■ ABUSの鍵を紛失してしまい、さあ大変

それはつい先日のこと。

その日はテレワーク。
夕方にWeb会議をしていたところ、息子くんが血相変えてリビングに飛び込んできました。

残念ながら絶賛会議が盛り上がっていたのと、AirPods Pro のノイズキャンセリングがばっちり効いていた為、息子くんが何かしゃべっているのですが口パク状態。


ジェスチャーで「今は話せないよ」と返したところ、何やらドタバタしています。

会議終了後、奥様に状況確認したところ、どうやら自転車の鍵がいつもの場所になく、塾に遅れそうでテンパっていた模様。








1. ABUSは鍵を紛失したらスペアキーを作ってくれる(正しい例外あり)

結局その日は奥様が車で息子くんを塾まで送ることで事なきを得ました。

息子くんが使っているABUSの鍵はこちら。





ABUSの鍵は購入時にスペアキーが1つ付属しています。(計2つ付属)
案の定スペアキーは靴箱の中に保管されていましたので、翌日以降は問題なく鍵を使えるように。

我が家の息子くん。
かなり心配性ということもあり、帰宅後は玄関にある鍵をかけておくキーフックに引っ掛けるようにしていました。
スボンのポケットの中に入れっぱなしにして、みたいなことは一度もなく。

本人も前日帰宅後キーフックに引っ掛けたと主張しています。

すると奥様がおずおずと発言・・・。

その日は段ボール等の資源ゴミ収集の日だったのですが、捨てる予定の段ボールは折り畳んでキーフックの下に積み重ねてありました。
もしかすると、段ボールをゴミに出す時に息子くんの鍵を巻き込んで一緒に捨ててしまったかもしれない、と。

その後ゴミ収集所周辺を探したものの鍵は見つからず。

スペアキーはあるものの、その唯一の鍵を紛失してしまったら今度こそ大変なことになります。
我が家にある工具類では、鍵のかかったABUSのチェーンを切断するのも大変そうですし。

スペアキーは作れるかな? と調べたところ、代理店経由で申し込めば作成は可能。





ただ、どうやらAmazon で購入したものはNGっぽいんですよね・・・。


心配性の息子くんに確認したところ、やはりスペアキーがないと不安。
鍵は紛失リスクもあることから、この際ダイアル式にしたいとのこと。


ちなみに、すぐに物を失くしてしまう我が家のお嬢様に関しては、最初からダイアル式のABUSを購入していた為、息子くんも同じものが良いと思ったようです。 



2. 新しいダイアル式ABUSを購入

正直このお値段の鍵をほいほい買い換えるのは気が引けたのですが、ABUSの鍵に付帯している盗難保険が2年、鍵も購入してから2年が経過していることから、この際保険を更新するつもりで買い替えてしまおうか、とのことに。

残った鍵はメルカリにでも出してみますかね。





お嬢様の鍵と色違いのものを購入。
ちょうどアマゾンのポイントアップ期間でしたし、前向きに考えることにしましょう。




3. そして・・・マーフィーの法則が発動

アマゾンから「発送したでー」と連絡が来た日の午後。
奥様がすっとんきょうな声を上げます。

何事じゃい、とそちらを見ると、お買い物カバンの中から何やら取り出して見せてきます。


key


はい・・・。

なくなったはずの、鍵ですね・・・。

なんでそんな所から出てきた!?



奥様が慌ててアマゾンにキャンセルリクエストを投げますが。




ご注文のキャンセルリクエストについてお知らせいたします。

キャンセルリクエストをしていただいていた以下の商品をキャンセルすることができませんでした。


さくっとメールが返ってきました。
そりゃ、もう発送済みですからね・・・。


「探すのを止めると、見つかる」
「商品発注後、キャンセルできなくなった途端に商品は必要なくなる」

そりゃもうマーフィーの法則みたいなもので。
何なんでしょうね。


ま、商品到着後にキャンセルすれば返金はされますが、返送手数料はこちら持ちなんですよね。


何か必要以上に振り回された気がしないではありませんが、鍵と盗難保険が新しくなったということで、まー良しとしましょう・泣





にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村