■ フィジークサドル アンタレスからアリアンテへの変更を決意


年始一発目の記事がいきなり物欲全開モードといのも何ですが・・・。


今まで一度も手を出してこなかったパーツの1つがサドルです。
それは何故か。

何に手を出したら良いか分からないからです・・・。

各社製品見て見ても、売り文句だけではよく分からず。
先輩ローディーのブログ記事を読み漁っても、かなーり個人差がありそうな気配がプンプンしており、実際に試してからでないと購入に踏み切るのが躊躇われていたのです。

何より、そこそこお値段するものばかりですから、軽い気持ちで手を出せるものでもなく。
万が一失敗した場合、全く使うこともなくお蔵入りするリスクもあるので、踏ん切りがつきませんでした。

1台目のバイク(ジャイアント)も付属のサドルで2年間、特に不満も出ませんでしたし、現在乗っている2台目に付属していたフィジークのアンタレスR7についても、特に致命的な欠点があるわけでもなく、今まで特に考えないようにしてきました。





そんな折、先日ビアンキの試乗会が開催されていたので出かけたきたわけです。

まず1台目のオルトレXR3ディスクについていたサドルがこちら。

OLTRE-01


2019年モデルだったようで、サドルはセラサンマルコの Aspide Open Fit Startup でした。
正直、オルトレXR3に乗っているのが楽しくて、この段階ではあまりサドルにまで意識が回りませんでした。

ま、違和感なく、特に問題もなく乗れていたということなんだと思いますが。


infinite-01


2台目に乗ったのがインフィニートCVだったのですが、付属していたサドルがフィジークのアリアンテR7。
ここでハタと気づきます。


あれ、アリアンテ、
なかなか良いかも。


足を回した時に太ももがサドルにこすれる感覚が普段乗っているアンタレスよりも少なく、自然に回せるような気がしました。

と言ってもたかだか15分程度の試乗ですからアテにはならないかなー、と深く考えなかったのですが。


最後に乗ったスペシャリッシマに付属していたのがこちら。


specialissima-05


カラーはチェレステで「ザ・ビアンキ」ではありますが、サドルは乗り馴れたアンタレス。
奇しくも「アリアンテ→アンタレス」と乗り比べることとなりました。

  • 乗った時のお尻の座り具合は乗り馴れたアンタレスが落ち着く
  • ただ、ペダル回した時の脚の付け根の回しやすさはアリアンテの方が上

はい。
改めて再確認することができました。

そうなると、何となくアンタレスが気になってくるんですよね。


で、自宅に帰ってから調べると、フィジーク には便利なアプリがあることがわかりました。

その名も「スパインコンセプトEVO」。
格好良いネーミングですね。

詳細はこちらにまとめられていますので、気になる方はどうぞ。


フィジークの提唱するフィッティング理論「スパインコンセプト」が、身体の柔軟性に体重やパワーも加味して「スパインコンセプトEVO」として進化しました。(2018/1/18更新)


早速アプリをダウンロードして調べてみます。


sadle-01


こちらがスタート画面。
胸の前にスマホを当てて、テスト開始をタップします。
そのままぐぐくっ、と前屈してそれ以上曲がらないところでストップすると、計測完了。


sadle-02


はい出ました。私は「BULL」だそうです。
体の柔軟性が低いタイプですね。
前屈も全くできませんし、ほんと体硬い人間ですので、何の違和感もありません・笑


sadle-03


ほほーう。
体が90度と曲がっていないようですね。


sadle-04


私にはウェーブサドルが合っているようです。

ちなみに今まで使っていたアンタレスは体の柔軟性がごく普通の人向けな、フラットとウェーブの中間的な形状のサドルでした。

ちなみにこの後、体重と平地で巡行維持できるスピードを入力する画面になるのですが、そこで値を入力するとこんな画面に遷移します。


sadle-05


サドルの横幅も通常のレギュラーと少し広めなラージの二種類があるのですが、私はレギュラーで良いそうです。


sadle-07


で、オススメのタイプが決定しました。

4時間以上のライドに出かけると、帰宅後少し痛みが出ることがありましたので、今回はオープンサドルにチャレンジしてみようかな、と思います。

フィジークのサドルは、数字が大きいほどグレードが上になりますが、グレードが上がる程にサドルのクッション性は低くなるのと、ガイドレールがカーボンになりますので、乗り心地やメンテナンスの気軽さを考えて、程よいアリアンテR3を購入することに。





今回はビアンキの試乗会で短い時間ではありましたが試乗した実績もありますので、大外しすることはないかなー、と思いつつも、今からドキドキです。

私のお尻にフィットしてくれると良いなー。



 

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村