先日ブラケット取り付け角度調整の為にハンドルから何から交換を実施しました。





微妙にしゃくれ気味になっていたこともあり、ライド前にもう少しフラット気味に再設定を実施。
室内でスタンドに取り付けた状態で取り付け角度を確認したところ、程よい感じで取り付けできたようで、しっかり固定。

早速ライドに出かけます。





走りでしてみると、「あれ? フラット気味に設定した割には意外とリラックスポジションかな?」と違和感を感じたものの、そのまま走り続けます。

blkchg-03



この日は快晴で富士山もくっきり。
走っていて気持ち良かったです。

で、改めてライド終盤にブラケット位置をぱしゃり。
帰宅後にブラケットの角度を確認してみます。


blkchg-02


blkchg-01


おやおや?

フラット気味に再設定したつもりが、あまり変わっていませんでした・汗

どうやら、ブラケットを送り気味にして位置調整したものの、再びトルクレンチで固定する際にバーテープに押されて元の位置に戻ってしまったようですね・・・。

やはり、ブラケットの取り付け位置は、バーテープを巻く前にきちんと追い込んでおかないとダメですねー。

この角度でも、特段ストレスを感じることもありませんので、これならこのままでも良いかな?と思いつつ、もう少し送り気味にしたい気持ちもあり。

何度かライドを繰り返して、最終的にどうするか決めていくことにしようかな、と思います。







にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村