先日ロードバイクで使う鍵が壊れてしまいました。





ottolock は軽量な為、トイレ休憩だったらコンビニに立ち寄る位の時間であれば、特に問題なく便利に使える鍵として大変重宝していました。

それでも、ABUS BORDO LITE MINI もある為、そちらを使えば良いかな?と思っていたのですが、「基本どこにも立ち寄らないけどトイレに寄りたくなった時用」と考えると、440gと少し重さが気になります。

もう少し気軽に使える鍵も欲しいな、ということで今回新たに ABUS のチェーンロックを購入しました。





■ 気軽に使うカフェロックとしては全然アリなチェーンロック(ABUS チェーンロック 1500/60)




1. ロードバイク用の鍵も進化は打ち止め?

ロードバイクブームの数年前は、クラウドファンディング含め色々と新しい意欲的な鍵が登場していた印象がありました。

ottolock なんてまさにそうですよね。
軽さと頑丈さをバランスさせました!という感じでクラウドファンディングに登場して人気を博しました。

その筋の方にかかると、実は頑丈さ(セキュリティレベル)はそこまでではなかったようですが、バックポケットにも入る気軽さから広く受け入れられたように感じています。

今回改めて各社から出ている鍵を調べてみたのですが、明らかにABUS よりも良さそうと思える製品があまり見当たらなかったこともあり、無難にABUS から選択することにしました。

ここ数年、ロードバイク用の鍵に関しては、あまり革新的、意欲的な製品は出ていないようですね。
シートポストから飛び出る鍵とか、ギミックに富んだものは幾つか見かけたのですが、ちょっと奇をてらい過ぎかな・・・と。

ロードバイクブームも過ぎ去りましたし、鍵という特性上そこまで新しいものが次々と生まれるような製品でもないですしね。



2. ロードバイクの鍵に求める長さ

まず、一番最初に決めるべきは鍵の長さ。
ロードバイクを駐輪する際には、基本的には「地球ロック」するようにしています。

地面に固定されているポールやフェンスと一緒に鍵をかけることで気軽に持ち去られないようにする為です。

サイクルラックは厳密には地球ロックではないかな?と思いますが、サイクルラックごと持ち去ろうとするとなかなかのトラックを用意しないと難しいでしょうから、ほぼほぼ地球ロックと言っても過言ではないでしょう。

そう考えると、基本的にサイクルラックやコンビニのポール、フェンスに固定できる長さがあれば十分です。

今まで使っていた ottolock が76cmの長さだったのですが、実はこれが絶妙な「程よい」長さだったんですよね。

ABUS BORDO LITE MINI は長さが 60cm。
ほぼほぼ問題なく使えるのですが、意外とぎりぎりだったりすることもありますので、76cmというのは絶妙に使いやすい長さでした。


key_12


こんな感じに、ポールがそこそこ太さがあるとフレームに回すことができなかったり。

ただ、これは BORDO LITE MINI がプレート式の鍵ということもあり、固定する対象物に形状を自由に合わせて変形させることができないという特性もある為、60cm という実際の長さほどには長さが十分に使いきれなかったりするんですよね。

ということで、今回は形状を自由に変形できるチェーンロックであれば 60cmで十分だろうと判断しました。


ABUS-l-01



どんな構造物でも問題なくロックしようとするなら 100cm以上あるのが望ましいのですが、長くなると必然的に重くなってしまいますからね。

今回は軽さ優先、としたいと思います。


3. ABUS のセキュリティレベルについて

改めて ABUS のセキュリティレベルをご紹介。
ABUS のセキュリティレベルは最高が15となります。



ケーブルロックなどのLEVEL2のものから、最高強度のLEVEL15までラインナップ。
LEVEL15のモデルは巨大な工具などでも破壊が非常に困難なレベル。
クリッパーなどの耐切断はLEVEL8以上を目安に。
LEVEL4以下は、セキュリティは最低限ですが気軽な持ち運びができます。


ちなみに最高レベルのレベル15 は U字ロックとなり、重さはなんと1500g。
ホイールセットと同じ重量となります・・・。
















ちょっとここまでのものを持ち運ぶのは気が引けますね。


ちなみに ABUS 公式の推奨はこんな感じです。


ABUS-l-02



長時間目を離す形で駐輪するのであれば レベル8以上が推奨となります。

私がすでに保有している BORDO LITE MINI 6055 がレベル7。
お店から目の届く範囲に駐輪するとか、短時間離れる位であればこのレベルでも十分だと考えています。

ボルトクリッパーを使えばものの1分で破壊することは可能なのだそうですが、そんな不審者がいたら警戒するような場所にしか駐輪しませんので、その辺りは割り切りですね。

で、今回「軽快さ」を目的にしていますので、セキュリティレベルは3もあれば十分かな、と判断することにします。

用途に応じて使い分け、ですね。



4. ABUS チェーンロック 1500/60 使用レビュー

そんなわけで購入したのは、ABUS チェーンロック 1500(60cm)となります。


abus_l-05


早速重量計測。


abus_l-06


公称230gに対して、実測約224g。

ottolock が150gでしたので、約1.5倍の重さとなってしまいましたが、この位ならそれほど負担には感じないで済みました。
サドルバッグに入れる分には違いは体感できませんし、バックポケットに入れてもそこまで気になりません。

十分に気軽に使える重量ですね。

途中で切断されていますが、ottolock と並べてみます。


abus_l-03



まー、この位の長さの違いであれば、そこまで気にならないかな?


abus_l-04



形状に工夫がされている為、施錠すると自然と「輪っか」になる形です。
長さを最大限有効活用できますね。

実際にサイクルラックに止めてみるとこんな感じになります。


abus_l-02

abus_l-01


理想を言うと、後輪までまとめてロックできると良かったのですが、サイクルラックの上部に固定しようとすると長さは足りませんでした。

60cm長だとこんなもんですかね。

ただ、フレームに回して施錠する分にはまだゆとりがありますので、予め駐輪場所が把握できている場所であれば、ほとんどの場所で問題なく使えそうです。

ツーリングだったり初めて行く長距離ライドだと少し不安があるかもですが、普段使いとしては十分合格。

ちなみに、その筋の方の切断試験の結果だと、ottolock であればワイヤーカッターでも切断できてしまったそうですが、ABUS のチェーンロック 1500であればワイヤーカッターでは歯が立たなかったそうです。

ボルトクリッパーを使えば瞬殺だったそうですが・・・。
専用工具を持ち出されたら、ロードバイク用の鍵は多くが瞬殺されてしまうでしょうから、これも割り切りですよね。

ワイヤーカッターやニッパーでは切断できない、という辺りは個人的には程よい落とし所かと思います。


ottolock よりも若干重くなったものの、セキュリティレベルは向上しましたので、今回は程よい落とし所になったかな、ということでひとまずは満足しています。
















にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村