■ 実際のライドでシマノU-2を使用してみてのインプレ

実際にライドで10回くらいは使用してみましたので、ぼちぼち実装レポを書きたいと思います。
思いますが、あまり書くことないんですよね・・・。


とっても快適です!!
以上!!




なんとも身も蓋もないですが・・・。

頑張って幾つかポイント絞り出してみますかね。

  • 背中へのフィット感
    ドイターレースも背中へのフィット感について不満はありませんでしたが、この点に関してはシマノU-2の方が上ですね。

    U2_33_828

    背中が大きく6つのブロックパターンで分割されていますが、これが緩いカーブを描きながら背中に吸い付いてきてくれます。
    荷物を詰め込みすぎるとこの写真のようにカーブが描けない状態になり背中へのフィット感が大きく下がりますが、適度な荷物量で運用している限りは、文句なしのフィット感です。
  • 「荷重」感
    これもとっても優れています。もともと2リットルの容量ということで、それほど重いものを担ぐことができないという理由もありますが、荷重が背中上部、背中中央(肩甲骨の下あたり)、胸(クロスハーネスを通して)に分散されて、「重さ」を感じません。感覚的には少し重めの上着を羽織っている感じでしょうか。
    ロングライド後に腰や背中に余計な疲労が溜まっていることもありません。
    ドイターレースは当然これよりも沢山の荷物を詰め込むことができます。カメラや交換レンズを入れることもできるわけですが、ドイターレースの場合、シマノU-2と違って「腰」にも荷重を分散させますが、カメラのように重さのあるものを入れてしまうと、その荷重は特に腰にかかりやすくなるため、100kmを超えるライドにもなると、ライド後少し腰に疲労が溜まっていたりします。
    良くも悪くも重いものを入れられない、かつ腰への荷重分散がないことから、シマノU-2ではそういったことはありません。
    (ま、フェアではないですよね。ドイターレースでも重いもの入れなければ同じように余計な疲労は溜まりませんのでその点は悪しからず)
  • 背中の通気性
    冬〜初春にかけてのレポなので、その点はご容赦を。
    この時期であれば、背中のムレはありません。ジャージやインナーを脱いだ時に、他に比べて背中が汗でびっしょり、みたいなこともありません。
    ただ、感覚的には通気性はドイターレースの方が上に感じました。
    また夏場に試してみたいと思います。
  • 使い具合
    サングラスのホルダーは便利ですね。
    ヘルメットを引っ掛けるフックがあるのですが、使っていません。自転車降りた時って、被ったままか、食事で席に着いたときか、みたいなケースがほとんどなので使いことがあまりないかもです。輪行する時には便利かもですね。
  • 背中への「固定」感
    これは、がっつり固定されてくれています(日本語ヘンですが)。
    私はウェストベルトは邪魔なので使っていませんが、それでもがしがし漕いだり、ダンシングしても背中で暴れることはありません。
    これも、容量の関係からそもそも重いものが入っていないから、という身も蓋もない理由からかもしれませんが、その点を差し引いても満足行く固定感が得られます。
    ただし、ドイターレースとは違って、チェストハーネスは必ずつける必要があります。ドイターレースの場合、チェストハーネスをつけなくても、いちおう背負ったまま走り続けることはできます。(つけた方ががっちり固定されるのでそちらがおすすめではありますが)
    シマノU-2の場合、胸のクロスハーネスをつけないと、きっちり固定されずにぶらぶらするので、とてもそのまま走る気にはなりません。
    ロードバイクではあまりないかもですが、昔マウンテンバイクでツーリングしていた時、夏場で暑かったりすると、チェストハーネス外して、わざと肩からショルダーベルトをずらして背中から「半分」バックパックを下ろし気味にすることで背中に大きな空間を作り出し、背中の蒸れを解消させるという荒技をよくやっていました。シマノU-2だとこの荒技は使いずらいかもです。
    (そんなことやる人、あまりいないですかね・・・?)
最後におまけですが、撥水性は結構しっかりありました。

back_pack_11

以前のライドで予期せずに雨に降られてしまいましたが、1時間ぐらい雨の中を走っても中の荷物は守られてました。
タオルは触ってみると少しだけしっとりしているかな?という状態でしたので、防水、というわけではありませんが中にいれていたスマホは濡れることもありませんでした。
ティッシュで拭くとささっ、と水滴も汚れも取れましたのでメンテナンス性は良さそうですね。

以上、良い点ばかり書きましたが悪い点を挙げるなら、それは「容量が少ない」ことに尽きるかと思います。
その点を理解してうまく使い分けることができるのであれば、とっても便利なサイクリングバックかと思います。



(結論)コンビニ休憩の度に荷物を移し替えたり、ジャージのポケットを使いたくないような人には、とってもおすすめです。


 


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村