■ OGK KABUTO のヘルメット(VITT)にシルバーミラーのシールド(AR-5)を追加購入

現在私が愛用しているロードバイク用のヘルメットは OGK KABUTO の VITT。
シールド付きのヘルメットですね。





気づけば1年半ほど経っていますので、ヘルメットの寿命からすると折り返し地点に来てしまったことになります。

ってか、早いな・・・汗

私はメガネローディーですので、アイウェアは非常にハードルが高く(コンタクトレンズとか怖くてつけれません)、前回のヘルメット買い替えのタイミングでシールド付きのものを選びました。

そりゃもう快適。


その後夏場の日差しを念頭にスモークシールドを追加購入。





ただ、真夏の日差しを考えると、もう少し遮光性の高いシールドが欲しいな、と思っていたのですが、昨年はコロナ渦の影響でライドに出る回数も少なかったこともあり購入は見送り。

今年こそは、ということでこのタイミングでシールドを追加購入することにしました。
 







1. AERO-R1/V1、VITTのオプションシールドについて

OGK KABUTO のシールド付きヘルメットとしては、AERO-R1 / V1 シリーズがありますが、その後ミドルグレードとしてVITTが追加されました。





これらのヘルメット間ではシールド(ARS-3シールド)は共通となっており、可視光透過率の異なる複数のオプションシールドが用意されています。 


カラー 可視光透過率 重量 定価(税抜) Amazon実売価格
クリア調光 28〜88% 28g ¥10,000 ¥10,128
シルバーミラー 20% 22g ¥7,000 ¥7,582
ゴールドミラー 25% 22g ¥7,000 ¥6,784
スモーク 44% 22g ¥6,000 ¥5,500
ブルーミラー 54% 22g ¥7,000 ¥6,213
ライトスモーク(標準:AR-3) 65% 42g ¥2,500 ¥2,750
ピンクミラー 88% 22g ¥7,000 ¥6,460
クリア 92% 22g ¥6,000 ¥7,129


VITTに標準装備されているものは ライトスモーク(AR-3)となっており、オプションシールド(ARS-3)とはシールドの厚みと重量が異なっています。 



2. REZZA-2 のオプションシールドが追加

その後 OGK KABUTO からシールド付きヘルメットのエントリーグレードとして REZZA-2 が発売されました。





REZZA-2 に標準付属するシールドは AR-5 シールド(ライトスモーク)となっており、VITT標準付属のシールドとは互換性はありません。

ただ、オプションとして用意されている ARS-3 シールドについては、REZZA-2 でも全て利用可能となっていました。

で、私はすっかり見落としていたのですが、REZZA-2 発売数ヶ月後に、REZZA-2 用にシルバーミラーのオプションシールド(AR-5)が追加されていました。





ARS-3 シリーズにもシルバーミラーはラインナップされているのですが、AR-5 はお値段3500円(税抜き)ということで、ARS-3シリーズの半額となっています。

で、つい先日。
VITT用に、夏場の強い陽射し対策として ARS-3シリーズのシルバーミラーかゴールドミラーを買おうかなー、でも高いんだよなー、とうじうじ悩んでいたところ AR-5シリーズのシルバーミラーが発売されていることに気づいた次第でして。

おお?
値段半額!?
これってVITTにも装着できたりする?

と俄然鼻息荒くなったわけですが、当時、Amazonの商品ページのQ &Aには「REZZA-2用だからVITTには使えないよ」というコメントを見つけてしまい、一気に落ち込んでしまったんですね。

そんな意地悪な、と恨みがましくメーカーページを見ていたところ、ARS-3シールドのページの仕様を見るとVITTにも装着可となっているではないですか。

で、喜び勇んで Amazonでポチッと発注することに。

※その後、Amazon のQ &Aで「VITTにも使えるよ」とコメントが追加されていますね。




3. シルバーミラー(AR-5)を購入


mirror-03


我が家に到着した AR-5 シルバーミラーシールドがこちら。

ARS-3シールドは外箱や収納用の布ケースが付属していましたので、この辺りで差別化がされているようですね。


ARS3-03
 



(1) ARS-3シールドとAR-5シールドの比較
まずはARS-3 のスモークシールドと比較してみたいと思います。


mirror-04


手前がAR-5 のシルバーミラー、奥が ARS-3 のスモークシールドです。
湾曲が AR-5 の方がキツめになっております。


mirror-05


厚みは明らかに AR-5 の方があります。
VITTに標準付属している AR-3 に近いですね。

実はARS-3のシールドは左右両端の湾曲が少し「緩め」となっているが故に、末端部の張り出しが大きくなっています。


mirror-12


こんな感じですね。
外に広がっています。

で、地味な違いなのですが、私はこれがあまり好きではなく。
むしろ標準付属のAR-3 の方が湾曲がキツめなので、ヘルメットにもう少し寄り添っていました。

で、AR-5がこちら。


mirror-13


AR-3同様ヘルメットにより近づいていますね。

この辺りはシールドの厚みも影響しているのでしょうか。


お次はお決まりの体重測定。

まずはARS-3シールド。


mirror-10


ほぼ公称の22gですね。
標準付属のAR-3シールドが42gですから、20gほど軽量化されています。


お次はAR-5シールド。


mirror-11


AR-3同様、約42gですね。

何かと軽量が望ましいですが、この20gの違いはあまり実感することはないかもです。



(2) 遮光性の比較
さて、本題の可視光透過率です。

ARS-3 のスモークシールドが44%に対して、今回購入したシルバーミラーは20%。
ほぼ半減とのことですが、その違いや如何に?

まずはARS-3 スモークシールドから。
晴天下、順光の日差しで比較してみます。


mirror-06


光の反射が抑えられますので、かなり目に優しくなります。

お次が AR-5 シルバーミラー。


mirror-07


かなーり光の反射が抑制されます。
影の部分は大分暗く見えますね。

お次は目に眩しい緑で比較してみましょう。

まずはARS-3スモークシールド。


mirror-08


緑の葉は、かなり太陽光を反射していますので、スモークシールド越しだとぐっと落ち着いた色合いになります。


続いてAR-5 シルバーミラー。


mirror-09


かなーり暗くなりますよね。

で、これはカメラで撮影している為にここまで「極端な」見え方になりますが、人間の目ってよくできたもので、実際にシルバーミラーで見てみると、ここまで暗く感じることはありません。

先日のライドに一日持ち出してみましたが、晴天だととても快適でした。
薄曇りの時間帯でも、ストレスに感じるほど暗くなることはありませんでしたので、日差しの強い5月から9月までであればシルバーミラーで良さそうですね。



(3) 外観
お次は見た目。
周囲から「目線が見えない」ことを重視する人もいるのではないでしょうか?

ARS-3 スモークシールドだと、外からも目線はばっちり合いますので、あまりすれ違い様に人様をジロジロみるわけにはいきません。

シルバーミラーだとこんな感じ。


mirror-01


全く目線が見えません。


mirror-02



角度変えても全く見えないですね。


私、どうしても他のローディーのフレームやホイールが気になってしまい、かなりジロジロ見てしまうタイプですので、これで安心して視線を気にせずに確認できそうです・笑


正直、ARS-3 のシルバーミラーだとちょっとお高いな、と敬遠していましたが、AR-5 の価格であれば「お安い中華製サングラス」を買うくらいの感覚で購入できますので、「少しでも軽くないと嫌」という人でなければ、おすすめできる商品ではないかと思います。


今年の夏は大活躍してくれそうですね。





 



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村