■ 見てみぬフリしていたら、チェーンがドロドロでサビが浮き始めてしまった

もうタイトル通りですね。
息子くんとは週に一回ポタリングに出かけるようになり半年が経過しました。
夏場は暑さに負けて出かけない週末もありましたが、なんやかんやと走行距離は400kmほどになりました。

自分のロードバイクだと、1000km程度を目安に清掃するようにしていますが、息子くんとは一回のライドでは20km〜40km程度。
どの頻度でチェーン清掃すれば良いんだろう、まあ適当にやれば良いかな、と油断していたらとんでもないことに。





息子くんは友達と遊ぶ時や塾に出かける際にもクロスバイクに乗っていますが、基本、雨が降っている日には一切乗っていませんでした。

ですが、帰りに少し雨に降られたり、前回の台風ではサイクルハウスから投げ出されて濡れてしまったりしたこともあり、嫌な予感はしていたんです。

台風15号と戦い抜いたサイクルハウス : 昔チャリダー今ローディー


ぱっと見ただけでもかなり汚れていましたので、きちんと清掃することにしました。
前回、AZパワーゾルでがっつり清掃したところかなり綺麗になりましたので、今回も同じやり方で清掃することにします。

AZパワーゾルだけでチェーン清掃 : 昔チャリダー今ローディー


クロスバイク用のチェーン(CN-HG40)はそれほどお高いものではありませんので、ミッシングリンクを使って2本使い回すやり方にします。


ak_chain-01









むしろチェーンよりもミッシングリンクの方が高い気が。(ミッシングリンクは2個セットなので、1個だとそうでもないんですけどね)

ak_chain-02


きちんとフックで固定してからチェーンを外します。


ak_chain-03


一度経験してしまえばなんて事ない作業ですね。
テキパキ進めていきます。


ak_chain-05


取り外したチェーンがこちら。
ドロドロです。


ak_chain-06


恐れていたことが。
サビが浮いています。

まー、息子くんの普段使いと考えれば、この程度のサビならまだまだ使いまわしてしまおうかな、と思いますが。

で、少し意外だったことがあります。
チェーンはご覧の有様なのですが、その他の駆動部はあまり汚れていないんですよね。

ak_chain-07


ak_chain-08


ak_chain-09


ak_chain-10


私のロードバイクなんかだと、チェーンがここまで汚れている時って、駆動部もあちらこちら同じようにドロドロになっていたりするのですが。

ということで、今回はチェーン以外は軽く汚れを拭き取るだけで済みました。

AZパワーゾルを使ったしゃかしゃかシェイクの工程は割愛させて頂きますが、そりゃもう真っ黒になりました。
息子くんの場合、何キロ走ったとか関係なく、3ヶ月に一度くらいの頻度で掃除してあげた方が良いのかなー、と思いました。




最後に新しいチェーンを取り付けて、ミッシングリンクで固定して・・・、と思ったのですが。


ak_chain-11


どんなに引っ張っても、これ以上ミッシングリンクがハマってくれません・・・。
以前どこぞのブログで、「乗って走ればハマる」という記事を読んだことがありましたので、息子くんのクロスバイクということで窮屈ではありますが、自宅前の車道をくるりと一周漕いでみたところ、「かちっ」とハマってくれました。

やはり腕の力よりも脚力の方が圧倒的に強いんですねー。


チェーンを新しくしたところ、息子くんからも「何となくペダルが軽くなった気がする」とのご発言が。
やっぱり、小まめに綺麗にしないとですね。



 


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村