■ dhb メリノ長袖ベースレイヤーのサイズを徹底比較(モンベルジオラインLWと比べてみた)

この冬最もハマったもの。
それは「メリノウール」かもしれません。

数年前からモンベルのスーパーメリノウールとジオラインはそれぞれ愛用していたのですが、どうも汗っかきな体質なもので、汗抜けの良さからジオラインを使うことが多く、スーパーメリノウールのシャツは使用頻度があまり高くありませんでした。

ただ、ここ最近自宅でテレワークの機会が増えてきたわけですが、じっと座って仕事をしている時にスーパーメリノウールを着てみたところ、まー暖かくて快適なんですよね。

あと、かれこれ5年以上愛用してきた帽子がそろそろ縮んだり傷んできたので買い替えようと調べてみたら、実はメリノウール製だったことが判明。
性格がいい加減なだけなのですが、以前アウトドアショップで安くなっていて、被ってみたらぴったりだったという安直な理由から購入したのですが、実はスマートウールというメリノウールで有名なブランドの帽子だったんですね。





そんなこんなで、メリノウールって良いよね、と勝手に盛り上がっていたのですが、先日Wiggleでチェーンワックスを購入する際に、送料無料にする為にメリノウールのベースレイヤーを購入しましたので、今回はそちらのレビューとなります。
 






1. メリノウールの特性をおさらい

まずは最近どハマり中のメリノウールの特性をおさらいです。

  • 水分を吸収、放出することで適度な水分量を保つ除湿性に優れています。
  • 高い保温性。メリノウールは夏は涼しく、冬は暖かいという素晴らしい特性があります。
  • 生地に適度な弾力性があることから、型崩れしにくい
  • メリノウールは匂いの原因となる菌を抑制する働きがある為、高い防臭力があります。

常にサラサラの乾いた着用感を望むのであれば、化学繊維性のインナーを着た方が良いです。メリノウールは水分を含んでも綿のような肌に張り付く不快な着用感はまったくありませんが、若干のしっとり感は感じます。
私がモンベルのスーパーメリノウールよりもジオラインを愛用している理由がこれですね。

ただ、保温性か高く、型崩れしにくいという点は非常に実感しています。
ジオラインも何度洗濯してもなかなか型崩れはし難く、かなりよくできた素材だなと感心していますが、スーパーメリノウールはさらにその上を行きますね。ほんと型崩れしません。

また、夏場にジオラインを着ると、まー汗臭くなりますが、メリノウールだとほんと匂いが少ないです。

スマートウールの帽子を愛用していたと書きましたが、最初の2年は一切洗濯していませんでしたが、まったく匂いはしませんでした。
インナーシャツのように頻繁に洗うものではありませんが、四十路を超えた中年おじさんだと、帽子ってすぐに匂いがついてしまうんですよね・・・。
シーズン終了時に一度洗濯するくらいで匂いは防止できる点もとても気に入っています。




2. まず購入段階でサイズに悩む(海外通販の難しさ)

海外通販の難しさ、それはサイズ選びではないでしょうか。
実店舗でサイズ合わせをすることができませんからね。

今回はwiggleのコメント欄や先輩ローディーのブログ記事を隅から隅まで読み込みました。

まず一般論として、海外用のウェアは日本人向けと比較して「腕が長い」というのが共通点かと思います。
アウトドアウェアでも、L.L.Beanとか腕が長くていつもサイズ選びに悩みます。
この点、パールイズミ やカペルミュールだと悩むことなく、「Mサイズ」を選んでおけば良いので楽ちんです。

まず、私の個人情報になります。 

身長 170cm
体重 56kg
胸囲 90cm
胴囲 72cm

痩せ型ですね。

で、今回購入を検討した dhb メリノ長袖ベースレイヤーのサイズ表がこちら。

dhb-30

今回はトップスですのでウェストはあまり気にしなくて良いかと思いますが、サイズ表からすると、XSサイズを選んでおけば問題なさそうです。

色々な書き込みを見ると、「とても気に入ったので普段使いとしても使っている」「普段使いで使うなら、ワンサイズ上で良いかも」といった意見が多いようです。



3. ジョギング、ロードバイク用にはXSサイズがどんぴしゃ

まずは、ジョギングやロードバイクで使うことを念頭に、サイズ表通りにXSサイズを購入してみました。

実際に着用してみると、ぴっちり。
ロードバイク用として考えるとジャストフィットではないでしょうか。
生地の厚みこそ違いますが、着用感はパールイズミのウォームフィットドライアンダーに近いものを感じます。





私が着用しているのは、こちらのMサイズ。身長からするとLサイズなのですが、胸囲・胴囲を基準にするとMサイズになります。
こちらもかなりストレッチ性が高く、ぴったり・ぴっちり着ることができます。


で、実際に到着してからジョギング(夜のジョギング、気温は8℃程度)、ロードバイク(最高気温は12℃、最低気温は7℃)で使用してみましたが、かなり暖かいですね。
運動強度が低めな時や、気温が低い季節にはとても重宝しそうです。

で、この段階でとても気に入ってしまいまして、「普段着用にも、もう1着購入しておくか?」ということで、奥様の分と合わせて追加購入することに。



4. サイズ比較 その1(dhbのXSサイズとSサイズを比較)

dhb-01


普段着用ということでワンサイズ上を購入しましたので、2サイズの比較をしてみたいと思います。

カラーは、XSサイズがブルー、Sサイズがカーキとなります。


dhb-11


重ねてみると、思いのほか両サイズにそこまで大きな差はありませんでした。
伸縮性がある為、正確な計測が非常に難しいのですが、身幅にすると2cm程度の違いでしょうか。
丈も2〜3cm程度。

ストレッチ性が高い為、着比べてみても、XSからSサイズに変えても「少し大きくなったかな?」くらいの違いしか感じられませんでした。

実際には、腕を持ち上げたり体をひねったりすると、XSサイズは体にぴったりフィットしているのに対して、Sサイズだと若干のゆとりを感じとることができますので、確実に大きくなってはいるのですが。

中年おじさんの着用写真などあまり見たくもないかもしれませんが、いちおう着比べてみた写真を貼り付けておきます。
鏡越しなので適度に写真の鮮明度が下がっていますが。


まずはXSサイズ。


dhb-14


かなりぴったりですよね。
ただ、窮屈感はまったくありません。
ロードバイク用のインナーとしてはこの位が適正だと思います。


お次がSサイズ。


dhb-15


特にダブつくこともなく、ぴったりフィットしてますよね?
見た目だけでは違いが分からない位かと。



で、面白いのが腕周り。


dhb-12


腕周りに関しては、XSサイズとSサイズであまり大きな違いはありませんでした。
厳密には周長は違うのかもしれませんが、着用してみても腕周りに関してはSサイズの方がゆったりしている、みたいな感覚もあまりなく。


dhb-13


ただただ、長さが違うだけ、みたいな印象です。




5. サイズ比較 その2(dhbのXSサイズとモンベルのSサイズを比較)

ただ、これだけだとイマイチ分かりにくいかもしれませんので、国内で入手し易いモンベルのインナー(ジオライン)とサイズ比較をしてみたいと思います。

まず、モンベルのサイズ表がこちら。


dhb-31


こちらも胸囲と胴囲だけ見るとSサイズなんですよね。
ただ、実店舗で着比べてみたこともあるのですが、普段着として着用するなら、身長に合わせたMサイズの方が着用感は好みでして、普段着としてはMサイズを着用しています。

で、ロードバイクのインナーとして少しタイト目に着る前提でSサイズも愛用していますので、まずはdhbのXSサイズとモンベルのSサイズを比較してみたいと思います。


dhb-03


丈の高さはほぼ同じ、胸囲もほぼ同じですが、身幅はモンベルの方が2〜3cmほど大きくなっています。
サイズ表を比べても、胸囲はdhbのXSサイズとモンベルのSサイズがほぼ同じですのでこちらはサイズ表通りですね。
身幅に関してはサイズ表記がありませんが、実測してみるとdhbの方が小さめとなっているわけですが、ストレッチ性はdhbの方が高いこともあり、実際の着用感(サイズ感)はほぼ同じでした。


dhb-04


腕周りについても、dhbが小さめ(細め)。
こちらも、ストレッチ性がdhbはメリノウールということで高いこともあり、着用感は同じようなものでした。


dhb-06


予想はしていましたが、違いがあるのが腕の長さ。
こちらは明らかにdhbの方が長かったです。
これは海外製だと致し方ありませんね。
ただ、インナーということもあり、これ位の長さの違いであればあまり気にしないでも良いかな、というレベルでした。




6. サイズ比較 その3(dhbのSサイズとモンベルのMサイズを比較)

となると、それぞれワンサイズ上同士だと同じような傾向になりそうですが、念の為比較してみることにします。
ちなみに、胸囲を比較すると、モンベルのMサイズ(90〜95cm)よりもdhbのSサイズ
(91〜97cm)の方が少し大きくなっています。


dhb-07


胸囲は似たようなものかな?という印象ですが、身幅に関してはワンサイズ下同士よりも、こちらの方が差が広がっている気がします。

dhbはXSサイズよりも気持ちゆったり目にはなりますが、それでも体へのフィット感は高いのですが、モンベルのMサイズは体との間に適度な隙間ができます。
dhbのSサイズは、ロードバイクで使用してもそこまで違和感ないかな?という印象ですが、モンベルのMサイズだと、インナーで使うには少しダブつきがあります。
パールイズミでいうと、アウターがベーシックフィットであれば問題ありませんが、レースフィットを着る場合には、モンベルのMサイズだと少し違和感があります。

この辺りは商品性の違いもありますから、当然の違い、なのかもしれませんね。


dhb-08


腕周りはこちら。
明らかに太さが違います。


dhb-10


腕の長さもワンサイズ下同士の比較に比べて、更に差が広がっているような気がします。
 



7. dhbメリノ長袖ベースレイヤーのサイズ選択(まとめ)

ということで、まとめをば。

  1. ロートバイクで使用する場合:
    サイズ表通りで選んで問題ないかと思います。ただし、私のように胸囲だけみると上下サイズのちょうど真ん中にいるようなタイプであれば、どちらを選んでも後悔することはなさそう。上下サイズの中間にいる場合、腕の長さが短めの人であれば下のサイズ、そうでなければ上のサイズ、といった選び方でも良いかも。
  2. 普段着で使用する場合:
    私のようにワンサイズ上のレンジ下限ギリギリにいる人であっても、ワンサイズ上を選んで全く違和感なく着られますので、迷わず上のサイズで良いと思います。
  3. モンベルのインナーをお持ちの方:
    モンベルのサイズ表通りで選んでしまって問題ないです。(サイズ的には、モンベルのXSサイズがdhbのSサイズに対応します)
    胸囲はほぼ同じ着用感になりますが、身幅はスリムになりますので、少しでも圧迫感が少ない方が良いという方であれば、ワンサイズ上にシフトしても良いかも。ただし、腕の長さはかなり変わります。

もともと細身の方であれば、あまり悩まないと思いますが、体の厚みのある方で、腕が短目の人だと選び方が難しそうですね。ストレッチ性は高いのでおそらく問題はないかと思いますが、ルーズな着用感が好きな方だと悩ましいですね。

ちなみに、以下はdbhのSサイズと、モンベルのSサイズの比較です。
モンベルSサイズがぴったりの人であれば、dhbはXSサイズで良いわけですが、ワンサイズ上のSサイズを選んだ場合、胸囲、身幅はあまり気になりませんが、腕の長さはこんだけ変わるぞ、という比較写真です。


dhb-19


私腕の長さは標準かと思いますが、短めの人だと、この辺りの差が結構気になるかもですね。


以上、少しでも参考にして頂ければと。 




dhb メリノ長袖ベースレイヤー





にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村