今年も一年、あれやこれやと自転車関連グッズを買いました。
むしろ自転車に関連しないものって、何買ったっけ?と思うくらい、自転車に関係するものばかり買ってきたような気がします・汗

昨年もあれこれと買いました。





今年ブログで取り上げた自転車関連グッズ、今振り返ってみると50近くありました。
その中で「これは満足度高かった」というものを振り返ってみたいと思います。
 





■ 今年買って良かった自転車関連グッズ(2021)



第10位 脚を痛めるその前に

自転車だけでなく、ジョギングでも大活躍。





気づけばアラフォーではなくアラフィフにになっていたおじさんですので、ライド前に筋肉をほぐしておかないとすぐに脚を痛めてしまいます・汗

ラジオ体操をするくらいでは足りず、ストレッチが必要なのですが、ストレッチ前にトリガーポイントでぐりぐりやると、だいぶほぐされるんですよね。
これでライド中の「ぴきっ」と来る痛みからも解放されました。





第9位 定番になるには理由がある

最近再レビューも実施しましたが、ロードバイクのバーテープでおすすめと言えば、必ずその名前が上がるスパカズ。





ほんと定番商品になるには理由があるんだなー、としみじみ実感。
適度なクッション性とすべりにくさが高次元でバランスされているだけでなく、何よりも高い耐久性が素晴らしいです。 





第8位 サドルバッグはこれで買い納め?

これまで購入したサドルバッグは、かれこれ5つほどあります。
ペースとしては毎年1つは買い足す勢いですね・汗

そんなサドルバッグ探しの旅に終止符を打ってくれそうなサドルバッグ。
アピデュラレーシングサドルパック。
ちょいとお高いんですけどね。。。





少ない荷物でも、多い荷物でもどちらにも対応可能な点がほんと素晴らしいです。
宿泊込みで数日走るようにでもならない限り、このサドルバッグで買い納めで良いかな?と満足しています。 



第7位 ドライ系チェーンルーブの決定打

こちらも定番のチェーンルーブ。
Muc-Off C3 ドライセラミックルーブ。





ドライ系のチェーンルーブは、個人的には今後はこれ一本で行けそうな気がします。
春以降でライドの頻度が上がった頃には、Squirt Dry Lubeが復活しそうな気もしますが、その2本の使い分けで良いかな、と大満足。





個人的には、Muc-Off が 600km持続する耐久性があれば完璧なんですけどね。
さすがにそれは無理でしょうから、しばらくは使い分け、ですかね。 





第6位 指先の冷えが全くなくなりました

冬場のライドは、しっかり準備して臨まないと苦行でしかありません。
寒さ対策としては、末端の冷え対策がとっても重要になります。
上半身、下半身といった体の中心部分は強度を上げれば暖かくなりますが、末端はどんなに強度を上げても体温なんてすぐには上がってくれません。

足先はシューズカバー、顔&耳はバラクラバでいち早く寒さ対策できていたのですが、指先は結構悩んでいました。

暖かいグローブを使うと汗をかいた時の汗冷えに悩まされ、薄くしてしまうと冷風で指先がしびれることに。
このバランスが難しいんですよね。

そんな中出会ったのがファイントラックのパワーメッシュグローブ。




こいつのお陰で、グローブは「防風&5℃対応」を選んでしまえば、12〜13℃くらいまでの温度帯であれば幅広く対応できるようになりました。

ほんと素晴らしい製品だと思います。





第5位 ローラー台を快適にするパンツ

ローラー台でのトレーニングを快適にしてくれるパールイズミのベンチレーションパンツ。





そこにお金をかける? 安いやつで良いんじゃない?と散々悩みましたが、買ってしまえば大満足でした。

今のベンチレーションパンツを履き潰しても、間違いなくリピ買いするほど気に入っています。 





第4位 足回りを快適に

昨年はタイムのペダルを購入した際にシマノのシューズ(RC-5)を購入しました。
軽くて良いシューズだったな、とは思いますが若干耐久性は弱かった気がしています。
比較的すぐに、かつ簡単に傷がついてしまうんですよね。





それ以前はフィジークのSPD用シューズを履いていたのですが、これがまた丈夫でした。
それならロード用のシューズもフィジークにしてみようか?と、今年になって新調。





丈夫なのはSPD向けだから、というわけではなく、やはりフィジークだからだったんだね!という位、丈夫ですし、十分軽量。
足にもぴったりフィットしており大満足。

加えて、シマノのカスタムフィットインソールも追加投入。





更に足へのフィット感が増加。
ペダリングも楽になり、この組み合わせはとても気に入って使っています。





第3位 新しいビンディングペダルにチャレンジ

今年はそれまで使っていたタイムのビンディングペダルから、新しく発売された Wahoo スピードプレイのペダルに交換しました。





とても気に入って使っていますが、その後イージーテンションクリートも追加購入。





いやいや、全てのクリートをイージーテンションにしても良いんじゃない?と言いたくなる位、クリートの脱着がとても快適になりました。

クリップイン&アウトも快適ですし、何より両面キャッチ可能なビンディングペダルはとにかくストレスフリー。

ビンディングペダルも、これでもう浮気しないで済むかな?と思っています。 



第2位 あれもこれも数値化してしまうスマートウォッチ

かれこれスマートウォッチ歴が長いのですが、今年はジョギング熱が再発したことから、ForeAthlete 745 を購入しました。





ライフログ、ライド時の心拍計、ジョギング時のログ取得と、大活躍してくれています。

半透過型メモリーインピクセル(MIP)ということもあり、アップルウォッチや、同じくガーミンの Venu2 などのLED液晶に比べるとディスプレイの美しさは一歩譲りますが、Corning Gorilla ガラスDX による内面反射の少なさにより、それまでの Vivoactive シリーズとは比較にならないほど見易くなりました。

そう考えると、常時表示型のスマートウォッチとしては、ディスプレイは美しく見易い部類となるわけで、今ではこれでとても満足しています。





第1位 毎回使うものこそ良いものを

そして今年の映えある第1位は、これまたド定番のヒラメポンプでした。





何年も前からその存在は知っていましたが、「いやー、ポンプにそんなお金はね・・・」と躊躇っていたのですが、今ではもっと早く買っておけば良かったと思っています。

この「今ではもっと早くかっておけば」という定型文は、ヒラメポンプ購入者のブログを読むと必ず添えられている気がします。

併せてフロアポンプも大型のものに変えたということも手伝って、ライド前の空気入れ作業が苦ではなくなり、むしろ空気入れが楽しくなりました。

空気入れが楽しいから、ライド前に空気圧をチェックして空気を入れる作業も忘れることがなくなりましたし。

ほんと良いことずくめということもあり、今年は文句なしにヒラメポンプが満足度No.1でしたね。


さてさて、今年はあらかた「まだ買ってない定番グッズ」を買い尽くしてしまった気がするので、来年はあまりネタがないかな?と心配になりますが、きっとあれこれと買ってしまうんでしょうね。

来年はどんな便利グッズに出会えるのか、今から楽しみです。