拍上昇に十分追随できない。本来なら150〜160出ているはずが、120程度で記録されてしまったりする。運動時間が30分しかない場合、全体の3割〜5割にあたる時間、心拍計測の制度が不正確になるので致命的かと思うが、ロングライドのように4時間、5時間と乗るような場合、それくらいの誤差は気にならない
  • 最大心拍前後(170後半〜180超)になると、若干追随が遅い気がする。明らかに「今180近くまで行ってるっしょ」という時に、170程度で数秒計測を続けた後、175、178、180と上がっていく印象。乳バンドだと、あっという間に心拍上昇を捉えて計測してくれる

これまでに感じた違和感はこれくらい。
2点目については、「では全体的に心拍の計測が不正確なのか」と聞かれると、実はそんなことはなかったり。
ライド全体を通した平均心拍数や、最大心拍数に関しては乳バンド時代と変わりはなく、ほぼほぼ乳バンドと同等の精度なんだと思います。
ただ、スタート直後と、最大心拍数前後というピーキーな精度において、若干遅れをとっているのかな、という印象です。 





冬場は乳バンドは装着時に心臓止まりそうになる「ひんやり感」があって、そこだけは何度使っても慣れず、好きになれませんので、冬場はこのままVivoactive3 で心拍計測すれば良いかな、と思っていたある日のライドのこと。

ライド開始10分過ぎくらいに、突然心拍計測が中断されてしまいました。
Vivoactive3 の画面を見ると、心拍転送モードになっていて、心拍計測は継続されているのですが、Garmin Edge の画面上では心拍が表示されなくなってしまったのです。

つまり、通信が途絶えてしまったわけで。

いったん停車して、心拍転送モードを中止。Garmin Edge からも心拍センサーをいったん解除して、再度ペアリングをし直してから、心拍転送モードを再開させます。
すると問題なくGarmin Edge 上で心拍が表示されるようになったので、ライド再開。

ですが、ライド再開後15分程度で、再びGarmin Edge との通信が切れてしまいます。
Vivoactive3 を見ると、心拍計測は継続されています。

むー。

発売後半年くらいは、各方面でのレビューで「心拍転送モードは不安定で、すぐに切れてしまい使い物にならない」というコメントがよく見られましたので、もしかしてこれが実力なのか!?と少し不安な気持ちになります。

気を取り直して、ペアリング解除、再接続、リスタートと繰り返します。
すると問題なく心拍転送再開。Garmin Edge 上でも心拍表示されるようになりました。

なのですが、2度あることは3度ある。
更に15分ほど経過した頃、再び切断が切れてしまったのです。



うがぁぁっっ!!



正直、放り投げてやりたくなりましたね、一瞬。

少しイライラしてきたので、いったん落ち着こう、ということでそのままライド継続。
その後20分ほど走ってからコンビニに到着。
ライド開始から1時間が経過していましたので、そこで軽く補給休憩にします。


ここまでの心拍推移はこんな感じ。


vivo_act

最初は10分で切れましたが、その後2回は、再開後15分で切断されています。




■ まずは心拍転送モードを疑ってみる



これは何か設定上の問題かも?ということで、もぐもぐピザまんを食べながらVivoactive の設定画面と睨めっこします。


vivo_act_02


ん?

アクティビティ中に心拍転送、という設定にチェックがついています。

ちなみに、心拍転送モードを開始する場合のやり方は、マニュアルによると以下の2通りあるそうです。

  1. アクティビティ中に心拍転送、にチェックをつけておけば、Vivoactive3 でアクティビティ(ライドやウォークなど)を開始することで、自動的に心拍転送が開始されるようになる
  2. 心拍転送モードをタップして、手動でスタートさせる

ここで注意が必要なのは、「アクティビティ中」という概念です。
Fitbit 社の製品だと、特に何も操作をしなくとも、本人の動きや心拍に基づいて、アクティビティが開始されたこと、並びにどういったアクティビティが開始されたのかを自動で判定してくれます。
もし自動判定されたアクティビティが間違っていた場合は、後で訂正することができます。

ただ、Garmin Vivoactive3 の場合は、アクティビティはあくまでもウォッチフェイス上で自分で選択してスタートさせる必要があります。

つまり、心拍転送モードを開始させるには、「アクティビティを開始する」もしくは「心拍転送モードを開始させる」のいずれかの操作を行う必要があります。
心拍転送モードを開始させる為には、ウォッチフェイス上で何度もタップ、スワイプを行う必要がありますので、操作的にはアクティビティを開始させる方が簡単なのですが、ライド中のアクティビティ計測はGarmin Edge で行いますので、Vivoactive3 はあくまでも心拍転送の機能しか使っていません。

ということで、やたらと前置きが長くなりましたが、「アクティビティ計測を行っていない」にもかかわらず「アクティビティ中に心拍転送する」設定になっていた為、(ここは想像ですが)一定時間経過してもアクティビティが開始されないので心拍転送モードを強制的にOFFにされてしまったのではないか、と疑ってみることに。


アクティビティ中に心拍転送、のチェックを外して、心拍転送モードを開始すれば良いわけで。

で、どうなったかというと。

その後のライドは順調。
特に通信が途切れることなく、きっちり心拍転送してくれました。


よっしゃ問題解決、とその時は思ったのですが。

実はこの時、手袋しながらVivoactive3 のウォッチフェイスをいじっていたので、あれこれ押している時にウォッチフェイスも変わっていました。

その時は面倒だったのでそのままに走り出したのですが、この「たまたま」が後に功を奏することになりました。



■ 帰宅後、机に向かいながら再現確認をするも、再現せず


帰宅後、アクティビティ中に心拍転送、をチェックした状態で心拍転送を開始、Garmin Edgeと接続してタイマーを計測してみました。

15分経過。接続切断されず

20分経過。接続切断されず。

25分経過。接続切断されず。


なんと、
再現しないではありませんか・・・。

で、はたとウォッチフェイスを見ていて思い当たったことが。

週末、運動をすることが多い日には、ウォッチフェイスはこちらを使っています。


Digit Storm
viv_04


平日仕事のある日はこちら。


Weather Face
viv_06


この日のライド前は、お天気マークがある「Weather Face」でしたが、コンビニで設定をいじっているときに情報量の多い「DigitStorm」に変わっていました。

Weather Faceは Open Weather Map というサイトが提供する天気情報をAPI経由で取得する仕様になっています。
位置情報はVivoactive3 のGPS情報を使っていますので、内部処理としてはおそらく、
  • 30分経過すると、Vivoactive3 でGPSにより位置情報を取得
  • GPS情報をAPI経由でOpen Weater Map に転送
  • Open Weather Mapが送られてきた位置情報もとに、最も近い拠点の天気情報を返信
  • Vivoactive3 で気温とお天気マークを表示
という流れになっているかと思います。

初期設定では、30分間隔でAPIを叩く(情報を取得する)ようになっているのですが、せっかちな私はこの取得間隔を短くしていました。


vivo_act_03


そう、20分です。



あやしい。


そこで、ウォッチフェイスをWeather Face に変更してから、心拍転送モードを開始、タイマーで計測してみると・・・。

見事、20分前後で接続が切断されました。


こいつが犯人で決定です。

念の為、ウォッチフェイスを変えたり、心拍転送モードを変えたりしつつ再現試験を繰り返しましたが、見事Weather Faceの時には接続が途切れ、それ以外では切断が途切れることはありませんでした。

GPS情報を取得する際なのか、APIを叩く時なのか分かりませんが、心拍転送との何らかの処理競合が起きて切断が発生しているんでしょうね。


たまたまウォッチフェイスが変わったことで問題が特定できたわけですが。

こんなの、普通分からないってば・・・。



結論。

「Vivoactive3 Music で 心拍転送モードを使用したい人は、ウォッチフェイスをWeather Face にしてはいけません」


まさかこんなマイナーなバグを見つけることになるとは思ってもみませんでしたが。
果たしてどれだけの人にとって有益な情報か微妙な感じではありますが、心拍転送モードとウォッチフェイスには実は相性があるらしい、ということを知っておくのは、いつか役に立つ日がくるのではないでしょうか。









 


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村