先日購入した Garmin Edge1040。





商品が届く直前に、ステムマウントホルダーの初期不良で落下した Garmin Edge1030。






シリコンカバーのお陰で事なきを得ましたが、購入したばかりの Garmin Edge1040 は、できれば落としたくありません。

しかも、純正のシリコンケースですが、発売前に予約注文したにも関わらず、現時点ではまだ到着していません。
発売前は発売日以降お届け、な感じだったのですが、発売日を過ぎても発送されず、結局「1〜2ヶ月後に到着」とステータスが更新されてしまいました。





生産が追いついていないのでしょうか?

純正でもストラップが付属していますので、ストラップをステムマウントホルダーにぐるん、と引っ掛けてからマウントすれば、落下を防止することは可能。

とはいえ、毎回「ぐるん」と引っ掛けるのもちょっと面倒。
何か良いものはないかな?ということで、今回はスマホでも使うリングストラップを購入して試してみることにしました。
 





■ サンワサプライ フィンガーストラップを Garmin Edge1040 で使う



1. サンワサプライ フィンガーストラップ

strp-01


はいどん。

Amazon でポチッと購入して、翌日には届きました。
おしゃれ感はありませんが、安定・安心のサンワサプライ。
在庫も豊富ですね。


スマホにつけて使用するのが一般的な使い方ですね。



strp-06
サンワサプライ公式サイトより拝借


こんな感じ。

で、私が今回注目したのは、このリング部分がナスカンになっている点です。


strp-02



これなら、ハンドル周りのどこかに引っ掛けることができるのでは?と考えたわけです。



2. Garmin Edge1040 に装着

早速 Garmin Edge1040 に装着してみます。


strp-03


思っていたよりも、サイズ感、ストラップの長さはぴったりでした。

ちなみに Garmin 本体についているシールは、お嬢様からの頂き物となります。 



3. ハンドル周りのケーブルに引っ掛けてみた

購入当初は、ステムマウントホルダーに引っ掛けることができれば強度的にも心配ないかな、と思ったのですが、ナスカンをうまく引っ掛けることができず。


結果、ケーブルに引っ掛けてみることに。



strp-04


はい、ぴったり。

で、マウントから外してみると、こんな感じになります。


strp-05


この長さだと、ホイールに巻き込まれることもなさそうです。

当然、この状態で長距離を走ることはお勧めされたものではありませんが、落下防止で一時的にぶら下がるだけであれば、ケーブルの強度的にも問題はなさそう。


ライド中に、実際にお試しすることにならないことを祈るばかりですが、ちょっとした保険としてはちょうど良いですね。

ナスカンの付け外しもワンタッチで楽ちん。

しばらくはこの組み合わせで使っていきたいと思います。




 



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村