最近ホイールを交換したり、リアディレイラーが破損したりと交換続きの息子くんのクロスバイク。





他は大丈夫だろうね!?ということで、駆動系を確認してみたのですが、他のパーツに問題はなく、ブレーキシューもまだたっぷり。

大丈夫かな、とバイクを持ち上げたところ。

ハンドルグリップがベタベタじゃないですか・・・。

息子くん、こういうの気になったりしないのかい?
 





■ クロスバイクのグリップを交換(GIZA PRODUCTS CSG-610 Grip 130)



1. 加水分解とは

ゴム製品(輪ゴムとか)は、しばらく放っておくとベタベタになったりしますよね。
自転車のグリップもそうですが、耐水性の低いゴムと水分が化学反応を起こし、新しく別の「ベタベタな」化合物になってしまうことを加水分解と呼びます。

先日も折り畳み傘の持ち手部分がベタベタになっていたので、消しゴムでごしごしこすった後、重曹で念入りに洗浄したらベタベタを取り除くことができました。

自転車のグリップも、ただベタベタしているだけなら、重曹を水に溶かした溶液や無水エタノールで拭き取ると、かなりベタベタを取り除くことはできます。


ですが。



grip-01



息子くんのグリップの場合、加水分解もそうですが、そもそもグリップ表面の滑り止めが全て消えてなくなってますね・・・。

これはもう、新品交換が一番ですね。



2. グリップを交換

息子くんに、「せっかくだからエルゴタイプのグリップとかに交換してみる?」と聞いてみます。
クロスバイクの最もお手軽なアップデートって、グリップですから。





Amazonに並ぶエルゴグリップをいくつか息子くんに見せてみるも、反応はイマイチ。
やっぱり今と同じような、シンプルなグリップが好きなようです。

ただ、逆にシンプルなグリップの方が少なかったりして。

そんな中、評価もそこそこでシンプルなもの、ということで今回はギザプロダクトのグリップを購入。





シンプルイズベストってやつですね。

ベタベタになったグリップは、エンドを固定しているプラグを六角レンチで外し、力技で引き抜きます。
折角の機会ですから、片方は私が、片方は息子くんが作業することに。

今回購入したグリップは、エンドの固定部品などはなく、シンプルにハンドルバーに被せるタイプですので、これまた力技で押し込むだけ。

グリップの内部を水で濡らして、ぐりっ、と押し込んで完了。


grip-02


いやー、新しいグリップは気持ちが良いですね。

タイヤ、チューブ交換もそうですが、息子くんも自分でできる作業が一つずつ増えてきていますので、心強い限りです。



 



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村