■ 三本ローラー+お涙頂戴映画=ストレス解消スッキリ

もうタイトルが全てのような気もしますが。
今年の梅雨は週末が雨になることが多かった気がします。
加えて、肋骨にヒビ入れてしまったこともあり、気づけば1ヶ月以上ライドに出かけることができませんでした。

肋骨をやってしまったかもしれない(落車) : 昔チャリダー今ローディー

肋骨の怪我の具合は、三週間ほど経過したところで日常生活に支障はなくなったのですが、その頃に一度だけ調子に乗って息子くんと2時間半ほどポタリングに出掛けたところ、翌日以降また痛みがぶり返してきてしまった為、それ以降はライドは控え、ひたすら三本ローラーで我慢する日々でした。

ミニベロでのんびりライドとはいえ、ある程度振動はあるわけで、怪我にはよくないようですね。
反面、三本ローラーですと体への振動はほぼありませんので、怪我に触るようなことはありませんでした。





わずか30分であっても三本ローラー回すと体も気持ちもスッキリして気持ちの良いものですが、どうしてもすぐ飽きてしまいます。

そこで、私はローラー台に乗る時にはタブレットをスタンドに取り付けて Amazon Primeで動画を見ながら走っています。





ただ、ローラー台に乗り始めてから最初の10時間ほどの間は、視線を真正面一点から動かすこともできず、肩も首もがっちがちになりながら走っていました。
動画を見ているはずが、内容がまったく頭に入ってくることもなく、ギリギリお笑い番組だと何とか楽しめる状態でした。

走行時間が15時間を超えた頃から、目線や首を動かしてもバランスを崩すようなことはなくなり、映画やドラマを楽しく見ることができるようになりました。

平日の夜にローラー台に乗る時には、30分くらいのお笑い番組を見るのがちょうど良いのですが、週末だと1時間〜2時間くらいは乗りたくなり、それから映画を見るように。
もともと映画好きな人間ではありますが、これまで邦画を見ることはあまりなく、洋画ばかり好んで見ていました。ただ、ローラー台回しながら洋画の字幕を見るのもなかなかに辛く、今まで全く見ることのなかった邦画を見るように。
ちなみに洋画の吹き替えはあまり好きになれませんので、その選択肢はありません。

こんな折、Amazon Primeに勧められるままに「君の膵臓を食べたい」を見たのが運の尽き。
ローラー台で体を動かしつつ、映画監督の思惑通りにお涙頂戴シーンで号泣しまくること2時間。

めっっっっちゃ、
スッキリするんですね、これが・笑

人間涙を流すとストレス解消になるとは聞いていましたが、ローラー台+涙がここまでストレス解消に良いとは思いませんでした・笑

巷では部屋を真っ暗にしてBGMガンガンにかけてスピンバイクを漕ぐような、女性向けのジムなどもあるようですが、感動映画をスピンバイク漕ぎながら見るとか、新しいビジネスモデルにどうですかね?

それからというもの、次はコレが良いですよー、という流れでどんどんお涙頂戴系の邦画をお勧めされるがままに見続けています。



映画だと1.5時間〜2時間くらいということで、私の脚力、体力、集中力という観点からも丁度良いようで。
肋骨のヒビに関しては、怪我をしてからほぼ六週間。
ぼちぼちライドにも出れそうな気はしますが、気がつけば猛暑真っ盛り。
今年の夏はインドアで映画見ながらローラーを回すことが多くなりそうな気がしています。。。






 


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村