■ 汗受けマットを購入(iimono117 サイクル用 汗取りパッド)

三本ローラー。
こんなにも汗が滝のように滴るとは思ってもいませんでした。

冬でも扇風機が必要です、みたいなブログを読んでいたのである程度は覚悟していましたが、ほんと開始ものの10分と経たずに汗が滝のように滴り落ちるんですね。

最初の数日は、ハンドル周りにはタオルを洗濯バサミで固定していました。
ただ、このやり方だとタオルに染み込んだ汗がヘッドチューブに入り込んでいく、みたいな話を聞いていました。





良くも悪くも、最初の数日は30分と続けて乗れませんでしたので、タオルに汗が染み込む前にローラー台を降りていたわけですが、これから暑い季節になり、乗る時間が長くなってくるとこのやり方はまずそうだ、ということはすぐにピンときました。

ということで、高いものでもないので専用品を発注することに。





実はローラー台がエリートということもあり、形も格好良いのでエリートのスウェットプロテックプラスという汗取りマットに惹かれたり。




作業台や各種パーツでいつもお世話になっているミノウラのセーフティーネットと迷ったりしたのですが。



最後はコスパに負けました。
まずはこの安いやつで良いかな、と。

毎回タオルを洗濯バサミで固定する手間だったり、走っている間に膝とこすれて洗濯バサミがゆるんでタオルが垂れてきたりというストレスを考えると、
1000円なら安いもんかな、と思います。

実際、2日目にローラー台で回していた時に、洗濯バサミが外れてタオルがぷらーんとトップチューブから垂れた時があったのですが、そのままフロントホイールに巻き込まれたりしたら大事故ですからね・・・。
少しひやっとしました。

さておき。
Amazonで注文したセーフティーネットをご紹介します。


swt_mat_02


いちおう、スマホを入れられるタイプを選びました。
値段が変わらないですから。


swt_mat_03


こんな感じにスマホを入れられるようになっています。
って、あまりこの使い方はしてなかったりしますが。


実際に取り付けるとこんな感じに。
ハンドルに巻きつけてベルクロで固定するという、至ってシンプルな取り付け方法です。



swt_mat_06


きちんとステムを覆うことができますので、汗対策としては万全ではないでしょうか。

ただ、一点解せない仕様が。


swt_mat_01


ハンドルとは反対側です。
ただ輪っかになってるだけなんです。

当然長さ調節はできるようになっているのですが、これをどう使えと・・・?

おそらく、シートポストを引き抜いて輪っかに通して使え、ということなんでしょうが。


そんな面倒な使い方、嫌です。


どうも、先に挙げた他社製品も同じような仕様になっていそうですが。
皆さんそんな使い方してるんですかね。

  • シートポストは固着を防ぐ為にグリスを塗っている
  • そこに通せば当然輪っか部分はグリスでべたべたに
  • そもそもママチャリとは違って、シートポストを外すにはアーレンキーが必要
  • シートポストの位置は試行錯誤で決めているので、頻々に付け外しして位置を変えたくない
 ローラー台専用バイクであれば良いとは思うのですが、普段使っているバイクでローラー台もこなす場合、この製品仕様には賛同できないですねー。


ということで、一工夫。

カラビナを使います。



こんなやつですね。
ま、カラビナ本来の使い方ではありませんが、特に強度が必要となる使い方ではありませんので、安いカラビナで十分かと思います。


swt_mat_04


こんな感じに輪っかに引っ掛けます。


swt_mat_05


あとはサドルのガイドレールに引っ掛けるだけですね。
これでストレスフリーになりました。

ほんと、皆さんどうやってるんだろうと不思議に思ったお話でした。




↓ 頂いた的確なコメントを受けて追記 


いやいや、普通にサドルに引っ掛けられるよー、というコメントを頂いたのできっちり再確認です。
コメント欄でも書いてありますが、最初試した時に末端のゴムをサドルに回そうとしたら長さが足りなかったのですが、その原因が判明しました。


swt_mat_10


まず、末端のゴムの輪っかがこちらになります。


これをサドルの後方部分からひっかけた場合、長さが足りなかったんですね。


swt_mat_12


めいっぱい引っ張ってもここまでしか伸びませんので、サドルをぐるっと回してシートポストに引っ掛けることができませんでした。


その原因がこちら。


swt_mat_13


私が普段愛用しているがオルトリーブのサドルバッグ(Sサイズ)になります。




こちらの製品の良いところは、サドルバッグマウントが各サイズ共通になっている為、ライドに応じてサイズアップする際にも、この部品にスライドさせて装着・脱着が簡単にできる点です。

専用のマウントも別売りしていますので、複数のバイクでサドルバッグを使い回すこともできるんですよね。




現に私は、SサイズとMサイズを、ロードバイクとミニベロで使いまわしていたりします。

で、今回はこのマウント部品がひっかかって邪魔をしていたんですね。。。


はい、
使う側の問題でした。

メーカーさん、すみません・・・。


で、マウントに引っかからないように、サドルの前側からひっかけてみます。


swt_mat_11


こうやると、まー簡単に、するっと回り込んでシートポストに引っ掛けることができます。

いやもうね・・・。
お恥ずかしい限りです。


一度試してダメで、もうあかんと早とちりする癖を直さないとですね。

ということで、私のようなお間抜けさんはそうそういないとは思いますが、同じような過ちを犯す人も、もしかしたら世界中に一人くらいいるかもしれない、ということで元記事は元記事のままで残しておきたいと思います。

ご笑覧のほど、よろしくお願いします・泣



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村