ある日の週末の夜。
この日は天気にも恵まれ、がっつり外に走りに行くことができた日でした。

夕食も終わり、片付けをしていた時のこと。

テレビを見ていたお嬢様が、「あー、この人もお父さんと同じ自転車に乗ってる」と教えに来てくれました。

台所にいると、角度的にテレビの画面が見えないので教えに来てくれたようで。
 






お嬢様の話を聞くに、格闘家の人(那須川天心?)が室内でローラー台に乗っていたようなんですね。

お嬢様は格闘家が誰なのかはよく分かっていませんでしたが。


ここから怒涛のラッシュが始まります。



face_angry_woman3



「自転車に乗るのは良いんだけどねー」
「健康には良いもんね」
「でも、自転車ばっかり乗るのもどうかと思うんだよね」
「あまり乗りすぎていると、そのうち週末の度に自転車乗りに行っちゃうんだよね」
「子供を置いて走りに行っちゃうんだよね」
「可愛い子供だけじゃなく、愛する奥さんも置いてさー」
「マロン(=我が家の愛犬)なんて、もうずっと泣いてたんだから」
「そうやってどんどん愛が離れていくんだ」
「まともなお父さんになんてなれなくなるよね」



なんという、怒涛の攻撃でしょう・・・汗
途中からテレビに向けた発言ではなく、目の前にいる父親に向けた不満にすり替わってしまいました。


最近、週末に自転車用のウェアを着てリビングに降りてくると、「まさか出かけるなんて言わないよね!?」という突っ込みが入るようになりましたし。



いやまあ、無関心よりは良いですけど。



冗談とはいえ、ここまでさらさらとセリフが突いて出ると、冷や冷やしてしまいます。




えっと、冗談・・・だよね?





次の週末は、家族サービスしないとです。


 





にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村