拙ブログはロードバイクブログなわけですが。
昨年からジョギングを始めたこともあり。

折角 ambie の完全ワイヤレスイヤホンのサンプルをお借りしているということもあり、ジョギングで使ってみたらどうだろね?ということで、試してみました。

結論から言うと、ロードバイク以上にジョギングではかなりお勧めなのでは?ということで、折角ですのでご紹介してみようと思います。





■ ambie 完全ワイヤレスイヤホンはジョギングにも最適だった



1. ForeAthlete 745 と合わせて身軽に音楽を楽しめる

これまでジョギングにおいては、ForeAthlete745にダウンロードした曲を、AfterShokz AEROPEX で Bluetooth 接続して聴いていました。





とにかく身軽に音楽を聴くことのできるこの組み合わせは最高ですね。
AEROPEX も26gととても軽量で、ジョギング時に重さが気になったことはありませんが、ambie 完全ワイヤレスイヤホンは、片耳 4.2g とほぼ3分の1に。

ロードバイクに乗っていた時にはあまり気になりませんでしたが、体の上下動が発生するジョギングにおいてこの重量差は大きいようで「身軽になった感」を実感することができました。
 



2. ForeAthlete 745と接続

スマホ、タブレットとの接続はスムーズだった ambie ですが、ガーミン ForeAthlete745とは一発接続、とは行きませんでした。


ambie-83


ForeAthlete 745側でセンサー追加を実施すると、ambieを認識はするのですが、ambie を選択して接続しようとすると接続エラーとなってしまいました。

何度繰り返しても接続失敗してしまう為、初日はスマホを持ち出して ambie を使うハメに。

ですが、翌日に試してみたところあっさりペアリングに成功。
何だったんでしょうね。

比較的ガーミン製品は各種センサーとの接続には相性問題もあるようなので、ambie 側の問題というよりはガーミン側の問題かと思います。

ちなみに、スマホとの接続においては、一度接続してしまえば音飛び、切断等一切ありませんでしたが、ForeAthlete745 との接続の場合、接続後一定時間(20〜30秒くらい)は、イヤホンの右側は接続したり瞬断したり、を繰り返していました。

私の場合、ForeAthlete745を左腕に装着していますので、体で遮られる右側との接続安定性が低くなるんでしょうね。

一定時間経過後は接続は安定していますので、この症状は最初だけのようです。
但し、ほぼ毎回出ますので、これまたForeAtlete745側の問題かと思います。

冬場、厚手の長袖ウェアを着て ForeAthlete745を覆い隠してしまうと、腕を下げてイヤホンからの距離が遠くなった時に瞬断するケースがありましたので。 



3. スロージョギングとの相性抜群

音質や使用感については、基本的にロードバイクに乗っている時と評価は変わりませんので前回の記事を参考にして頂ければと思いますが、ジョギングで感じたことの一つに、スロージョギングとの相性の良さ、があります。

今年に入ってから、スロージョギングを意識するようになったのですが、それと合わせてジョギング時に聴く音楽をハイテンポでノリノリなものから、スローでゆったりした選曲に切り替えました。




音楽の力は偉大なもので、ハイテンポでノリノリな曲を聴いていると、どうしてもペースが上がりがちなんですよね・・・。

その為、ジョギング時にはスローでゆったりした曲を聴くようになっていたのですが、先日のレビュー記事でも書きましたが、J-POPのスローなボーカル曲だったり、Jazz ボーカル曲は ambie が比較的得意とする曲なんですよね。

ゆったりした曲で、かつ少し Lo-Fiな感じの ambie の曲が結構マッチするんです。

イメージ的には、「海の家でかかっているラジカセから聞こえてくる音楽」みたいな感じでしょうか。


ambie-01


この季節、昼の暑さが残る夕方にゆったりジョギングするのに、ambie はとてもしっくり来ました。

逆に、アップテンポでノリノリで走るぜ!という人には、AEROPEXの方が合うかと思います。 






4. マスクと干渉しない軽い装着感がとにかく最高

私が普段走るジョギングコースですが、基本、マスク着用が必要になっています。

  • コロナ渦を受け、最寄りの公園では、ジョギング時にはマスクをする旨の掲示がある
  • 川沿いを走るコースでもあり、夕方になると小さな虫が多く飛んでいる為、スポーツマスクをしていないと時として虫が口に飛び込んでくる

最近はジョギング時にパールイズミのベンチレーションマスクを使っています。





紐で耳にかけて使うタイプになりますので、AEROPEXと一緒に使うと、ジョギング終了時にイヤホンを取ろうとすると、2回に1回はマスクの紐と絡まってしまうんですよね。

ほんの些細なことなのですが、地味にストレスを感じるシーンでした。

ambie だとこれが皆無なわけで。
そりゃもう快適です。



5. サマリ

ambie 完全ワイヤレスイヤホンを使ってみると、これまで使っていたAfterShokz AEROPEX と比べると、明らかに音質は低下しています。

ロードバイクの場合、環境音の多い幹線道路に出ると「そもそも周囲が煩いから細かな差なんて分からん。大して違わないわ」という評価になるところ、静かな住宅街や公園を走るジョギングでは、終始「音質はAEROPEXが上だなー」と感じながら走ることになります。

ではジョギングにおいてambieは魅力的ではないか?と問われると、今のスロージョギングな走り方においては「むしろ軽量、軽快、快適な ambie の方が向いているかも?」というのが個人的な評価となりました。

ロードバイクにおいては、季節や走り方によって、ambie と AEROPEX の使い分けかなー、というのが正直なところですが、ジョギングにおいては ambie 一択で良さそうです。

アップテンポでノリノリに走りたいという方や、少しでも高音質を、という方にはAEROPEXがお勧めです。

いずれにしても、利用シーンに応じて複数の選択肢から選べるようになるのは有り難いわけで。

ジョギング用に耳を塞がないイヤホンを選ぼうとしている方にとって、ambie 完全ワイヤレスイヤホンは有力な選択肢の一つになるのではないでしょうか。







にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村