Wiggle で送料無料にする為のあとひと品!のコーナーも今回で最後となります。
いや、もっと他にも色々あると思いますが、ここ最近の私の買い物体験では今回で打ち止めとなります。

ブラックフライデーセールとかで、また何か色々と物色できればとは思いますが。

さておき。
今回は、「アリだけど、そこまでお勧めとも言えないかなー」という、少々微妙な商品となりました。





■ Wiggle Nutrition ハイドレーションタブレット


wiggle-11


ドリンク(タブレット)ですね。
Wiggle 公式の売り文句がこちら。




500ml の水に溶かすと、運動前・運動中の水分レベルを保つ、低カロリーの電解質ドリンクを作成できます。 Wiggle ハイドレーションタブレットには、発汗で失われる重要な電解質が含まれ、ドリンク 1 杯当たり 7 カロリー未満です。 1 本に 20 個のタブレット入りで、10L のハイドレーションドリンクが作れます。Wiggle スポーツ栄養食品は、美味しく、消費しやすく、運動前、運動中、運動後に必要な栄養を提供するように設計されています。


私が購入した時の定価が400円でしたから、一杯換算わずか20円。
これはかなりコスパが高いですよね。


ちなみに、私がお気に入りで使っているがヴァームウォーターのクリアアップル味。





後味がすっきりしているのが一番のポイントですかね。
同じヴァームウォーターでもグレープフルーツ味があるのですが、そちらは少し甘味が強いのでクリアアップルの方がおすすめ。

以前はアミノバイタルウォーターが一番のお気に入りだったのですが、以前リニューアル時に味が変わってしまい、少し味が「重たく」なってしまったんですよね。

で、どちらも大体一本あたり110円〜120円くらいします。

そう考えるとハイドレーションタブレットのコスパの高さが分かりますよね。


wiggle-12


ハイドレーションタブレットの蓋。
指で簡単に押し上げて開けられるようになっており、かつタブレットが内部で暴れないように抑えるようなバネ形状になっています。

なのですが。


wiggle-01


さすがに国際貨物で海を渡ってきただけあって、一番上のタブレットはがっつり割れていました。


wiggle-13


割れていないタブレットはこんな形。
ラムネみたいですね。

水に溶かすと泡を上げながら溶けていき、あっという間に出来上がります。

私が購入したのはレモン味。
すっきり系が好きなので期待していたのですが、何か微妙な味。

確かにレモンではあるのですが。
気の抜けたような、どこかハッキリしない味なんですよね。

で、何か記憶に引っかかるんです、この味。

何だろうなー、と気になりながら飲むこと4タブレット(4杯)。
遂に5杯目にして思い当たりました。


このハイドレーションタブレット、「キリンレモンの炭酸が抜けた時の味に似ている」んです。
厳密には、炭酸が抜けたキリンレモンから、甘味を取り去った感じ、ですかね。
甘味は強くないので飲み味はとてもスッキリしています。

ただ、何かハッキリしないぼやけた味なんですよね。
まずくはないのですが、美味しくもない、といった感じ。

味は強くないので、夏場何杯も水分補給する時には良いかなと思いますので、水分補給として割り切った場合には良いと思います。


wiggle-14


サイズ感はこんな感じですね。
2〜3杯であれば、粉末タイプの方が持ち運びはし易いです。


リピートするかは微妙な感じですが、このコスパの良さは捨てがたいんですよね。
他の味にトライしてみましょうかね。




【wiggle】
ハイドレーションタブレット
(レモン味)
   




 



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村