■ BROS ホイールバッグを購入

これまで、普段使わないホイールはサイクルハウスの中に吊り下げて保管していました。


syako_13


アルミフレームのサイクルハウスは、百均でフックを買ってくると、あれもこれもぶら下げることができるのでとても便利なんですよね。











つい先日、ホイールをコスミックプロカーボンUSTからキシリウムエリートUSTに戻すことにしました。





ではコスミックプロカーボンUSTはもう使わないか?と問われると、またしばらく経ったら「あの巡航時の加速性を再び!」となる日も来そうだな、ということで現在もサイクルハウスで大切に保管しています。

ただ、アルミフレームに百均のフックでぶら下げていると、サイクルハウスに出入りする時にスポークに引っ掛けたり、リムにぶつかったりと傷をつけてしまいそうで、少し気になっていました。

キシリウムエリートUSTを保管していた時には気にしたこともなかったのですが、やはり「カーボンホイール」となると、何かと神経質になってしまうんですよね。

ということで、今回はホイールバッグを購入することにしました。

本当は、マビックのホイールバッグが欲しいのですが、なかなかこのお値段だと手が出ません・・・汗





もう少しお手軽価格で、ということで色々と物色したりレビューを参考にさせて頂き、BROS ホイールバッグ(二個セット)を購入することに。

Amazonでポチッと。


で、到着。


wheelbag-01


早速広げてみます。


wheelbag-02


リーズナブルなお値段の割には作りはしっかりしていますね。


wheelbag-04


あまり聞いたことないブランドですが。


wheelbag-05


ファスナーはダブル。
シングルとでは使い勝手が全く違いますので、こういった辺りで手を抜いていない点も好感持てます。
ファスナーも特に引っ掛かりもなくスムーズでした。


wheelbag-06


こちら取手部分。
長さを好みの長さに変更できるようになっていますので、保管用としてだけではなく、持ち運びも意識したバッグになっています。


wheelbag-07


約48~89cmの間で変更できるそうで。
私の場合はサイクルハウスの中に保管しておくだけですので、特に変える予定はありませんが。


wheelbag-08


こちらが裏地中央部分。
クイックリリースやスプロケットが当たっても傷つかないように補強されています。


さて、一番の問題はサイズ感でしょうか。


wheelbag-03


ホイールバッグにホイールを重ねてみます。
意外とぴったり・・・?

ドキドキしながらホイールを収納してみます。


wheelbag-09


クイックリリースとスプロケットが付いたままでも問題なく収納できました。
コスミックプロカーボンUSTはリム内幅は19C。
履かせているタイヤは IRC Formula PRO RBCC の 25cということで、比較的細身なタイヤになりますが、この組み合わせだとまだまだ余裕がありました。

もう少しワイドリム、ワイドなタイヤでも問題なく収納できそうですね。


wheelbag-10


無事、前後輪ともに収納できました。

しばらくはキシリウムエリートUSTでのんびりライドを心がけようと思いますが、また「がしがし」走りたくなった時には活躍してもらおうと思います。









にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村