■ キャニオンのUltimate CF シリーズは2020年モデルで何が変わったのか

最近とっても気になるキャニオン。
先日、昔からの知り合いが「え、ロードバイク乗ってるんだ」という話になり、話を聞いてみたらキャニオンのUltimateに乗っていることが判明したり。

今まで気にしていなかっただけなのでしょうが、ライドに出かけた時に、やけにサイクルラックにかけられているバイクでキャニオンを目にすることが多くなったり。

ほんと気になってます。

そんな中、キャニオンのUltimateシリーズが2020年モデルでリニューアルされました。
何が変わったのか気になりますよね。

以前、2019年モデルのUltimate CF SL 8.0に関しては各モデルの仕様比較を行っています。


ロングライド向きのミドルクラスロードバイクについて考えてみる(CANYON編・後編) : 昔チャリダー今ローディー


ちなみに今なら、11月26日までZwift 3ヶ月間 無料クーポンプレゼントキャンペーンも実施中だそうです。






それでは順に調べていきましょう。




(1) 
Ultimate CF SL Disc 8.0 Di2 Aero

01_Di2 aero



こちらがUltimate CF SLラインのトップグレードになります。



Ultimate CF SL Disc 8.0 Di2 Aero - 届いたそのときから。レースの準備ができています。風洞試験を終えたそのときから、最高速度に達したくてうずうずしているようなUltimate CF SL Disc 8.0 Di2(アルティメットCF SLディスク8.0 Di2)は、電動シフトとディープエアロホイールを備えたまさに「オンリーワン」のバイクです。


売り文句は昨年と全く変わっておりません。
ぱっと見ただけで、重量と価格が変わっているのが分かりますが、何が変わっているかを確認してみましょう。


Ultimate CF SL Disc 8.0 Di2 Aero(2019) Ultimate CF SL Disc 8.0 Di2 Aero(2020)
フレーム Canyon Ultimate CF SL Disc Canyon Ultimate CF SL Disc
フォーク Canyon F38 CF Disc Canyon FK0086 CF Disc
ホイール(前) Mavic Cosmic Pro Carbon UST Disc (rh45mm) 760g DT Swiss ARC 1400 Dicut db (rh48mm) 719g
ホイール(後) Mavic Cosmic Pro Carbon UST Disc (rh45mm) 890g DT Swiss ARC 1400 Dicut db SH11 (rh48mm) 836g
タイヤ Yksion Pro UST 25 mm 260g Continental 25 mm 220g
コンポーネント Ultegra R8050 Di2 Ultegra R8050 Dif2
クランク 52/36 52/36
BB BB72 PF BB72 PF
カセットスプロケット 11-30 11-30
ハンドルバー・ステム一体型 Carbon (Canyon CP10 Aerocockpit CF) Carbon (Canyon CP10 Aerocockpit CF)
サドル Fizik Aliante R5 Fizik Aliante R5
シートポスト Carbon(Canyon S13 VCLS CF) Carbon(Canyon S13 VCLS CF)
重量 7.7kg 7.35kg
価格 474,000円 449,000円




はい。
変わっているのは、フォーク、ホイール(タイヤ)になります。
フォークは重量の記載がなく詳細が不明ですが、ホイールとタイヤを合わせて175g軽量になっています。
完成車全体では350g軽量化されていますので、軽量化された要因の半分はホイールとタイヤのようですね。

マビックのコスミックプロカーボンUSTからDTスイス1400に変更となり、リムハイトが45mmから48mmへとよりエアロに。

個人的には現在キシリウムエリートUSTを愛用していますので、コスプロカーボンのままの方が良かったのですが。
ホイールの値段もマビックとDTスイスでおおよそ同価格帯になるようですが、完成車全体としては昨年モデルよりもより安価になっているのが素晴らしいですね。




02 Ultimate CF SL Disc 8.0 Di2 Aero


昨年は、コンポーネントの売り文句の1つにマビックのホイールが使われていたのですが、こ年はシフト・ブレーキレバー、クランク、サドルをアピール材料にしています。
そこアピールされてもな、といのが正直なところなのですが・・・。



(2) Ultimate CF SL Disc 8.0 Aero


昨年はあった非Di2のAeroモデルが今年から廃盤に。。。
人気がなかったのですかね。
非Di2のAeroモデルと、Di2でAeroでないモデルとでは、主要な変更点がホイールとDi2かそうでないかの違いだったわけですが、ホイールは後から変更し易いですが、Di2は載せ替えにも手間がかかりますから、同じような値段ならDi2モデルを選んでおこう、という人が多かったのかもしれません。


はい、次行きましょ。



(3) Ultimate CF SL 8.0 Di2

02_Di2



続いて、AeroでないDi2モデルになります。



定評あるSport Proジオメトリーとレース対応のハンドリング。Ultimate CF SL Disc 8.0 Di2は、ライダーを笑顔にしないではおきません。登りは効率よく、その後の下りは飛ぶように。軽さだけでなく、自信を持って下りをこなせる安定感を備えたこのバイクは、山岳コースで真価を発揮します。


少しだけ謳い文句が変わっていますが、言っている内容はほぼほぼ同じですね。
何が変わったか比べてみましょう。


Ultimate CF SL Disc 8.0 Di2 (2019) Ultimate CF SL Disc 8.0 Di2 (2020)
フレーム Canyon Ultimate CF SL Disc Canyon Ultimate CF SL Disc
フォーク Canyon FK0051 CF SL Disc Canyon FK0086 CF Disc
ホイール(前) DT Swiss P 1800 Spline db (rh23mm) 763g DT Swiss P 1800 Spline db (rh23mm) 763g
ホイール(後) DT Swiss P 1800 Spline db (rh23mm) 900g DT Swiss P 1800 Spline db (rh23mm) 900g
タイヤ Continental Grand Prix 5000 (25mm) Continental Grand Prix 5000 (25mm)
コンポーネント Ultegra R8050 Di2 Ultegra R8050 Di2
クランク 52/36 52/36
BB BB72 PF BB72 PF
カセットスプロケット 11-30 11-30
ハンドルバー・ステム一体型 Carbon (Canyon CP10 Aerocockpit CF) Carbon (Canyon CP10 Aerocockpit CF)
サドル Fizik Aliante R5 Fizik Aliante R5
シートポスト Carbon(Canyon S13 VCLS CF) Carbon(Canyon S13 VCLS CF)
重量 7.5kg 7.5kg
価格 369,000円 369,000円



はい。
昨年との違いで確認できたのはフォークだけ、となります。
その他は見事に一緒。

重量もお値段も一緒です。



05 Ultimate CF SL 8.0 Di2




これぞ、現代のロードホイールの新定番。ワイドでありながら軽量なアルミリムは、耐久性を犠牲にせずに優れた重量比剛性を実現するためのベースとして理想的なコンポーネントです。もはや知らない人はいない傑作、Continental Grand Prix 5000タイヤとの組み合わせは、これ以上ない最高の乗り心地を提供します。


ホイールに関しては昨年と変わってはいないのですが、アピールトークはがらっと変わりました。
型番同じでも、中身が変わってるのですかね。DTスイスのホイールは詳しくないもので分かりませんが、使われている写真は昨年と同じでした。


ちなみに昨年モデルでのアピールトークがこちら。




ストレートプルのハブ、エアロスポーク、そして極めて堅牢なリム。これらのよくマッチした信頼性の高い部品により、すべてのDT Swiss Spline Performanceホイールはトレーニングでもレースでも完璧な相棒です。言うまでもなくチューブレスでも使用可能で、平均重量はわずか1675gです。


今年はコンチネンタルグランプリ5000のタイヤに関するアピールトークの比重が増えているようで。
やはりというか、アピールする箇所が違うような気が・・・。



(4) Ultimate CF SL Disc 8.0

03_cf sl disc



最後に非Aero、非Di2のモデルとなります。
無い無い尽くし、みたいな表現だとよくないですが、フルアルテグラ、軽量ホイールで重量も7.6kg、お値段28.9万円というのは素晴らしいです。
2019年モデルと重量は同じですが、お値段が5000円増加しています。




Ultimate CF SL Disc 8.0 - スピードと快適性を両立したジオメトリーを採用した軽量フレームで組み上げたUltimate CF SL Disc 8.0(アルティメット CF SL Disc 8.0)は、まさに並ぶもののないモデルです。ディスクブレーキによって向上したコントロール性能と、スムーズなラインを描く革新的なCP10 Aerocockpitの組み合わせが、ライバルをはるか後方に置き去りにします。


売り文句も変わっています。
ここで昨年モデルとは異なり、Aero、Di2モデルと同じ「CP10 Aerocockpit」を採用していることが分かります。

昨年モデルと比較してみましょう。


Ultimate CF SL Disc 8.0 (2019) Ultimate CF SL Disc 8.0 (2020)
フレーム Canyon Ultimate CF SL Disc Canyon Ultimate CF SL Disc
フォーク Canyon FK0051 CF SL Disc Canyon FK0086 CF Disc
ホイール(前) DT Swiss P 1800 Spline db (rh23mm) 763g DT Swiss P 1800 Spline db (rh23mm) 763g
ホイール(後) DT Swiss P 1800 Spline db (rh23mm) 900g DT Swiss P 1800 Spline db (rh23mm) 900g
タイヤ Continental Grand Prix 5000 (25mm) Continental Grand Prix 5000 (25mm)
コンポーネント Ultegra R8000 Ultegra R8000
クランク 52/36 52/36
BB BB72 PF BB72 PF
カセットスプロケット 11-30 11-30
ハンドルバー・ステム一体型 Carbon (Canyon H36 Aerocockpit CF) Carbon (Canyon H36 Aerocockpit CF)
サドル Fizik Aliante R5 Fizik Aliante R5
シートポスト Carbon(Canyon S13 VCLS CF) Carbon(Canyon S13 VCLS CF)
重量 7.6kg 7.6kg
価格 284,000円 289,000円


他のモデルと同じように、フォークが変わっています。
それ以外は同じですね。


おいっっっ!!!



エアロコックピットが上位モデルと同じCP10になっているはずが、仕様表を見ると昨年と同じH36になっています。

謳い文句の説明と、仕様表のどちらが正しいんですかね??
わざわざ謳い文句を昨年から変えてきていますので、おそらく仕様表が誤植なんだと思いますが。



■ キャニオンアルティメットは2020モデルでの変更は小幅

はい。
昨年はフォークやエアロコックピットをモデル毎に細かく変えていたようですが、今年はアルテグラグレードの戻るを4ラインから3ラインへと縮小したうえで、フォークやエアロコックピットを揃えてきたようです。

なお、ultimate8.0のアルテグラグレードに関しては、キャリパーブレーキモデルもDi2と非Di2で2モデルラインナップされています。
個人的に、「次はディスクブレーキかなー」と思っていますので、キャリパーブレーキモデルは割愛してしまいましたが、ディスクブレーキ一辺倒へと流れがちな新モデルにあって、キャリパーブレーキモデルも引き続き用意してくれるのは選択肢が広がって有難いですね。


振り返ってみると、2020年モデルのアルティメットCF SL8.0は違いがとても分かりやすくなりました。

  • 非Di2アルテグラのモデルが289,000円
  • プラス8万円でDi2モデルへアップグレード
  • プラス8万円でホイールが軽量ディープリムにアップグレード

2019年モデルでは、コスプロカーボンがついてくるUltimate CF SL Disc Di2 Aeroがとても気になっていたので、2020年モデルは個人的には少し残念な内容になりましたが、採用するホイールは年によって結構変わるようですので、引き続き来年以降もキャニオンは要チェックですね。



 


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村