■ 三本ローラー到着!!

ペダリングフォーム改善に向けて一念発起、発注していた三本ローラーが無事到着しました。
私が購入したのはエリートのクイックモーション。





ただ、Amazonのレビューで、到着時にベルトが異なる場所にかかっていた為に分解して再組み立てが必要だったというものがあった為、おそるおそる開梱することになりました。





到着時、宅配便業者のおじさん(おそらく私とどっこいの四十路の方だと思いますが)が、「これってもしかしてローラー台ってやつですか?)と興味津々でした。
自転車乗りなんでしょうか。


quick_m_01


なかなかの大きさです。


quick_m_02


Box in Box。
厳重ですね。


quick_m_03


ようやくお目見え。


quick_m_04


丁寧に日本語マニュアルも入っていました。
製品的にマニュアル読むこともないかなー、と思いつつ、まずはローラー台を取り出します。


quick_m_05


思っていた以上にコンパクトにまとまりそうです。


quick_m_06


で、懸案のベルトですが、後ろのローラーにかかっています。


quick_m_07


これがマニュアルの完成図。


はい。


分解が必要ですね・・・。


一度は分解してみて製品の特徴を把握させようという、エリートの思いやりなんでしょうか。
すぐにでも乗れるか試してみたかったところですが、思いっきり出鼻をくじかれました。何とも意地悪です。


さて、分解していきます。


quick_m_10


大外のプラスチックカバーを外すとこんな感じに。
黒い部品がゆらゆら揺れて振動を吸収する仕組みになっているようです。


quick_m_14


六角レンチでさらに分解していきます。


quick_m_15


かぱっと外すとローラーがむき出しになりました。
後ろのローラーにかかっていたベルトを前のローラーに移してから、逆の手順で部品をはめ戻していきます。

さてベルトをひっかけてローラー台完成。


とは行かず・・・汗


何かがおかしい。



quick_m_20


はい。
ベルトを前のローラーに移すだけではなく、通す場所を間違っていました。

quick_m_21


前のローラーに移したうえで、本体側にもベルトを通してあげる必要がありました。


quick_m_08


はい。
マニュアルのNo.24にきちんと図説されていました。

慌てずにきちんとマニュアルに一通り目を通してから分解していくべきでしたね。

再度分解し直しということで、何だかんだと小1時間かかってしまいました・・・。


quick_m_30


完成です!!

ですが、この日はここまででタイムアップ・・・。

ベルトさえ正しい場所にかかっていれば、5分とかからずに組み立てることができます。

ほんとエリートさん、意地悪です・・・。


果たして三本ローラーに問題なく乗れることができるのか!?
どきどきは翌日まで持ち越しとなりました。


三本ローラー(ELITE QUICK MOTION)に乗ってみて(室内編_初日) : 昔チャリダー今ローディー


 


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村