ロードバイク界隈では非常に有名なヒラメポンプ。

こいつを選んでおけば間違いない、の筆頭ですね。





私もポンプヘッドはヒラメポンプに交換しているのですが、ここにきて若干不具合が生じるようになりまして、ゴムパッキンを交換しました。





■ ヒラメポンプのゴムパッキンを交換



1. 症状

ヒラメポンプにポンプヘッドを交換してから3年には届かない位なのですが、ここ最近、ポンプヘッドを固定しても空気が抜けるようになってきました。


hrmgm-02



ヘッドを調整して空気が漏れないようにしていたのですが、時々ヘッドが「ぶしゅっ」とすごい勢いですっぽ抜けることもありましたので、そろそろゴムパッキンの交換時期かな、と考えていました。

ちなみに、ヒラメポンプの公式ではゴムが劣化した際の問題点につき以下のように説明してくれています。




パッキンが劣化すると(圧縮され固まった状態)バルブ固定力が弱まります。
この状態で加圧調整ネジを締め込みますと、レバーをロックする際に強い力がかかり、レバー破損の原因となることがございます。



パッキンが劣化しても、ネジを調整すれば固定はできるのでしょうが、それは「想定している以上に強い、強引な固定」になるということですので、空気が漏れるようになってきたな、と感じた場合、無理して調整して使い続けるよりは、さくっと交換してしまった方が良いようです。

各方面のブログなど漁ってみると、4年〜6年くらいで交換した、という記事を見かけるので我が家は3年と若干早め。

ポンプの使用頻度は平均すると週に2回程度となりますので、そこそこ使ってきました。

まだ交換には早いかな?と思わないでもなかったのですが、上記公式の説明を見ると、あまり無理せずに早めに交換してしまった方が良さそうです。















2. 劣化具合

まずはポンプヘッドを分解してみます。


hrmgm-03


この真ん中のパーツに入っているのがゴムパッキン。


hrmgm-04


こちらになります。

で、新品を準備します。


hrmgm-01


こういった消耗品を安価に供給してくれるのは有難いですね。

早速並べてみます。


hrmgm-06


右側が使用済み品。
見るからにヘタってきています。


hrmgm-05



横からみたところ。
こうやって並べてみると、「圧縮されて固まった」とでは感じません。

どれ位「圧縮されて」いるのか、計測してみました。


hrmgm-08


まずは新品。
厚みは3.2mmとなっています。


hrmgm-07


こちら使用済み品。
2.9mmとなっています。

ちょうど10%ほど圧縮されたようですね。

この程度でも、空気が抜けるようになってきました。
お安いパーツですから、ケチケチせずに2〜3年で交換してあげた方がヒラメポンプを長く使い続ける為には良いのでしょうね。



3. 交換した結果

交換後にネジを調整して使ってみたところ、そりゃもう気持ち良いくらい「くいっ」と固定され、空気漏れも一切ありませんでした。

そうそう、ヒラメポンプといったらコレですよ、という位軽い力で確実に固定できました。

今回はショップにも在庫がなかった為に他店から取り寄せてもらって購入したのですが、今見ると Amazon で送料無料で在庫がありますね・・・。

ちなみに Amazon の場合、常に在庫があるわけではないので、送料無料で在庫かある時は購入のチャンスです。


気軽に交換できるようにする為に、ストックを買い足しておこうかな・・・。

















にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村