この週末は天気もイマイチでしたね。
全く走りに出かけることができず。

家に引きこもっていたこともあり、ちょっと時間を持て余すことになったこともあり、色々とAIに聞いてみました。

情報ソースの信頼性は?という問題はありますので、茶飲み話程度に軽く読み流していただければと思います。








■ 2024年のロードバイク業界はどうなるのか?



1. まずは各社の市場シェアについて

まずはロードバイクの各社市場シェアを聞いてみました。
まずはワールドワイドでのシェアから。


ブランド シェア
TREK 20%
Giant 15%
Specialized 12%
Cannondale 10%
Bianchi 8%
Merida 7%
Scott 6%
Canyon 5%



どうでしょうか?
情報ソースが特定されていませんので、信頼性は微妙な側面もありますし、聞き方を変えると微妙に数値も変わったりしますが、おおよその傾向としてはある程度納得感のある数字ではないでしょうか。

続いて、日本国内でのシェアについて。


ブランド シェア
TREK 25%
Giant 20%
Cannondale 15%
Specialized 12.5%
Bianchi 10%
Merida 7.5%
Scott 5%
その他 5%



トップ2のシェア率がワールドワイドに比較して大きくなっています。
ただ、実際にライドに出かけると TREK と GIANT の遭遇率はかなり高いですから、そこそこ納得感はあります。
ワールドワイドと比較すると、スペシャライズドとキャノンデールのランキングが逆転しています。
Merida までは納得できるのですが、その下はSCOTTなんですね。
そこまでSCOTTとの遭遇率は高くないので、個人的にはあまりピンとこないのですが。





2. ロードバイクの平均購入価格

続いて、価格の高騰化が進むロードバイクの購入価格について。


2023年における日本におけるロードバイクの平均購入価格は、約25万円です。
これは、自転車専門店や通販サイトなどのデータをもとに算出したものです。

ロードバイクの価格帯は、大きく分けて3つに分けられます。
  • エントリーモデル:約10万円~20万円
  • ミドルグレードモデル:約20万円~40万円
  • ハイエンドモデル:約40万円~

エントリーモデルは、ロードバイクを始める初心者や、通勤・通学などの普段使いに適しています。
ミドルグレードモデルは、レースやロングライドなど、より本格的な走りを楽しみたい人に適しています。
ハイエンドモデルは、トッププロも使用する、最高峰の性能を誇ります。

日本におけるロードバイクの購入者の層は、大きく分けて2つに分けられます。
  • 初心者:約30%
  • 経験者:約70%

初心者は、エントリーモデルやミドルグレードモデルを選ぶケースが多く、経験者は、ミドルグレードモデルやハイエンドモデルを選ぶケースが多くなっています。
このように、日本におけるロードバイクの平均購入価格は、約25万円であり、初心者から経験者まで、幅広い層に利用されています。


最近は価格高騰してきてはいますが、型落ちだったり、サイズや色展開によってはそこそこのお値段で購入することもできますので、平均すると25万円というのもそこまで大きく外してはいなさそうですね。

ただ、ロードバイクの購入者は、経験者が7割というのは、このマーケットの構造のいびつさにつながっているような気がします。

やはりピラミッド構造のように初心者がどんどん流入して来ないと市場規模は拡大していかないですよね。



3. ロードバイクブームはなぜ終焉を迎えたのか

それでは、ロードバイクブームはいつ頃から起きて、なぜ終焉を迎えたのかについても聞いてみました。


日本におけるロードバイクのブームは、2000年代初頭から始まりました。
その背景には、以下の要因が挙げられます。
  1. 健康志向の高まり
    2000年代初頭は、健康志向の高まりとともに、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動が流行しました。ロードバイクは、有酸素運動の中でも、効率よく脂肪を燃焼できるとして、注目を集めるようになりました。
  2. サイクリングイベントの開催
    2000年代初頭には、ツール・ド・フランスなどの国際的なサイクリングイベントが、テレビやインターネットなどで盛んに報道されるようになりました。これにより、ロードバイクに対する認知度が高まり、憧れを抱く人が増えました。
  3. ロードバイクを取り扱うショップの増加
    ロードバイクブームに伴い、ロードバイクを取り扱うショップが増加しました。このことで、ロードバイクを始めるためのハードルが下がり、多くの人がロードバイクに興味を持つようになりました。

2010年代に入っても、ロードバイクのブームは続き、2015年には、国内におけるロードバイクの販売台数は、過去最高の約150万台を記録しました。
しかし、その後は、ブームが徐々に終焉を迎えるようになりました。その理由としては、以下の要因が挙げられます。

  1. 価格の高騰
    ロードバイクの価格は、近年、年々高騰しています。これは、コンポーネントやフレームの製造コストの上昇や、円安の影響などが原因と考えられています。
  2. 安全性の懸念
    ロードバイクは、車道を走行する必要があるため、安全性の懸念が指摘されています。特に、車との接触による事故のリスクが高まっており、このことが、ロードバイク離れにつながっていると考えられています。
  3. 他スポーツの台頭
    近年、ランニングやトライアスロンなどの他スポーツが人気を集めています。これらのスポーツは、ロードバイクよりも始めるためのハードルが低く、安全性も比較的高いことから、ロードバイクから他スポーツに移行する人も増えています。
このように、さまざまな要因が重なり、日本におけるロードバイクのブームは終焉を迎えました。しかし、それでも、ロードバイクは依然として、多くの人に親しまれているスポーツです。今後も、ロードバイクの魅力を広め、新たなブームを巻き起こすことができれば、より多くの人がロードバイクを楽しめるようになるでしょう。


なかなかよくまとめられている気がしますね。
ブームの火付け役としての弱虫ペダルの貢献度は高い気がするのですが、その辺りは触れてくれませんね。



4. 今後の価格トレンドについて

高騰が続くロードバイクですが、今後の価格トレンドはどうなるのでしょうか。
その辺りも聞いてみました。

2023年にかけてロードバイクの価格は高騰してきました。その理由としては、以下の要因が挙げられます。
  1. コンポーネントやフレームの製造コストの上昇
    ロードバイクのコンポーネントやフレームは、主にアルミニウムやカーボンファイバーなどの素材が使用されています。これらの素材の価格は、近年、年々高騰しています。
  2. 円安の影響
    ロードバイクのコンポーネントやフレームの多くは、海外からの輸入品です。円安の影響により、輸入コストが上昇したことで、ロードバイクの価格も上昇しています。
  3. コロナ禍による需要の増加
    コロナ禍の影響で、自宅で過ごす時間が増えたことから、健康増進や運動不足解消のために、ロードバイクを始める人が増えました。このことが、ロードバイクの需要を押し上げ、価格高騰につながりました。

今後のロードバイクの価格トレンドについては、以下の2つの可能性が考えられます。
  1. 価格高騰が続く
    コンポーネントやフレームの製造コストの上昇や、円安の影響が継続すると、ロードバイクの価格は高騰し続ける可能性が高いです。
  2. 価格が下落する
    ロードバイクのブームが終焉を迎え、需要が減少すると、ロードバイクの価格は下落する可能性があります。
現時点では、どちらの可能性が高いのかは不明です。しかし、ロードバイクの価格は、今後もしばらくは、高騰傾向が続くと考えられます。



先日別の記事でも触れましたが、日本は円安の影響が大きいのですが、世界的には実は「今が買い時」というブランドも出てきています。
コロナ渦の余波を受けた過剰在庫調整による値下げの動きがあるようです。





この状況はあと数年続くと言われていますが、その後ブームが去った場合には、価格が一定程度落ち着く可能性はありますが、逆に「数が売れないからこそ」価格が高止まりする可能性もあります。

本当に、どちらに振れるのか全く読めない状況が続きそうですから、セールで安くなっている場合にはさっさと買ってしまう、というのが後悔のない買い方になりそうです。



5. 今後の技術トレンドについて

最後に、今後の技術トレンドについても聞いてみました。

2024年以降にロードバイク業界で起きる技術変革としては、以下のようなものが考えられます。
  1. 電動アシスト技術の進化
    電動アシスト技術の進化により、ロードバイクの性能が向上し、より幅広い層に受け入れられるようになる可能性があります。
    具体的には、モーターやバッテリーの性能が向上し、より自然なアシストが可能になる、バッテリーの重量が軽量化し、より軽快な走行が可能になる、などの変化が考えられます。
  2. カーボン素材のさらなる進化
    カーボン素材は、ロードバイクのフレームやホイールなどに広く使用されている素材ですが、さらなる進化により、より軽量で高強度な素材が開発される可能性があります。
    これにより、ロードバイクの性能がさらに向上し、より速く、より快適な走行が可能になると考えられます。
  3. 3Dプリンティング技術の活用
    3Dプリンティング技術は、複雑な形状の部品を短時間で製造できる技術です。ロードバイク業界では、この技術を活用することで、従来製造が困難であった部品の製造が可能になると考えられています。
    具体的には、フレームやホイールの製造に3Dプリンティング技術が活用される可能性があり、これにより、より軽量で高性能なロードバイクの製造が可能になると考えられます。
  4. AIやIoTの活用
    AIやIoTの技術は、さまざまな分野で活用されており、ロードバイク業界でも活用が進んでいます。
    具体的には、AIやIoTの技術を活用することで、走行中のデータを収集・分析し、ライダーのパフォーマンスを向上させるようなシステムの開発が進んでいます。
    また、AIやIoTの技術を活用することで、ロードバイクの盗難防止や、事故防止などの安全対策にも役立てられると考えられます。
これらの技術変革により、ロードバイクはより進化した性能と機能を備えた、より魅力的な乗り物へと進化すると考えられます。


日本国内ではそこまでの広がりを感じられないのですが、世界的には e-Bike の広がりは勢いがあるようですね。
日本ではママチャリと呼ばれる庶民車への電動アシストが進んでいますから、ロードバイクでは差別化という観点からあまり電動化が受け入れられていないような気もします。

私が住んでいる地域は坂が多いこともあり、ママチャリの電動化率はかなーり高いです。
普段使いとしては電動ママチャリに乗っているからこそ、わざわざロードバイクを買うような層は逆に電動アシストは不要、という選び方になるのも自然かな、と。

逆にママチャリ文化がない諸外国の場合は、スポーツ車に電動アシストがあったら楽しいよね、という発想も理解できます。
この辺りは国によっての違いなんでしょうね。

カーボン素材は少しずつではありますが、毎年新製品が発表される毎に「最適化」が進んでいますので、まだしばらくはその傾向が続くのでしょう。

ただ、3DプリントやIoT、AIの適用というのはあまりピンとこないですねー。
各種パーツへの3Dプリント技術の適用は進んでいますが、フレームにまで及びますかね?
IoT/AI についても、サイコンやスマートウォッチへの適用は理解できるのですが、すでにある程度まで進んでしまっている気もしますし。


ま、素人がうだうだ言っても仕方ありませんが、今年もどういった進化があるのか、楽しみに待ちたいと思います。








にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村