最近は自転車関連のWebメディアも紙媒体でも、グラベルロードバイクの特集を多く見るようになりました。

アメリカなどは地形や舗装状況からグラベルバイクのニーズが高いのは分かりますが、日本ではそこまでなのだろうか?と首をかしげるばかりなのですが、それでもマウンテンバイクよりは日本にはマッチするのだろうな、と思うとちょっと興味はあったりします。

そんな「ちょっと興味はあるけど、グラベルバイク一台にするのは厳しいな」という私のような人間の場合、どうしても複数台持ち前提での導入になってしまいますので、どうしても家族の厳しい目線にさらされることに。

体は一つなのに、なぜ2台も必要なのか、と。

そんな人間の悩みを解決してくれる「かもしれない」バイクが登場するかもしれません。





■ あらゆるライディングに対応するTHESIS Project N1



1. THESIS Project N1 とは何なのか

一言で言うと、「反応性の高いロードバイク」から「安定した性能のグラベルバイク」に変身するバイク、それが Project N1 だそうです。


project N1-01
公式サイトより拝借



現時点ではまだプロトタイプの段階だそうですが、実現したら非常に面白いバイクになりそうです。




オールロードバイクか、ジオメトリーの一部を妥協した部分調整可能バイクか、シングルパーパスバイクの安定したラインナップか。これが、最適な自転車の台数は常に現在持っている台数より1台多いN+1台である、という信念を生み出した一因である。


非常に面白いコンセプトですね。
N+1台を実現するバイクだから、Project N1なんですね。

詳細はまだよくわからないのですが、六角レンチを使うだけで、グラベルジオメトリーからロードバイクジオメトリーへと、わずか数分で切り替えられるギミックを備えているそうです。

記載内容からすると、六角レンチを使うことで以下が変えられる模様。

  • ヘッドチューブの長さ
  • ホイールベースの長さ
  • ボトムブラケットの高さ

また、現在鋭意開発中とのことですが、フロントフォークも変形可能だそうで、ヘッドアングルまで変更できるとのこと。
ブレーキキャリパーの位置変更も必要なく、簡単にジオメトリを変更できるそうです。




2. 2種類のジオメトリー

ロードとグラベルでどれだけジオメトリーが変わるのか、フレームがLサイズの場合のジオメトリが公開されていました。


ジオメトリ ロード グラベル
ヘッドアングル 73° 71.7°
シートアングル 74.3° 73°
ホイールベース 1019mm 1043mm
チェーンステー 415mm 435mm
BB下がり 74mm 84mm
タイヤクリアランス 700×36mm 700×51mm


基本的には、リアホイールの取り付け位置をシフトさせることでフレーム全体のジオメトリを変更しているようですが、フロントフォークにもギミックを用意するとのことで、非常に興味津々。

こういった意欲的な製品は、ぜひ日本でもチャレンジしてもらいたいですね。



3. 現時点でのスペック

その他、現時点で判明しているスペックは以下の通り。


  • BBはスレッド式のT47 68mm
  • ストレート44mmヘッドチューブ
  • 伝統的なカラーで固定されたラウンド形状の27.2mmシートポスト
  • 将来を見据えたUDH&トランスミッション互換ドロップアウトシステム
  • リアドロップアウトにマイクロアジャストスクリューを装備
  • 1x/2xメカニカル&エレクトロニック、インターナル・ギアード・ハブ、シングルスピード・ドライブトレインとの互換性
  • フェンダー、ラック、ダイナモ、ワイヤードライト、ドロッパーに対応。
  • ケーブルについては、一部内装式、フル内装、フル外装(フォークのみ)に対応

価格は未定となっているそうですが、まずはチタンフレームが今夏に、その後スチールフレームが追って発表されるそうです。


果たして日本国内で試乗する機会があるのか微妙な気はしますが、とても面白い製品ですね。






にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村