■ 今更ですが新年祈願ライド(ケイデンスについて考える)

冬は寒いですね。
当たり前です。

昨年1月もロードバイク購入直後にもかかわらず、冬場で寒いということで40kmほどしか乗れなかったのですが、このままだと同じ轍を踏みそうということで、無理やり平日に休みを取ってライドに出かけることにしました。
有給休暇を取ったにもかかわらずライドに行かなかったとなると、そりゃもう後悔しまくりになるわけで、休みを取ることで自分を追い込む作戦です。



とはいえ寒い中峠道を走る気にもなれず、無難に平坦なルートを探すことに。
で、今更ですが年も明けたということで、お参り兼ねたルートを作ってみました。



多摩川原橋を起点にして56kmのルートになります。
我が家からだとトータルで80km弱のルートですので、距離的には「頑張りすぎない」程よいルートですね。

こちらは走行後に記録されるstravaの高度マップ。

49

多摩湖自転車道の一番奥、高度が最も高いところでも150m程度ですので、足慣らしに最適です。
マウンテンバイクだと、これに狭山湖周遊を加えるとプチ林道気分で楽しめるのですが、ロードバイクだと少し路面が荒れている場所もあるので今回は無難に多摩湖周遊としました。

で、このルートだと、谷保天満宮と深大寺にお参りできますので、今回はのんびりお参り気分で行ってみようと思います。

ただ漫然と走るのはつまらないので、今年の課題「ケイデンスをもう少し上げてみよう」にもチャレンジしてみることにしました。
多摩川サイクリングロードを走りながら周りのローディーを見ていると、皆さんケイデンスが高いんですよね。よくロードバイクのケイデンスは「80〜100」といった話を聞くのですが、私は巡行速度でもケイデンスは80〜85程度。
軽快に走っている方の足の「くるくる具合」を自分と比べてみると、明らかに皆さんの回転数は私より上。ということは、90〜100くらいで走ってるんですよね。

昔のチャリダー時代には、「とにかく楽して長距離走る」という考え方が強かった為、程よいギアでゆっくりペダルを回していました。今でも無意識に乗っているとケイデンスは75くらいでのんびりモードになってしまいます。

ローディーを名乗るからには、もう少しケイデンスを上げた格好良い走りを目指してみようかと。

■ 谷保天満宮と大学通り

私も学生の頃に合格祈願でお参りしたことがあるのですが、東日本最古の天満宮なんですね。亀戸天神社・湯島天満宮と合わせて関東三大天神と呼ばれるそうで、交通安全発祥なんだそうです。菅原道真公が御祭神ということで、受験シーズンになると学生で混むんですよね。

img_01

で、何故か鶏さんがあちこちに。。。
なんとなく和みます。

多摩川サイクリングロードは「平坦な道を気持ちよく走りたい」という欲求を叶えてくれますが、夏場は逃げ場がなく暑くなります。他方多摩湖周遊ルートは適度なアップダウンがありつつ木陰が多いのでこの2つのルートをつなげると東京近郊で満足度の高い走りができるのですが、この2つの地点をつなぐ丁度良いルートがまだ見つけられていません。

ということで、愚直に「まっすぐ」2地点を結びつけて走っていたりします。

多摩川サイクリングロード沿いでとても有名な「Y'sロード府中多摩川店」の横で北進すると、谷保天満宮、
大学通りを経て国立駅にたどり着きます。
途中かなり細い道を通ったりしますが、西東京のこの辺りは基本的に碁盤状に道路が整備されている為、道は細い箇所が多いですが「南北に走っている道があるはず」と信じて北進すると多摩湖に到着することができるのです。

route_01
若葉町団地入口までたどり着くことができると、その先は比較的走りやすい道が続きます。
ただこのあたりはラーメン屋が多い為、開店前の仕込み時間に通ると美味しそうなスープの香りでお腹がぐーぐー鳴ります。



■ 多摩湖自転車道

西東京に住んでいるチャリダーであれば、誰しも一度は走ったことがあるのではないでしょうか。
五日市街道と井の頭通りが交差する武蔵野市関前五丁目交差点を起点にして、多摩湖までひたすら真っ直ぐにつながっているサイクリングロードです。
ただ、車止めがやたらと多いのでのんびりクロスバイクで走る分には良いですが、ロードバイクだと少し「引っかかり過ぎる」ので、最近はあまり走っていませんでした。
今回も多摩湖のふもと、武蔵大和駅までは多摩湖自転車道を使わずに走ってきましたが、そこから先はとても快適な自転車道になります。
多摩湖の周囲をぐるっと走ると11km程度ですが、程よいアップダウンがあり、走っていて気持ち良いです。
道路も多摩湖の時計回りルート用、反時計回りルート用と白線で区切ってくれていて、決して道幅が広くはないですが走りやすいです。
休日だと、ジョギングをしている人が多かったりするのでスピードの出し過ぎは禁物ですが、今日は平日ということもあり終始25km/hr前後、ケイデンスも90〜100で快調に走ることができました。

img_02

こんな休憩スポットもあったりしますので、暖かい季節だとのんびり補給するにも良いです。
ま、がっつり走る人からすると、周回11kmなんてあっという間で補給する必要性なんかないのでしょうが。。。

img_03

学生時代には多摩湖まで自転車で来てのんびり本を読むのが好きでした。
昔はここまで堤防も整備されておらず、柵を乗り越えて(ほんとはダメなんですけどね)柵に寄りかかってのんびりしていました。

そろそろお腹も減ったなーと再び走り出すわけですが、この時右足の膝裏に少し違和感が。
ペダルを漕ぐ度に軽い疼痛が走ります。
今日はほとんど平坦な道ですので、それほど脚を使って走ったわけではないので何が原因か分かりませんが、なんとなく嫌な感じ。

とはいえそろそろ腹ごしらえしないとハンガーノックになってしまいますので、今日のもう一つの目的地目指して走り始めます。

元来た道を南進して戻り、西武拝島線の線路が見えたら左折、東進します。
そこから先は、例によって「信じて南に」走ります。
アバウトですね。。。

route_02


■ ザ・ご近所ラーメン屋さん(とんとんラーメン)

この辺りに来るとよく寄っているラーメン屋さんがあります。

img_04

府中街道から少し西に入った、恋ヶ窪と西国分寺の間辺りにあるラーメン屋さんです。
駐車場もなく、地元の人しか来ないようなラーメン屋ですね。
とんこつ醤油系ですが、こってりし過ぎておらず、チャーシューやネギ、果てはワカメと一つ一つの具が美味しくトータルでとても満足できるので、近くに来ると「また行こうかな」と思ってしまうお店です。
ラーメンも大・中・小とサイズがあり、それぞれ100円刻みで値段が上がりますが、ここの小が他店の普通サイズ。中が大盛りサイズ。大だと言わずもがな。
この日は空腹に負けてネギチャーシューの中を食べましたが、その後自転車に乗って少し後悔。小でも良かったかな。。。

自転車ではあまり走りたくない府中街道ですが、南北を貫く利便性の高い道路なのですが、最近になって新府中街道が一部開通となりました。
このラーメン屋は新府中街道の起点近くにあり、隣にセブンイレブンがあるので自転車乗りとしてはとても便利なところにあったりします。

新府中街道は現在交通量も少なく、それでいて道幅も十分。とても走りやすいです。そのまま南進して東八道路を東に折れ、あとは深大寺を目指します。


■ 深大寺蕎麦って美味しいですよね

ただ、この辺りから右膝裏の痛みが結構ひどいことに。
深大寺の近くに来た頃には、もう我慢できないほどに。。。

深大寺でお参りとか、やっとられんわ。

ということで、華麗に深大寺スルー。。。
ま、ネギチャーシュー中のせいで、深大寺蕎麦が食べられそうな雰囲気ではありませんでしたが。

ラーメンを小サイズで我慢したうえで、深大寺で蕎麦をすする、というのが正解ですねぇ。
次回はそうしよ。




あー、くやし。




■ ケイデンスの奥の深さに打ちのめされる

で、謎の膝裏の痛みですが、ひーひー言いながら自宅に着いた頃には立ってるのもしんどいほどに。
それ以外の筋肉には痛みどころか疲労もほとんどない状況。
翌日になっても筋肉痛にすらなりませんでしたが、膝裏のみ痛い状況は変わらず。
何かの筋を痛めてしまったようです。

この日でいつもと違った点といえば、ケイデンス高めに走った、それだけです。普段80km〜100kmほどのライドだと、平均ケイデンスは75〜77程度になることが多いです。これは峠道でもフラットなルートでもあまり変わらず。
この日は多摩湖あたりでサイコンを確認したときには平均ケイデンス82。自宅に着いてログを確認すると、平均77に。
ということは、後半足の痛みが出てからは70すれすれで走っていた模様。

足に疲労があるわけではないのですが、回転数を高めるだけで、これまで使っていたのとは異なる場所に負荷がかかっていたのでしょうか。
人間の体って、とても繊細にできてるんですね。。。




(結論)回転数を5%程度上げるだけでこの有様・・・。歳だから、ではないですよ。ケイデンスの奥が深いだけですよ。

 


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村