先日、「そろそろフリーボディーオイルの交換時期だな」ということで、フリーボディーオイルを注入しようとメンテナンス作業を実施した時のこと。

がっつりラチェットが破損していました・・・汗

ほんと定期的なメンテナンスの重要性を再認識することに。
ラチェットが完全に破損してしまえば、そもそも走行不能になってしまいますからね。
早めに気づけて良かったです。

 





■ マビックのラチェット(FTS-L)が破損していた



1. マビックのラチェット(FTS-L)構造について

私が使っているホイールはマビックのコスミックプロカーボンUST。
ラチェットは FTS-L という二つ爪のタイプになります。


sp_12


こんなスプリングのついた爪が2つ。


sp_16


スプリングが付いていますので、通常はこんな感じで爪が起きています。



2. ラチェットのスプリングが破損

今回もメンテナンス時に汚れたオイルを拭き取ろうとラチェットを確認したところ、片方の爪は起きていたのですが、もう片方の爪が寝たままの状態に。

何かゴミが入り込んだりして、引っかかりのせいでバネが伸びなくなっているのかな?と確認したところ。


rat-02


なんと・・・。
スプリングが超短くなっています。


どうやらスプリングがねじ切れてしまい、ずっとラチェットが寝たままの状態になっていた模様。

ねじ切れたスプリングはどこを探しても見つからず。
どこ行ったんだろ?


この状態にいつからなっていたのかは分かりませんが、走行時に1つのラチェットに全てのトルクがかかっていたことになるわけで。
ちょっとやそっとで折れるようなものではないと思いますが、この状態で使い続けていたら、いつか負荷に絶え切れずに破損していたかもしれません。

それでいて、普段乗っている分には何も症状はありませんし、気づけないトラブルなわけで。

もともとマビックの FTS-L を採用したホイールの場合、走行距離1000km程度でフリーボディーオイルを交換することが推奨されていますが、2つしかないラチェットが破損していないかを確認するという意味でも、定期的なメンテナンスは大切ですね。 



3. 取り急ぎキシリウムエリートUSTからラチェットを移植

このままの状態で走り続けるのはさすがに怖いということで、同じく FTS-L のラチェットを採用しているキシリウムエリートUSTから、ラチェットを1つ拝借することにします。


rat-01



走行距離は圧倒的にキシリウムエリートUST の方が多いはずなのですが、そちらは今でもラチェットはトラブルフリー。

こういうのはほんと当たり外れの世界ですね。


今確認してみると、FTS-L ラチェットキットは残念ながら Amazon は欠品中のようで。





マビックはラチェットを ID360 にシフトしていっていまして、キシリウムどころかアクシウムですら ID360 になってしまいました。

今のうちに交換用のラチェットを手に入れておかないと、どんどん入手性が落ちていきそうですね・・・。

早めにショップ経由で購入した方が良さそうです。




 



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村