マグカップを割ってしまいました。

58
 

実は紅茶大好きな人間でして、ダージリンだったらファーストフラッシュやセカンドフラッシユよりも、香りと苦味のバランスが良いオーヌムナルが好きだったり、ミルクティー作るなら定番のアッサムや無難なニルギリよりも、甘みが強いキャンディが好きだったり。それでいてどっちもコスパが良いよね、とか以下自重。

そんな紅茶愛の強い人間だったもので、学生時代、「結婚したら良い茶器をプレゼントしてね」と仲の良い友人たちに事前予約をしておりまして、数年後に無事頂いた結婚祝いがペアのマグカップでした。



そのマグカップを今日床に落として割ってしまったのです。

  • 父:「うあー・・・」
  • 娘:「どうしたの?」
  • ち:「大事にしてたカップ割っちゃった・・・」
相当落ち込んだ顔してたのでしょうか。
私の顔を覗き込み、床で割れているコップを見て一言。
  • む:「だいじょうぶっ! ママには娘ちゃんが落として割ったって言ってあげるからっ!」
どうやら大切にしていたものを壊した悲しみというよりは、このままではママに怒られてしまうっ、と心配してくれた模様。
  • ち:「(笑ったらあかん)あー、大丈夫だよ! ママはわざと壊したわけじゃないから、怒らないと思うよー」
  • む:「ほんと?」
  • ち:「心配してくれたんだねー。ありがとうね」
と言いつつ、まだ落ち込んだ顔をしていたのでしょうか。

  • む:「それって、また新しいコップ買えるの?」
  • ち:「(10年から前の型だから、今もあるのかな? って余計なこと言うとまたアレだよな)大丈夫。買えると思うよー」
  • む:「ちょっと待ってて!」
なにやら部屋に戻ってごそごそやっているお嬢様。

  • む:「はいっ!」
差し出された小さな右手には、百円玉が一枚。
思わずホロッときましたね。

 娘の優しさだけ頂いて、差し出された百円玉は娘の貯金箱に戻させて頂きました。

大切な思い出の品を壊したわけですが、娘の優しさに触れることができたので、ひとまずは良しとしましょう。



まずはボンドで補修してみようかな・・・。



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村