先日、Wahoo のサイクルコンピューター、ELEMENT ROAM のレビューを行いましたが、その際に明らかになったのが Garmin Edge1040 の斜度(勾配)表示問題。





とにかく勾配の表示が不正確。
もともとそこまでの精度を求めているわけではないですし、目安にさえなってくれれば満足ではあるのですが、実際の斜度に表示が追いつくまで5秒程度のタイムラグがあります。

Garmin Edge の勾配表示に関しては、内蔵されている気圧高度計で数値を計測する仕組みになっていますので、万が一初期不良だったりすると嫌だな、ということでガーミンのサポートに問い合わせてみました。





■ Garmin Edge 1040 の勾配表示が不正確な問題について



1. Garmin Edge1040 で斜度表示の問題が発覚

先日の記事でも書きましたが、勾配の表示が不正確なんですね。

  • 購入当初から感じていたが、Garmin Edge1040 に関しては、上り坂に入ってからの斜度の反映が明らかに遅い
  • 例えば平坦から上り坂に入ったとして、Edge1040 の斜度がプラスになるまでタイムラグがあった
  • 上り切って下り坂に入った後も、斜度がマイナスになるまでに若干のタイムラグがある為、斜度が刻々と変わるシチュエーションにおいては、常に実際の斜度とEdge1040 に表示される斜度にずれがある状態
  • 今までは「ちょっとラグがあるかな」と見逃してきたが、ELEMENT ROAM は上り坂になった途端、瞬時に斜度が変わる為、Edge1040 のタイムラグをカウントしてみたところ約5秒のズレがあることが明らかに

当然走行スピードによって勾配表示のタイムラグは変わるとは思いますが、このライドの際は上り坂でも下り坂でも、おおよそ5秒のズレが常に出ていまして、「さすがに初期不良の可能性があるよな」ということで、ガーミンのサポートセンターに問い合わせることに。

発生事象を伝えたところ、「修理依頼出してください」とのことになりました。
購入から11ヶ月ということで、ギリギリ保証期間内ということで、今回は無償修理扱いとなりました。 



2. 初期不良として修理を依頼

さすがはガーミン。
修理依頼はとってもスムーズでね。

修理依頼の流れは公式サイトでも説明されていますが、ざっとこんな流れになります。


  1. そもそも、修理に出す前にソフトウェアバージョンが最新化されているかを確認。公式サイトのFAQで解消される問題もあるので、公式サイトで事前の確認を実施
  2. 修理依頼フォームから修理・点検の受付を実施。すぐに申し込み受付に関する自動返信メールが届く
  3. その後、「製品送ってね」というメールが届く。製品本体を郵送する際に、「送り状に修理受付No.書いてね」「できればメールに添付したお客様情報(住所・指名・バーコード等が表示)」を印刷して同封してね」と言われる為、スムーズに手続きを進める為に指示に従ってコンビニから発送実施
  4. 修理品が到着すると「届いたよ」というメールが届く
  5. 修理品の検証が完了すると、結果の連絡が届く。今回のケースでは製品が到着してから3日後(週末を挟んだ為営業日ベースでは1営業日)に検証が完了
  6. 製品発送のタイミングで「送ったよ」のメールが届く

製品の故障対応としては、完璧ですね。
今どういったステータスにあるのか、次に何が起こるのか(何をしてもらう必要があるのか)が毎回適切なタイミングで分かりやすく伝えてくれますので、とってもストレスフリー。

今回は新品交換になったのですが、修理受付を出してから代替品が手元に届くまでがちょうど1週間でした。

サポートがこのようにしっかりしていると、新しい製品が発売された際にも安心して手を出すことができるんですよね。


gmn_rpr-01


こちらが送られてきた代替品。
事前にメールでも伝えられていましたが、保証書(マニュアル)等の同梱品については事後、別便で送られるから待っててね、との注意書きも同封されていました。


gmn_rpr-02



シリアルNo.が変わっていましたので、新品交換ですね。

そして、その翌日に郵送で同梱品が送られてきました。


gmn_rpr-05



今回は、ケースやストラップを外して送付していますが、製品保証書(マニュアル)を送っていたのと、画面に保護フィルムを貼っていたので、そちらが送り返されてきました。


gmn_rpr-04



保護フィルムも、丁寧に剥がしてくれたようで、新しいものに貼り替えなくてもそのまま使えそうです。助かりました。 



3. 問題事象は解決されたのか?

さて、問題の勾配表示のタイムラグについてはどうなったのか。

ちなみに、サポートセンターからの見解がこちら。




同様の環境での検証が出来かねるため症状の再現性を確認することができかねますが、今回は念のため交換対応を行わせて頂きます。交換製品にて様子を見ていただけますようお願い申し上げます。
 


まーそうですよね。。。
実は最初に問い合わせを実施した際にも、「勾配表示がおかしいから修理せいっ!」という問い合わせは行なっておらず、「こういったシチュエーションでこういった勾配表示の問題があるが、これは仕様の範囲内なのか教えて」という問い合わせを行なっています。

その為、「確認するから送ってね」「確認してはみたものの、再現性確認には限界があるので新品交換するよ、ごめんね」という対応になったわけです。


生憎と週末は天気がよくなかった為、合間を縫って近所をちょろっと走ることしかできなかったのですが、「さすがガーミン完璧!」という感じではなさそうです。

Wahoo ELEMENT ROAM と一緒に連れ出したが、上り坂に入った際に先に斜度がプラスに変わるのは ELEMENT ROAMでした。

ただ、どちらもタイムラグはあります。
Garmin Edge も、以前ほどのタイムラグはない・・・ような・・・気も?

ちょっと近所の短い坂で確認しただけですので、改めて天気の良い週末にがっつり比較検証してみないといけなさそうです。

さてさて、どうなることやら。





 












にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村