■ 騙されたつもりでバーエンドミラー購入

私はレースに出ているわけではありませんので、自分の背中が気になることはあまりありません。
路駐車両を追い越す時や、反対車線にしかコンビニがなくて道路を横断する時など、後ろを気にする機会は1時間走っていて数回あるかどうか。

とはいえ、ロングライド終盤になって後ろを振り返る、というアクションはそれなりに億劫なのも事実。耳をすませて、明らかに後ろに車両がいそうな時にはそもそも振り返りませんが、何度も振り返って、を繰り返さずに済むのであれば楽だよなぁ、ということで、ハンドルバーやバーエンドにとりつけるミラーの存在はかねて気になる存在ではありました。



いくら便利になるといっても、ハンドルから大きく張り出すようなミラーだと邪魔になるだろう、ということでコンパクトなものを探していたところ、お値段も手頃だし、ということでこちらの商品を購入してみました。



mir_03

走行時の風圧0、という謳い文句は間違ってはなさそうですね。
とってもコンパクトです。

mir_01

バーエンドの丸い部品をこじって外して、代わりに突っ込むだけ。
とってもシンプルですね。

ただ、シンプルであるが故に、停車時に何かに当たるとすぐに取れそうになります。
両面テープで止めるとか、何かしら手立てを講じないとあっという間に失くしてしまいそうです。

mir_02

取り付けイメージはこちら。


まぁ、小さい。



小さいということは、邪魔にならないということでとても大きなメリットになりますが、その分ミラーも小さいわけで。

ミラーの角度、ミラーを覗き込む角度がばっちり合わないと、後続車両が全く確認できません。

逆の言い方をすると、ミラーの角度を合わせて、見方に慣れてくれば後続車両を確認するという目的はきちんと達成されます。


なんか、持って回ったような言い方ですよね。


何が言いたいかと言うと。


ちょいと微妙。



角度調節機能があるので、最適なポジション出しはできるのですが、ちょっとぶつけるとすぐにポジションが変わります。
その度にもう一度ポジション調節をぐりぐりするわけですが。
それがだんだんと面倒になってくるわけで。

あと、視線移動もそれなりに大きく必要なんです。

  • 正面を向いていて、後ろを振り返る
  • 正面を向いていて、下部斜め右のバーエンドを覗き込む

これって、視線の移動距離だけみると、あまり大差ないんですよね。
後ろを振り返るのは、上体を捻る動作が必要になるので体の動きは当然前者が大きくなるのですが、視線移動という観点からは大差ないわけで、スピーディーに確認できるわけではないんです。

これがハンドル上面に取り付けるような製品であれば視線の移動距離も少なく済むのでしょうが、その手の商品はハンドルバーから張り出して邪魔になるようなものが多いようで。

あちらを立てればこちらが立たず、といったところでしょうか。



ま、視線移動に慣れてしまえば、後続車両の存在をざっくり確認する、という目的は達成できるグッズになりますので、後ろを振り返る回数を減らすことはできます。

ちなみに、このミラーで確認して車両が確認できなかったからといって鵜呑みにするのは危険ですので、車影が確認されたら振り返らないで時間を置く、車影が確認されたら振り返って本当にいないことを確認してから車線変更、という使い方をおすすめします。









(結論)ないよりは、良いかなぁ・・・。


 


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村