先日、刺激的なタイトルの記事が出ていました。
自転車業界は、自転車を購入する人にアグレッシブ過ぎるバイクを売りつけており、多くのサイクリストが本当に必要としているバイクを売っていないのか?という内容です。





先日も「レースバイク」と「ロードバイク」は似て非なるものであり、現実世界(特に路面の舗装状態が日本ほどではない海外)ではレースのみに特化したバイクであり、区別すべきだ、という記事もありました。

カメラ業界でもそうですが、プロが使っているものと同じものを「お金を出しさえすれば」使うことのできる世界では、常にこういった議論がありますよね。






■ 今の自転車業界で必要とされているものは何なのか



1. 自転車レース人口は順調に増えている

まず、英国のレースライセンス保有者についてですが、ブリティッシュサイクリングに登録されている会員数は2012年には64,000人、レースライセンスの保有者は21,000人でした。

このブリティッシュサイクリングですが、登録をすると、自転車関連用品の購入が割引されたり、自転車保険がついてきたりするサービスを提供しています。
また、レースライセンスを保有すると、各種イベントへの優先参加権を得ることができるようになります。

その会員数が、2022年には15万人(2.34倍)に、レースライセンスは26,500人(1.26倍)に増加しています。

10年間の伸びとしては、レースライセンスは順当なことろですが、会員総数は倍以上に増えていますので、サイクリスト人口は確実に増えていると捉えて良さそうです。

ただ、ここで注目すべきなのは、「シリアスレーサーよりもホビーライダーの方が確実に多い」という状況なわけで。



このようにサイクリストの層が変化していく中で、サイクリング業界が誘導する自転車と、実際にお客様の体やライディングニーズに合った自転車との間にズレが生じているのでしょうか。結局のところ、どんな人間も、相当な努力とトレーニングなしに、アグレッシブなレースポジションに身体を折り曲げられるようにはできていないのです。


こんな疑問を投げかけているんですね。




2. 自転車を買いに来る2種類の人種について

そもそもロードバイクには大きくジオメトリーの側面からは2つの方向性があります。

  • レースジオメトリー:長いリーチと低いスタックを持ち、体幹をより水平にし、重心を低くすることで、より空気力学的で操縦性の高いバイクを実現。ハンドリングはよりクイックで軽快になる
  • エンデュランスジオメトリー:スタックが高くリーチが短いため、より直立した姿勢になり、柔軟性と体幹の安定性への要求が少なく、ハンドリングはより安定しコントロールしやすいバイクとなる

この記事では、あるバイクフィッターの元に来るサイクリストにも、大きく2種類の傾向があると説明されています。

  • ライダーA:「最高のバイク」はプロが乗っているものだと考え、軽量性が重視されるショートスタック/ロングリーチのジオメトリーを購入しようとする。このようなライダーは、プロの真似をして購入しており、バイクフィッティングを第一に考える哲学をあまり理解していない
  • ライダーB:流行やルールに捉われることなく、他者のアドバイスを尊重し、自分の身体的特徴やライディングの目的に合わせて、ロードバイクを広い選択肢の中から選んで購入しようとする

おー・・・。

「プロが乗っている」かどうかは知りませんでしたが、見た目の格好良さに惹かれてレースモデルのピナレロを購入した私は、まさにライダーAですね・笑


で、このサイクリストの比率がどれくらいかというと、ライダーBが1人に対して、ライダーAが5人の割合なんだそうです。




なんか、分かる気がします・・・。




「EOSの一桁に白レンズ買っておけば良いんでしょ」とか「ニコンにあらずばカメラにあらず」みたいな以前のカメラ業界も同じでしたよね。
(いや、私はキヤノンもニコンも好きで使っていましたよ?)



実際に購入を希望するケースに関しても、より実態に即したエンデュランスモデルよりも、レースモデルのフレームを希望する割合が多いようで。

スポーツ走行や友人とのロングライドを楽しむことが多いのでは?という購入希望者に対して、空気抵抗よりも快適性を重視したフレームの方が良いですよ?と説明するのに多くの時間を割かれるそうです。

なんか、分かる気がします。




3. 無知な購入者が問題なのか、ショップに責任かあるのか

では誰に責任があるのでしょうか?

ロードバイクを製造するメーカーは、エンデュランスバイクからレースバイクまで、購入者のニーズに合わせて複数ラインナップされています。
最近では、よりアップライトなポジションが取れるグラベルバイクもラインナップに追加されるようになりました。

その点からは、メーカー側には責任はなさそうに思えます。


ロードバイクを購入しようとするサイクリスト候補に問題があるのでしょうか?

これは難しいですよね。
どうしたって最初は誰でも素人なわけで。
情報の非対称性のある領域において、無知な購入者を「知らなかったお前が悪い」と決めつけるのは簡単なことではありますが、あまりフェアではありません。

私もジオメトリーの何たるかは頭では理解していましたが、実際に腹落ちして理解できるようになるまでには、ロードバイクに乗るようになってから4年以上はかかった気がします。
(お前の理解が遅いだけやろ、というツッコミは甘んじて受けますが・汗)


丁寧に説明をしないショップ側に責任があるのでしょうか?

確かに、在庫をさばきたいショップ側からすると、顧客が気に入ったというバイクが目の前にある以上、「(実はエモンダよりもドマーネの方がお勧めなんだけど)エモンダは良いバイクですし、お客様の身長にも合うサイズですね」と販売してしまうこともあるでしょう。

彼らにも売上目標がありますし、生活がかかっているわけであまり責めることもできないような気もします。



ほんと、誰か一人が悪いわけではないんですよね、きっと。



では、もっとラインナップをサイクリスト人口に合わせてエンデュランスモデル寄りにしたら良いではないか!という指摘もあるでしょうが、サイクリストの啓蒙が進まない限りは、そのメーカーの売上が落ちるだけでしょうし。



元記事では、自分に合わないバイクを買ってしまったとして、ステムを交換したりハンドル位置を調整することで乗れるようになったとしても、それはそのバイク本来の個性を「殺した」乗り方になる可能性もあるわけで、やはり自分の志向に合ったジオメトリーのバイクを購入することが一番重要だ、という形で締めくくっています。


そりゃそうだ。



ただ、やはり一番の問題は、先に挙げた「ライダーA」には、その記事の意図も届かないんだろうな、という点ですよね。



ということで、個人的な見解ですが。
もっと見た目が格好良く、誰もが一目見たら欲しがるようなエンデュランスモデルを、各社もっと作って頂きたいな、と。

ビアンキさん、2022年モデルはオルトれは格好良いのに、インフィニートCV、ずば抜けて格好悪いですよ。

スペシャライズドのエートスとか、「純粋に走りを楽しむ」といったコンセプトのバイクがもっと増えてくれたら嬉しいですね。