■ 身長150cmの女子にオススメなクロスバイクを調べてみる(子供が乗りたい)

我が家のお嬢様。これまでは「ザ・子供向け」という自転車をサイクルベースあさひで購入して乗っていました。

上の息子くんが中学生に上がる時に、週末に一緒にサイクリングに行けるようにとクロスバイクを購入していますが、どうやらお嬢様も同じような自転車が欲しくなってきた模様。





もともとお嬢様にも「中学生になったらお祝いで新しい自転車買ってあげるからねー」という話をしていたのですが、女の子は成長も早く、今の自転車で中学生まで引っ張るのは少し無理がありそうかなー、という状況になってきました。

そこで今回はお嬢様向けのクロスバイク選びをしてみたいと思います。







1. 自転車の条件

何となく、女の子ということもありミニベロとか良いのかな?なんて思っていたのですが、意外や意外、息子くんと同じクロスバイクが良いそうです。

  • お兄ちゃんと同じような自転車(=クロスバイク )
  • 可愛いやつ
  • カゴが欲しい気もする。買ってから使ってみて必要なら後付けしたい
  • 身長は150cm(今はまだアンダー150cmですが、あと少しなので150cmになったら買おうか、という約束に)

使用用途は塾に出かけたり最寄駅までの普段使い。
「お兄ちゃんと一緒にサイクリングに行ったりする?」と水を向けると「うーん、それは良いかな」と言ってはいますが、実際に新しい自転車に乗り始めたら、近場のサイクリングロードまで出かける位であれば参加しそうな雰囲気も。

一つ悩むところとしては、泥除けが最初からついているシティサイクルにした方が良いかな、と思ったりもするのですが、そこは「お兄ちゃんと同じ」だそうで。

そのお兄ちゃんも、雨が降った時には自転車に乗っていませんし、実用上は泥除けがなくても問題はなさそうです。

ということで、今回はがっつりクロスバイクに絞って選ぶことにしました。
息子くんの時には身長140cmということで選択肢がとにかく少なかったですが、10cm上がるともう少し増えるかな?と期待。

甘かったです・・・。 




2. 身長150cmの女子が乗れるクロスバイク

ということで、各社からピックアップしてみました。
マウンテンバイクは対象外にしていますし、我が家のご近所でも手に入りそうなブランドに絞ったところ、ほんと選択肢は少なかったです。

知り合いに「クロスバイクのおすすめは?」と聞かれた時によく候補に加える、コスパの良いコーダブルームですが、最低身長が155cmからのモデルしかラインナップされていませんでした。残念。



(1) ジャイアント Liv ESCAPE R3 W

bk_01

まずは今回の大本命。
ジャイアントの女性向けブランドであるLivのEscape R3 Wになります。
最近はめっきりディスクブレーキモデルばかりになってきましたが、ご近所使いであればリムブレーキで十分。
逆に、我が家の周辺は坂が多い地域になりますので車体は少しでも軽い方が良いんですよね。


フレーム アルミ
コンポーネント シマノTourney / ALTUS(リアディレイラー)
ギア 3×8 24speed
適正身長 140~160cm(XXS)
重量 10.5kg(XS)
価格 52,000円(税抜き)



適正身長も140cmからとなっていますので、いますぐ買っても問題ないフレームサイズ。フレームサイズが小さいこともあり、今回の比較対象の中では最軽量となっています。
この小さなサイズは貴重ですよね。

ちなみに、ESCAPE R3 とESCAPE R3 W の違いはこんな感じです。

  • サドル(Livでは女性用の「Liv CONNECT COMFORT」を採用)
  • ペダル(ノーマルモデルはアルミ製、Livはプラスチック製)
  • フレームのジオメトリー

サドルやペダルは後から交換することもできますが、フレームのジオメトリーがそもそも違います。


どれ位違うのだろう?ということで比較してみました。
比較対象はいずれも最も小さなXXS。
ノーマルモデルのXXSも、適正身長は140〜160cmとなっています。


gyo_01


違いはシートチューブ長とリーチ。
シートチューズは女性向けの Liv の方が20mmも低くなっています。
ハンドルまでの近さを表すリーチも5mm短くなっています。
適正身長はいずれも同じとなっていますが、男性と女性向けというだけでこれだけ違いを出した設計となっています。


サドルについても、だいぶ形状が違います。


saddle


左が女性モデルで右が男性モデル。
女性モデルの方が座面が広く、厚みもあります。

そうなると、例えば同じ身長、股下長が一緒だったとしても、女性の方がペダルが遠くなってしまうわけで、その辺りを考えてサドルを下げやすくする為にシートチューブ長を短くしているんですかね。


ペダルをプラスチック製にしているのはなぜかよく分かりませんが・・・。少しでも軽くしようとしているんですかね。




(2) トレック FX 2 DISC W

bk_02


個人的にはジャイアント Liv と並ぶ本命であるトレック の FX 2 DISC W になります。
ただ、カラーがシルバーとティール(緑)しかないので、お嬢様の好みに合わなそうな気も。


フレーム アルミ
コンポーネント シマノTourney / Altus(シフター)/ACERA(リアディレイラー)
ギア 3×8 24speed
適正身長 147~155cm(XS)
重量 11.8kg(XS)
価格 66,000円(税抜き)


各社の考え方の違いでもあるのでしょうが、適正身長の幅が最も狭いのがトレックになります。
147〜155cmってことは、下手すると成長期になればわずか1年で適正身長を超えてしまいます。
街乗りと考えれば、そこまでシビアに考えなくても良いとは思いますが。

こちらはディスクブレーキモデルでもあり、お値段が最もお高いです。
但しその分、ディレイラー、シフターには少しだけグレードの高いパーツを使用していますので、価格としては妥当なんだろうなと思います。

トレック FX 2 DISC と女性モデルとの違いですが、ジャイアントとは異なりフレームのジオメトリーは共通となります。
正確には、ノーマルモデルには存在しないXSサイズを追加した形となっていますので、例えば両方に存在するSサイズ以上になると、それぞれジオメトリーは共通となっています。

女性モデルとしての違いはサドル(とフレームのカラー)だけになります。


saddle-02


左が女性モデルで右が男性モデル。
ジャイアント と同じように、お尻(後ろ)に向かうにつれてサドルが持ち上がるような形状になっており、幅、厚みともに女性モデルの方がありそうです。

ただ、裏を返すとサドルしか違いはありませんので、XSサイズ以外で大丈夫な女性(155cm以上)であれば、フレームのカラーを見てノーマルモデルが気に入ったならそちらを選択してしまう、という考え方もありそうですね。




(3) スペシャライズド SIRRUS Women

bk_03


お次はスペシャライズドの SIRRUS Women。
公式サイトを見ると既にアウトレット価格になっていますので、サイズさえ合えばお買い得なモデルに。
今回お目当てにしているXSサイズは既に完売していますので、次年度モデルになるまで待つしかないかも?(どこからの店頭在庫が残っていれば話は別ですが)

SIRRUS 2.0 というディスクブレーキモデルが登場していますので、こちらの女性モデルとか出るのでしょうか。SIRRUS 2.0 のフレームサイズを見ると、一番小さなXSだと 152cm以上あればギリギリいけそうですが、今回は対象外にしています。


フレーム アルミ
コンポーネント シマノTourney
ギア 3×7 21speed
適正身長 145~152cm(XS)
重量 不明
価格 60,500円(税込)


他のモデルと違いギアは 21段、コンポーネントも Tourney で揃えており特に光るポイントもありません。
他方、フレームに関してはジャイアント 、トレックとは違い女性モデルは完全に別設計となっています。

男性モデルと完全に別設計で作る分当然コストもかかるでしょうから、その分コンポーネントは割り切っているのかもしれません。

フレームジオメトリー以外では、他社と同じようにサドルも女性用を用意しています。

ただ、このフレームカラーはお嬢様に聞くまでもなく却下されそうです・・・。

SIRRUS 2.0の女性モデルが登場するのを待つべきかもしれませんね。




(4) メリダ CROSSWAY 110-R

bk_04


他社とは違い、女性モデルをラインナップしていないのがメリダ。
CROSSWAY 100-Rをベースに、小柄な人に合わせてフレームを設計したのがこちらのモデルになります。
女性云々ではなく「小柄な人向けのモデル」となっています。

その為、他社にあるような女性用サドルが採用されていたりはしません。


フレーム アルミ
コンポーネント シマノTourney / Altus(R.ディレイラー)
ギア 3×8 24speed
適正身長 145~170cm(38cm)
重量 11.7kg(41cm)
価格 55,900円(税抜)


適正身長の幅がやたらと広いのが気になりますが。
キラリと光るものはありませんが、ぶなんにきっちりまとめ上げていますね。




(5) ジオス MISTRAL

bk_06


お次はジオス。
ジオスといえば青なんでしょうが、お嬢様は青よりは白が好き。
ただ、こうやって白いジオスを見てみると、これはこれで格好良いですよね。
街中で目に付くのはいつも青いジオスばかりですが、個人的にはこれも好きです。

ジオスもメリダと同じように女性向けモデルとしてはラインナップしておらず、単に小柄な人向けのモデルをラインナップしているだけとなります。


フレーム アルミ
コンポーネント シマノTourney / Altus(R.ディレイラー)
ギア 3×8 24speed
適正身長 150~160cm(400)
重量 10.8kg
価格 51,000円(税抜)


公式では重量がどのサイズなのか書いてありませんが、こちらも軽量モデルですね。
コンポーネントの構成はリアディレイラーにワンポイント上位グレードを使用している、他社でもよくある構成になっています。

ただ、このランクになると各社コストダウンの為にホイールは自社で組み上げていますが、ジオスの場合はシマノ製のホイールを使っています。(SHIMANO WH-R501)
個人的にはここはポイント高いですね。 



(6) ブリジストン CHERO(クエロ)650F

bk_05


ちなみにブリジストンだとSILVA F24が小さなサイズをラインナップしています。

驚異の139cm〜154cm、151cm〜166cmとあり、小柄な人向けのクロスバイクとしては最右翼。
我が家の息子くんもこちらを購入しています。

ただ、お嬢様はさすがに「お兄ちゃんと同じのはイヤ」ということですのでこちらは選外。
そうなると、もう少しシティ寄りなベルトドライブのオルディナやTB1になりますので、それは少しお嬢様の要望から外れてしまいます。

で、個人的にめっちゃ好きなのがこちらの CHERO。
クロモリ&ホリゾンタルフレームがめっちゃ好みです。

700Fだと適正身長が162cmからとなってしまう為今回の対象からは外れるのですが、実はホイールが650サイズの650Fという製品があるんですね。

650Fだと適正身長は150cmから。

我が家は息子くんも700サイズのホイールで揃えていますので、交換用のチューブのことを考えると650サイズは選び辛く今回は泣く泣く選外としましたが、自分一人で乗る女性であれば、これもアリなのではないかと思います。

フレームの素材がクロモリということで、重量が11.7kgとサイズからすると少し重めですが、上で紹介したトレック やメリダと変わらないですから特に思いわけでもなく。
クロモリはアルミよりも乗り味が優しいですから、ホイールサイズさえ気にならなければ小柄な女性向けクロスバイクとしては大本命かも。




3. 各社比較して気になったポイントなど

つらつらと各社並べてきましたが、以下個人的な考察となります。

(a) ジオメトリー(スタックとリーチ)
スタックとリーチを公表しているブランドについて、以下比較してみました。

まずはジャイアントとトレック 。


gyo_02

ジャイアントの ESCAPE R3 の方が、ハンドルが23mm近く、高さが16mm低いことになります。
ジャイアントの ESCAPE R3 W は適正身長が他社よりも低いだけあって、スタック&リーチが小さくなっています。


お次がジャイアント とスペシャライズド の比較。


gyo_03

トレック ほどの違いはありませんが、ジャイアント の方が小さいですね。
サイズ的には、ちょうどスペシャライズド がジャイアント とトレック の中間に位置するイメージでしょうか。


最後にメリダ。こちらも特徴的でした。

gyo_04


リーチはジャイアント とそれほど違いはありませんでしたが、スタックが68mmと大きく異なりました。
メリダは適正身長が 145cm〜170cmと広いのですが、その一端がこの大きなスタックにありそうです。

逆に身長が低い人だと、かなりハンドルが高い位置に来そうです。
高いハンドル位置を「コンフォート」とポジティブに取るか、「スポーティーでない」とネガティブに取るか、意見が分かれそうですね。



(b) ステム長とクランク長
他に、今回特徴的な差が出ていた点が、ステムとクランクになります。

まずはステム長から。

ジャイアント 60mm
トレック 90mm
スペシャライズド 不明
メリダ 不明
ジオス 90mm


スペシャライズド とメリダが不明ですが、おそらく90mm程度なのではないかと。
ジャイアント のステム長が60mmというのがかなり特徴的。

例えばトレック と比較した場合、ただでさえリーチが23mm違うわけですが、ここにステム長の30mmの差が加わると、ハンドルが53mmも体に近付くことになります。
これは小柄な人や、腕の長さが短めな人には嬉しいでしょうね。


続いてクランク長。


ジャイアント 160mm
トレック 170mm
スペシャライズド 不明
メリダ 165mm
ジオス 170mm


よくクランク長は身長の10分の1なんて言い方をするようで、一般的なロードバイク、クロスバイク には170mmのクランクがついていることが多いようです。

そう考えると、身長150cm向けのクロスバイクであれば、クランク長は150mmでも良いはずですが、例えばシマノのTourneyであれば、165mm / 170mm / 175mm しかラインナップはないんですよね。

その意味では、ここでもジャイアントが小柄な女性を意識してクランク長160mmで対応しているところは好感度高いです。
メリダも165mmを用意していますが、それ以外は全て170mm。
フレームだけではなく、この辺りまで気を配って欲しいところではありますが。



こうやって見てみると、身長150cm前後の女性向け、という意味ではジャイアント Liv の ESCAPE R3 W が最も好印象ですね。




4. 現時点でのお嬢様のお気に入りは?

ここまで整理した内容をお嬢様にプレゼンしたところ、圧倒的一位はこちらでした。


bk_01

ジャイアント Liv ESCAPE R3 Wです。
こちらのミント色がお気に入り。

メリダやジオスの白はどうかな?と思ったのですが、「その白はいや」だそうで。
でも面白いもので、ジャイアントのパールホワイトは好きなんだそうで。

女の子の好みは複雑ですね。

次点で気に入ったのが、今回選外にしたブリジストンの CHERO 650F。
この辺りの好みは親子一緒みたいです。


ジャイアントストアであれば、比較的我が家から近い場所にありますので、背が伸びて150cmに到達したら、一度試乗に出かけてみようかと思います。






にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村