■ マビック コスミックプロカーボンUST購入!

はい。
我慢堪らず、購入と相成りました。



cosproUST-01


購入したのは、マビック コスミックプロカーボンUST。
SLではないノーマルモデルとなります。
マビックがごたごたしている(らしい)このタイミングで?という話かと思いますが、私が購入(発注)したのはコロナ前ですので、まさかこんな騒ぎになるなんて思ってもいませんでした。

カーボンホイールは、ディスクブレーキ車を購入してからにするつもりだったのですが、先日の試乗会でその良さを経験してしまうと、もう我慢できませんでした・・・汗





現在履いているホイールは同じくマビックのキシリウムエリートUST。
折角なので、異なるメーカーのホイールも体験してみようかな、と思ったりもしましたが、やはりマビックが提唱する「ロードUST」の規格に惚れ込んでしまっている為、今回もマビックホイールを選択することになりました。


UST

 







1. 海外通販(ProBikeKit)で購入

今回は初めてホイールを海外通販で購入しました。
これは有名な話ですが、マビックは有名どころの海外通販サイトでは日本への発送をしてくれませんでした。
WiggleやCRCだと購入できなかったんですね。
今だと普通にWiggleで買えてしまいますが・・・。





ProBikeKitやベラチスポーツだと日本向けにも発送してくれます。

私の場合、過去にパワーメーターやサドルでProBikeKitを利用した実績があり、若干発送までに時間がかかるものの特段問題もありませんでしたので、今回もProBikeKitを使用しました。

注文したのが3月30日で4月14日に到着していますので、およそ半月かかりました。


parcel


ちなみに、上記ステータスのタイミングで自宅に届きました。
午前中に届いた時点では、Web上では上記ステータスのまま、夕方になってようやく「到着したよー」とステータスが更新されていました。

コロナの影響で、税関に時間がかかるといった話も聞いていたのですが、税関に到着してからはかなりスムーズに自宅まで届いたようですね。

cosproUST-02


一つの箱に見えますが、ホイール一本毎に一つの箱に入れられており、ガムテープで二つの箱を一つにつなげて発送しているようです。


cosproUST-03


シーラントなどの付属品も完備しておりました。

ただ、キシリウムエリートUST購入時にはタイヤレバーが付属していたのですが、今回は付属していませんでした。

カーボンホイールだから、タイヤレバーなんて使ってくれるな、ということなんですかね。

2. 何故かブレーキシューが前後で違うことが判明・・・

で、不思議なことが・・・。





マビック純正のカーボン用ブレーキシューと言えば、こちらの黄色いシューが有名ですよね。
マビックのカラーといえば黄色。

とはいえ、黄色いシューだと、カーボンのリム面が黄色く色づくとのことで、とっても不評。
多くの方は、スイスストップのブラックプリンスに変えてしまうようで。





リム面が黄色になるのは嫌ですが、試乗会で乗った際にはマビック純正の黄色いシューで乗りまして、とても好印象でした。
ま、ひとまず純正で使ってみようかな、と思ったのですが・・・。


cosproUST-21


何故か、黒が1セット、黄色が1セット入っていました・・・。


おやおや?と思ってマビック公式サイトを見てみると、現在は純正のブレーキシューは黒に変わったようですね。





アマゾンを見てみると、黄色の純正シューは販売中止、黒に入れ替わっているようです。

なるほど。

ちょうど製品の入れ替え時期に当たってしまったようで、片輪は古い黄色のシュー、片輪は新しい黒いシューになってしまったわけですね・・・。

なんてこったい。

ちなみに、開封して取り出してから気づいたのですが、シューが入っていたパッケージを見ると、全く同じでした。

こりゃ分からんわ。


cosproUST-17
 


3. キシリウムエリートUSTからのホイール換装手順

気を取り直して、ホイールの換装に挑むことにします。 


(1) ハブをグリスアップ

届いた直後、素人目で見ても分かるようなフレがあったら嫌だなー、と思ってくるくる回してみたのですが、幸いなことに明らかなフレはないようでした。

代わりに、ラチェット音が結構でかい。

コスプロカーボンのハブは、これまで愛用していたキシリウムエリートと同じFTS-L。
ラチェット音が大きい時は、オイルが切れている可能性大です。

折角ですので分解することに。

で、いきなりロックナットがめちゃ堅く、いきなり難儀しました。
外してみると、一切グリスは塗布されておらず。固着されると怖いので、うすーくグリスを塗っておきました。


ハブをそーっっっと外してみます。


cosproUST-04


そこそこオイルは残っているように見えます。

ただ、フリーボディー側を見てみると、オイルがあまり残っていません。


cosproUST-05


分かり易いことに、ラチェットに関しては、からっからに乾いていました。


cosproUST-06


マビック純正のフリーボディーオイルをたっぷり塗りつけておきました。

ちなみに購入から2年以上経過しており、1000km毎にオイルを塗り直していますが、今だに2/3以上残っています。

お値段はそこそこしますが、長く使えますのでオススメです。



 


(2) ブレーキシューを交換

続いて、ブレーキシューを交換します。
この作業自体はとても簡単ですので、さっくり割愛。

先にも書きましたが、今回購入したホイールには異なるブレーキシューが。


cosproUST-13


こちら旧製品となった黄色いシュー。スイスストップのフラッシュプロ、イエローキングと同じと言われています。
もしかしたら微妙な違いはあるのかもしれませんが。


cosproUST-15


こちらは新製品の黒いシュー。
ということは、スイスストップのブラックプリンスと同等品になったのですかね?


cosproUST-18


ただ、比較してみると、ほんとそっくり。


cosproUST-19


形状は瓜二つです。


cosproUST-20


素材の違いはありそうですが。 


(3) リムの幅に合わせてキャリパーブレーキを調整(17mm→19mm)

これが少しばかり面倒でした。

今まで使っていたキシリウムエリートUSTはリムの内幅は17mm。
今回購入したコスミックプロカーボンUSTのリム内幅は19mm。

そこでシマノのディーラーマニュアルを見ながら調整していきます。


br80


いやー、説明がシンプルですねー・・・汗


私が普段愛用しているメンテナンスマニュアルにも、このあたりの説明は載っていないんですよね・・・。




都度写真を撮っていなかったもので、ざっくり活字で説明すると、

  1. 図の(A)のナットを緩めて、ブレーキワイヤーを解放。
  2. 図の(C)のボルトを反時計周りに回して、キャリパーブレーキの幅を広げておく
  3. ホイールをセット
  4. ブレーキワイヤーを指でつまみ、ブレーキシューとリム面との間の距離が適当ところで(A)のナットを固定
  5. 図の(C)のボルトを使って、左右のブレーキシューとリムの隙間が均等になるように調整

みたいな感じでした。
初めての調整作業であり、かつ愛用するメンテナンスマニュアルの本にも載っていなかったのでかなりドキドキしていましたが、10分足らずでざっくり調整できました。


(4) ブレーキシューにトーインをかける

こちらも、詳しく解説してくれているサイトがたくさんありますので、そちらをご参照頂ければと。

我が愛読書のメンテナンスマニュアルによると、ものの10分で完了する作業だそうですが、今回は前後左右合わせて30分はかかりましたね。
これが一番苦労しました・・・。


cosproUST-14


便利グッズである、ブレーキシューチューナーを使っています。





便利グッズがありながらも、「よしっ、ここがベストポジションっっ」とか思って位置調整しても、最後にボルトで固定する時にぐりっ、と動かしてしまってやり直し、とか繰り返していると、そこそこ時間かかるんですよね・・・。

ほんと、この「ミリ単位の調整」は苦手です。


cosproUST-30


悪戦苦闘しながらもねなんとなく取り付けは完了。


cosproUST-32


フロントが黄色のシュー、リアが黒のシューとなりました。

こんな色の使い分けをしているローディーは、もしかして世界でたった一人かもしれませんね・・・。

(5) シーラント注入

最後にシーラントの注入です。

シーラント注入手順については、過去にまとめた記事がありますので、そちらをご参照頂ければ幸いです。





じゃあ、順調にできたかというと、そこそこシーラント飛び散ったんですけどね・・・。
何回やっても、そこそここぼしてしまいます。


で、注入後、くるくるタイヤを回してなじませます。

本当は、ここで軽くローラーとか回してあげれば良いのでしょうが、この日は時間がなく、時々思い出してはタイヤをくるくる回してあげました。

初日ということもあり、空気圧は高めの7BARまで入れてから就寝。


翌日。


cosproUST-22


前輪が4.5BAR。


cosproUST-23


後輪も4.5BAR。


仲良く2.5BARずつ空気が抜けていました。


シーラントが馴染むまではローラー台で回してみようかと思います。


cospro_ride-06


いやー、リムハイトが高くなるだけで、なんでこんなに格好良く見えるんでしょうか。
早くロングライドに出かけられるような日々が戻ってきてほしいものです。







にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村