■ ライド中にクリートがずれてしまう

先日クリート ウェッジを導入しました。





室内ライドでは何度も使っていたわけですが、導入後初めてライドに出かけた日のこと。
最初は「以前よりもトルクをかけ易くなったかな?」ということで、かなり好印象だったのですが。
ライド終盤、何度もビンディングの着脱を繰り返した頃に違和感を感じるように。





ここ最近は、やたらと足下のフィッティング、セッティングに凝っているのですが、そこではっきりしたことが一つあります。

私は「がに股ペダリング」が心地よいようです。


私のセルフフィッティングのバイブルである、ロードバイクセルフフィッティングから拝借させて頂きます。







「ところで足というのは、つま先が外を向いている人が多数だ。二足歩行でバランスを取り易くするためで、多少の差はあるにしても『がに股』になっている。(中略) その角度をペダル上でも再現できれば、足首や膝にねじれの力がかかることなく、ストレスフリーなペダリングが可能となる」


そこまでひどいがに股、というわけではないのですが、実際にシューズを履いてセットアップしてみると、そこそこがに股の角度にしておかないと、膝周りにストレスを感じるんですね。
すぐに痛くなることはないのですが、「足が固定されている感」を非常に強く感じてしまうのです。


degr-01


イメージ図ですが、これが比較的フラットなセット位置でしょうか。
私の場合、この状態だと、「固定されている感」が出てしまいストレスを感じます。


degr-03


こちらが内股バージョン。
ただ、改めて見てみるとフレームに対しては並行な位置にりますので、この位なら「これが自分のベストポジション」という人がいても可笑しくはないですよね。

先の書籍によると、内股過ぎる場合は「膝の外側前方や内側後方に圧縮されるようなストレスがかかる」ことになるそうです。

いまいち活字になってもピンと来ないのですが、私の膝で痛みが出る場所でいうと、内側後方なのかな?という感覚もあり、内股セッティングになっているときは危険なのかもしれません。


degr-02


こちらがに股バージョン。
これは少し過激なセッティングイメージですが、こちらと最初のノーマルポジションの間位が心地良いポジションになります。
シューズの内側がクランクに触れないけど、そこまで隙間はないよね、という位置になります。

で、こればかりは仕方ないのかもしれませんが、ビンディングを外す為には足首を外側にひねるのですが、この動作を繰り返した時、クリート の固定がしっかりできていないと、少しずつクリートは外開きにズレていってしまい、内股セッティングのポジションになってしまうんですよね。

そこで、がっっっっちりネジて固定するようにしているのですが、今回ライドに出た時に違和感を感じ、足裏を確認してみると・・・。


clete_zure


はい。
がっつりズレてました。

赤い線がもともとのセッティング位置になります。

この状態だと、がっつり内股になってしまうんですよね。

なかなかここまでライド一回でズレることはなかったのですが、何でだろ?と考えると浮き上がってくる容疑者は、クリート ウェッジ。


wedge-03


少し分かり辛いですが、こちらのクリート ウェッジの表面はつるつるのプラスチック。
対して、シューズのソールはインジェクテッドカーボンだそうですが、こちらも比較的つるつるした表面になっています。





その為、かなーーり強めに固定していたにもかかわらず、着脱を数十回繰り返した結果、クリート がズレてしまったようです。


シューズのソールの素材によってはここまでズレることもないのでしょうが、どうやら相性が悪かったんですかね・・・。

幸いなことに(?)ここまでズレたのは左足側だけで、比較的膝を痛めやすい右足側のクリート はずれていませんでした。

ライドを終えてみて、クリート がずれなかった右足側に関してはクリートウェッジの効果をそれなりに実感できましたので、私の場合足裏の角度をつける行為自体はアリな気がしますが、さてさてどうしたものか。

何か対策ができないものか考えてみようかと思います。









にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村