■ ロードバイクのライドにフェイスマスクは必須

自転車乗りの間で有名なギアとして、Buffがありますよね。



Buffが有名過ぎて類似商品は世に沢山出ているのですが、それらを総称すると何という呼び名が正しいのかがよく分かりません・・・。

バンダナとしても使えるし、ネックウォーマーとしてもフェイスマスクとしても使えます。
その使い方は12通り。


buff-03

私の場合、ほぼほぼフェイスマスクとして使っていますが。





ロードバイクでこの手のフェイスマスクを使わずに走っている人が多いのですが、私個人的にはフェイスマスク無しでは走れない体になってしまいました。



1. メリット(フェイマスクを使う意義):

  • 特にサイクリングロードなどで多いですが、虫が口に飛び込んで来るのを防ぐこうができる
  • 日焼け防止
  • 車道走行路によくありますが、車の排気ガスの匂い、吸い込み防止
  • 冬場は暖かい 
特に虫が口に飛び込んでくるのを防ぐことができる、という点が一番のメリットかもしれません。
フェイスマスクの下は、口が半開きになって、鼻呼吸と口呼吸両方で走っていることが多いのですが、過去に2度ほど、コガネムシが半開きの口ど真ん中にヒットしたことがあります。
フェイスマスクしてなかったらと思うとぞっとします・・・。

サイクリングロードのような川沿いの道を走っていると細かな虫が群れになって飛んでいるゾーンとかありますが、フェイマスクをしていない場合は、うつむきがちになって口を閉じて通り過ぎないと口の中にじゃんじゃん飛び込んで来てしまいます。

加えて排気ガスの匂いが和らぐのも個人的には大きなメリットです。
胃腸弱々ローディーなもので、朝食食べてすぐに走り出したと時に排気ガスを吸い込んでしまうと、思わずリバースしそうになるんですよね・・・。



2. デメリット(フェイマスクいらないんじゃない?の理由):
  • 特に夏場は暑い、蒸す
  • 呼吸がし辛くなる(峠道とか特に) 
逆にデメリットはこの辺りでしょうか。
峠道で登り一辺倒になったりすると、フェイスマスクを外して登ったりはしますが、息苦しさに関してはつけ外しでコントロールすることができます。

ただ、猛暑の昼間とかにフェイスマスクをつけて走るのは正直苦行ですね・・・。
あまりに暑い日には外して走ったりしますが、川原沿いだったり、幹線道路でトラックやバスが沢山走っている時には我慢してつけたまま走っています。


とまあこんな感じですので、基本はフェイスマスクとして着けて走ることが多いのですが、ちょいちょい買い足していった結果、各社製品を比較することができましたので、今回はその辺りをレビューしてみたいと思います。





■ 正式名称が分からない(スポーツバンダナ?フェイスマスク?Buff?)けど比較レビュー

私が使用したフェイスマスクは以下の通り。

  • Buff
  • Naroo Mask


     
  • Amazonの安いやつ(HAMIST)


     
  • サイクルスポーツ1月号付録でついてきたチネリのネックウォーマー



最後の付録については「ネックウォーマー」という言い方ですので、厳密には違いますが。

まずはサイズから比較してみましょう。


buff-02


長さからいくと、大きい順に「Buff > HAMIST > Naroo Mask > チネリ」になりました。
チネリは明らかに短いですが、それ以外は大差ありません。

横幅はこんな感じ。


buff-01


幅が広い順に並べると「チネリ = 
HAMIST > Buff > Naroo Mask」になります。

で、この大きさの違いはどう影響があるか、ですが。
幅に関しては大きな違いを感じています。

私比較的顔が小さめな人間ということもあり、チネリと
HAMISTをフェイスマスクとして使うと、けっこう「ゆるゆる」なんですね。
走っているとずれて外れてくるんです。

これはサイズだけではなく、生地のストレッチ性にも原因がありそうです。
明らかに違いというよりは、ほんのわずかな違いなんだと思いますが、BuffとNaroo Maskの製品の方がストレッチ性が高く、ほど良い締め付け感がある気がします。

その為、BuffとNaroo Maskに関しては、走っていて意図せずにずり下がってくることはありませんでした。
これは私の想像ですが、顔が大きめの人だと、逆に
HAMISTの安いやつはぴったりかも、です。

ちなみに、生地の厚さ(通気性)に関しては、体感できるほどの違いはありませんでした。

お値段は高い順に「Buff > Naroo Mask > 
HAMIST」になります。

Amazonで買える
HAMISTは、6枚セットですが、一枚あたり2百円せずに買えますのでコスパは抜群です。
フェイスマスクとしては少しユルめになってしまうのですが、ローラー台に乗る時にはヘッドバンド=汗止めとして大活躍してくれています。

で、今使っているフェイスマスクがボロボロになったとして、次回は何を買うかと言われれば、私ならNaroo Maskですかね。



Buffは良い製品なのですが、コスパが悪いかな、と感じています。
私にはむしろNaroo Maskの方がサイズも合ってますし。

ただ、デザインはBuffの方がいろいろ選べて良いので、そこはさすがにオリジナルの強みといったところでしょうか。






 


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村