■ 10分間のスプリントが筋肉を健康に保つ秘訣らしい

ロードバイクにおけるスプリント。
私のような週末ローディーにはあまり縁のない行為だったりします。

レースでスプリントかまして一気に走り切る必要もないわけで。

その為、自宅でローラー台に乗る時にも、LSDトレーニングだったり、TEMPO走、スイートスポットトレーニングのように「一定の出力で淡々と走る」類のアクティビティが多くなりがちでした。

ですが、コペンハーゲン大学の研究によると、10分間のスプリントは筋肉を健康に保つのにとても効果的らしい、という結果が出たそうです。

元記事はこちらになります。
 







1. 実験内容

本研究内容は比較的小規模なものだったようです。

  • 26歳から28歳までの健康で普段トレーニングを実施していない6人の男性が被験者
  • エアロバイクで8〜11分の1回の激しいトレーニングセッションを実施
  • 血液検査と筋生検を、乗車の前と直後に実施

血液検査だけでなく、筋肉の生検まで実施しているのがすごいですね。

2. 筋肉が健康になるメカニズムとは?

筋肉が健康になるというのは、どういうこと?と疑問に思ったのですが、筋組織が古いものから新しいものに入れ替わる働きを促進してくれるんだそうです。

  • 短時間の高強度な運動がユビキチンと呼ばれるタンパク質分子の活性を高めてくれる
  • ユビチキンは古いタンパク質に付着して急速に分解してくれる
  • 古いタンパク質が分解されることにより、新鮮なタンパク質に入れ替わる
  • この性質により、ユビキチンは “the death-marker protein” と呼ばれる

デスマーカープロテインとはすごい呼び名ですね・・・。 



3. なぜ自転車が効果的なのか?

お分かりかと思いますが、「短時間・高強度の運動」であれば事足りるようなのですが、本研究を実施た教授によると、「素早く運動強度を上げることができる点で、自転車は最適な運動の一つ」なのだそうです。

なお教授はスプリントだけでなく、巡航速度で走り続ける場合であっても、(当然のことではありますが)運動をしていない状態と比べれば筋肉を健康に保つのに効果的であると述べています。
個人的に、自転車で「筋肉ムキムキ」になりたいわけではありませんが、筋肉を活性化させて健康な状態を保つことができるというのは有り難いですね。
ライドに出かければ、スプリントではありませんが、ちょっとした峠道で高強度の負荷をかけられることはありますが、屋内のローラー台だとそこまで強度を上げていませんでしたので、今後は高強度なトレーニングも少し取り入れていこうかな、と思いました。








にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村