■ そして悲しくうたふもの


故郷を歌った詩ですね。今日は故郷のお話・・・ではなくかの有名なオギノパンのことです。なんか、このタイトルで結論は見えてますよね・・・汗



本日のルートはこちら。12月に入って初めてのロングライドです。というのも、12月になるとブタクサの花粉に盛大に反応してしまいまして、鼻も喉も荒れ荒れ。ただ呼吸するだけでもぜーぜーいう感じだったもので、なかなか走れずにいたのです。
少しずつ症状も治まってきたので、そろそろ走ろうかな、ということで今回はオギノパンを目指すことにしました。
ローディーの間では有名らしく、一度近くを通った時に店先に群がるローディーも目撃済み。一度あげぱんを食べに行きたいな、と思っていたのですがなかなか機会がなく実現に至っていませんでした。
実は以前宮ヶ瀬湖ライドには行ったことがあるのですが、オギノパンに抜けるルートを走ろうとすると、地図上でもわかるのですがトンネルが多いんですよね。
そうなると、安全の為にはライトがあった方が良いなーと思いつつ、実は最近までリアライトを購入していなかったもので、いつも候補には挙がりつつも先回しにしていたルートなのです。

冬になってきて日が沈むのも早くなったもので、リアライトも購入済み。
久しぶりのロングライドです。


■ この冬一番の寒さにたじろぐ


実は私、冬のロングライドは初めてです。
昨年の冬にロードバイクを購入してちょうど一年。購入後の数ヶ月はながーーーーく空いたブランクを埋める為に、近場の多摩川サイクリングロードを走る程度。
バイクを購入してすっからかんになったお財布では冬用のウェアを新調することも叶わず、アウトドアブランドのインナーウェアにユニクロのドライウェアを重ね着し、20年ほど前のチャリダー時代に購入したウィンドブレーカーを着て誤魔化していました。
寒さもありますが、まだ脚力も体力もついてこなかった為、1日に40km走るのがせいぜいでした。

今年は冬用のウェアも揃えたので寒さ対策は万全のはずでしたが、どうもこの日はこの冬一番の冷え込みになる模様。最高気温は当然10度には届かず。
走り出した朝8時台は気温はわずか2度でした。こりゃ寒い。

pic_00

昼になったら太陽が顔を出しますとか言ってたけど、怪しい空模様です。

pic_01

朝焼けっぽいですが、既に8時過ぎ。
なんか気が滅入りますよね。

寒さにひーひー言いながら走っていると、空気の冷たさもあってか、喉がぜーぜー言い出します。
なんかとっても嫌な予感。
花粉で荒れた喉に冷気が染み渡ります。

pic_02

大栗川に到着すると、寒さが一段と厳しくなってきます。
我が家から八王子、橋本近辺に来ると気温が1-2度は下がる気がします。

ここにきて喉のぜーぜー言う音も大きくなってきてほぼフラットの道にもかかわらず息があがってきます。大栗川って、こんなに走るのしんどかったっけ?

なんとか途中の補給地点であるパンパティに到着。
いつ来ても人気でレジには行列ができていますが、暖かい店内で暖が取れるのでこの日は待ち時間も気になりません。パンを購入して外のベンチに座ると、一気に冷気が身体中に染み渡ります。

pic_03

いつ来ても食べるカレーパン。
実はこの写真は10月頃に撮ったもの。
この日も写真撮ったのですが、寒さに手が震えてブレブレ。撮り直す気力も失せてしまったので資料映像ということで。。。

寒さにふるえながらパンを食べ、サービスのホットコーヒーを飲み終えると、案の定悪魔の囁きが。

今日はもういいんじゃね?

ですよねー。。。 
紙コップの外に残ったわずかな数滴のコーヒーとにらめっこしながら、頭の中で先に進むか、諦めてここで折り返すか悶々と悩むこと1分。

さ、今日は帰るか。

ここで帰っても70km超は走ったことになりますので、初めての真冬ライドとしては良い経験になったと言えるのではないでしょうか。

喉がぜーぜーいってるときは、走っちゃダメですねー。



■ 帰宅して気づく。足が痒い。

予定より早く自宅に帰り着きましたが、この日は有給が取れた平日でしたのでインフルエンザの予防摂取でも受けに行くかー、と着替えていてはたと気づきます。

足の指がめっちゃ痒い。。。

え?数時間のライドで足の指がシモヤケ・・・?
この日はシューズカバーもつけていて、防寒の為に靴下は少し厚地の・・・ユニクロのヒートテック靴下を履いていました。

それだ。。。

ローディーであれば皆さんご存知かと思いますが、自転車のように大量に汗をかくスポーツにヒートテックはご法度。
ヒートテックは保温効果は高いですが、吸湿速乾性には著しく劣ります。
結果、汗がじっとり溜まることになり汗冷えの原因にもなるので決しておすすめされていません。

靴下だって一緒ですよねー。
勉強になりました。

ウェアを脱ぐと上半身、下半身ともに体の表面はさらっ、としていたのに足だけは汗でべたべた。
蒸れと冷えのダブルパンチが長時間繰り返されると、こんなに足って痒くなるんですね。

タオルで汗を綺麗に拭いたうえで、足指5本が分かれているユニクロの靴下に履き替えて追加の汗対策も実施したところ、ものの30分とたたずに痒みは治りました。
翌日もシモヤケになったわけでもなく、本当に一時的なものだったようです。






(結論)なんか、色々と勉強になるライドでした。
    ただ、ライドフィニッシュでは・・・ないですよね・・・。
         早くあげぱん食べたいです。