今日はとにかく1年間頑張った自分を自己正当化してあげよう、というお話になります。
いやいや知らんがな、と言わずにお付き合いいただければと。





■ トレーニングを継続することの大変さを実感

ことあるごとに繰り返される「いやいや、ロードバイクでレースに出ようとは思ってないんですけどね」という言い訳のような呪文。

それならなんでトレーニングなんてするんだろう?とか思うわけですが・・・。

ジョギングをするようになって丸1年が経過しましたが、ことジョギングに関しては「とにかく体調が良い」「体が軽くなった」という点で日常生活にも良い影響が。

もともと筋肉不足、体幹が弱いという痩せ型体質だったこともあり、ロードバイクにも好影響がありました。





3本ローラーで追い込むトレーニングを続けるのはしんどいな、と思っていましたが、ジョギングは比較的楽しく継続できてきました。

そう、コロナワクチンを接種するまでは・・・。

この1年、じてトレさんのTSBシミュレーターを愛用させて頂いてきたのですが、コロナワクチン接種前後で如実に変化が出ています。


mgs-03


コロナワクチン接種前までは「いつかCTLを60に!」を掛け声に頑張っていました。
これまたじてトレさんからの受け売りになりますが、

  • CTLは6週間の練習効果の平均値
  • がっつりトレーニングしている選手で CTL=100
  • 社会人だと時間的制約もあることから、60〜80くらいが目安になるかも

とのことでしたので、「社会人だけど頑張ってトレーニングしてます」という端くれとして CTL=60を目指していたわけですね。

CTL=60を目指す場合、週間のTSSは420が必要なわけですが、この1週間400というハードルを継続することが、そりゃもう半端なく大変でした。

私の場合は、だいたい CTL=54〜56(1週間のTSS=380〜390くらい)をうろつくことが多く、なかなかその壁を打ち破ることができませんでした。

そんな矢先、コロナワクチンを接種して寝込んでしまい。





副反応が落ち着いてから再びトレーニング(ジョギング)を再開するも、2回目でまた寝込み。





ここで心が折れましたねー・・・。

がつんと下がった CTL を再び戻すには2ヶ月くらいかかることでしょう。

なんか、もう数字追いかけるの止めても良いかな〜、なんて。


そして一気に運動時間が減っていきました。


mgs-04


ただ、1年間ジョギングを続けた成果として、「ライドが楽になった」という点があり、そのおかげでライドに出かけるのはめっっっっちゃ楽しくなりました。

どうしてもワクチン接種でお休みした関係から、筋肉は少し落ちてしまった気がしますが、スタミナ面はそこまで落ちておらず、以前よりも楽に走れるようになったんですよね。


そうなんです。


週末ローディーにとって一番大切なのは、「週末楽しく走る」ことに尽きるわけで。


週末走って綺麗な景色を眺め。


mgs-01


美味しいランチを食べて。


mgs-02


これが一番じゃね!?という話なわけで。


ということで、いったん年内はそこまであくせくしないで、週末ライドをのんびり楽しむに留めようかな、と思っています。

1年間ジョギング頑張って続けた、という節目でもありますし。


また年明けからでも、CTL=60の壁を目指して頑張ってみましょうかね。








にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村